ヤン・ヤンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ヤンセン
Jan Janssen
Cycling (road) pictogram.svg
Jan Janssen 1968 Adsteeg cropped.jpg
個人情報
本名 ヨハネス・アドリアヌス・ヤンセン
Johannes Adrianus Janssen
生年月日 1940年5月19日(73歳)
国籍 オランダの旗 オランダ
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
プロ所属チーム
1962-1968
1969-1971
1972
1973
ペルフォース
BIC
フランドリア
フロイド・コスメティック
主要レース勝利
Jersey yellow.svgツール・ド・フランス 総合 1968
Jersey gold.svgブエルタ・ア・エスパーニャ 総合 1967
Jersey rainbow.svg世界選手権・プロロード 1964
Jersey green.svgツール・ド・フランス ポイント賞 1964、1965、1967
ブエルタ・ア・エスパーニャ ポイント賞 1967,1968
パリ〜ルーベ 1967
チューリッヒ選手権1962
 
獲得メダル
Arc en ciel.png
1964 サランシェ 個人プロロード
1967 ヘーレン 個人プロロード
最終更新日
2008年2月1日

ヤン・ヤンセン(Jan Janssen、本名:Johannes Adrianus Janssen(ヨハネス・アドリアヌス・ヤンセン)。1940年5月19日 - )は、オランダ・ノートドルプ出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

ヤンセンは若い頃より、重役として親とともに同族が経営する会社で働いていたが、16歳の頃、自転車チームに加入。1962年にプロ選手に転向した。その年、チューリッヒ選手権を制した。

本格化したのは1964年パリ~ニースで総合優勝を果たし、ツール・ド・フランスではポイント賞を獲得。そして、9月にフランスサランシェで開催された世界自転車選手権プロ・ロードレースを制し、一躍トップスターへと上り詰めた。

1965年はロンド・ファン・ネーデルランド総合優勝、ツール・ド・フランスポイント賞獲得等の実績を挙げる。1966年はボルドー~パリを制覇。そして1967年1968年の2年間は最高潮のシーズンとなった。

1967年、ブエルタ・ア・エスパーニャの総合優勝並びにポイント賞を獲得。さらにツールでは当時としては最多受賞となる3度目のポイント賞を獲得した他、パリ〜ルーベも制覇。世界選手権でも2位に食い込んだ。また、スーパープレスティージュを受賞した。

1968年、ブエルタで2度目のポイント賞を獲得。そしてツール・ド・フランスでは、ベルギーヘルマン・バンスプリンゲルと終盤までマイヨ・ジョーヌ争いを演じ、最終・第22ステージの個人タイムトライアルにおいてバンスプリンゲルを38秒差逆転し、劇的な総合優勝を果たした。ちなみにオランダ国籍選手として、初めてツール・ド・フランスで総合優勝を果たした瞬間でもあった。1973年に引退。

外部リンク[編集]