フランス・デ・ムルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス・デ・ムルダー(Frans De Mulder、1937年12月17日 - 2001年3月5日)は、ベルギー、クリュイスハウテム出身の自転車競技ロードレース)選手。

兄、マルセル・デ・ムルダーもプロの元ロードレース選手であり、1952年ドイツ・ツアー総合2位、1955年ドーフィネ・リベレ総合3位などの実績を残した。

来歴[編集]

1959年にプロに転向。

1960年ブエルタ・ア・エスパーニャにおいて、区間4勝(=4、7、16、17a)を挙げ総合優勝を果たした。また、同年の国内選手権・個人ロードレースでも優勝。同じく同年のヘント〜ウェヴェルヘムでは2位に入った。

1963年に引退。

外部リンク[編集]