アンヘル・カセロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンヘル・カセロ

アンヘル・ルイス・カセロ・モレノ(Ángel Luis Casero Moreno、1972年9月27日 - )は、スペインバレンシア出身の元自転車競技ロードレース選手。

経歴[編集]

1994年ミゲル・インドゥライン擁するバネストと契約を結んでプロ転向。同年のツール・ド・ラブニールで総合優勝を果たした。

1995年ブエルタ・ア・エスパーニャ初出場、総合13位。

1997年ブエルタ・ア・カスティーリャ・イ・レオン総合優勝。カタルーニャ一周総合2位。ツール・ド・フランス初出場(総合27位)。

1998年、ビタリシオ・セグロスに移籍。国内選手権・ロードレース優勝。

1999年、国内選手権・ロードレース連覇。ツール・ド・フランス総合5位。

2000年、弟、ラファエル・カセロとともに、フェスティナに移籍。ブエルタ・ア・エスパーニャ総合2位。

2001年ブエルタ・ア・エスパーニャでは、最終第21ステージの個人タイムトライアルにおいて、前日まで総合首位のオスカル・セビーリャを逆転し、劇的な総合優勝を果たした。しかし、所属していたフェスティナは同年限りでチームを解散。

2002年ドイツ籍のチーム・コースト(後にチーム・ビアンキ)に移籍。ブエルタ・ア・エスパーニャ総合6位。

2004年2003年限りでビアンキが解散したため、コムニダ・バレンシアに移籍。

2005年、引退。

外部リンク[編集]