ツール・ド・フランス1949

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツール・ド・フランス1949は、ツール・ド・フランスとしては36回目の大会。1949年6月30日から7月24日まで、全21ステージで行われた。


レース概要[編集]

この年のジロ・デ・イタリアを制したファウスト・コッピに加え、前年のツール覇者、ジーノ・バルタリ、さらに昨年のジロを制し、今回はカデット・イタリアチームの一員として出場した、ツール初登場のフィオレンツォ・マーニら、イタリア勢が大暴れした大会。

第10ステージをマーニが制するとともに、マイヨ・ジョーヌも手中に入れ、マーニは第15ステージまでマイヨを守るが、第16ステージでコッピとバルタリの2人が他を圧倒し、最後は2人揃ってゴール。この時点でマイヨはバルタリに渡った。

しかし第17ステージにおいて、コッピが区間2位のバルタリに4分55秒の差をつける圧勝劇を演じてマイヨを奪取。そして第20ステージの個人タイムトライアルにおいても、コッピはバルタリにこの区間だけで7分2秒の差をつけ、史上初の同一年度ジロ、ツールのダブル制覇(ダブルツール)を果たした。

総合成績[編集]

順位 選手名 国籍 時間
1 ファウスト・コッピ イタリアの旗 イタリア 149時間40分49秒
2 ジーノ・バルタリ イタリアの旗 イタリア +10分55秒
3 ジャック・マリヌリ フランスの旗 フランス +25分13秒
4 ジャン・ロビック フランスの旗 フランス +31分28秒
5 マルセル・デュポン フランスの旗 フランス +38分59秒
6 フィオレンツォ・マーニ イタリアの旗 イタリア +42分10秒
7 スタン・オッカー ベルギーの旗 ベルギー +44分35秒
8 ジャン・ゴルトシュミット ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク +47分24秒
9 アポ・ラザリデ フランスの旗 フランス +52分28秒
10 ピエール・コガン フランスの旗 フランス +1時間08分55秒

Jersey yellow.svgマイヨ・ジョーヌ保持者[編集]

選手名 国籍 首位区間
マルセル・デュソル フランスの旗 フランス 第1
ロジェ・ランブルシュ ベルギーの旗 ベルギー 第2
ノルベール・カラン ベルギーの旗 ベルギー 第3
ジャック・マリヌリ フランスの旗 フランス 第4-第6、第8-第9
フィオレンツォ・マーニ イタリアの旗 イタリア 第10-第15
ジーノ・バルタリ イタリアの旗 イタリア 第16
ファウスト・コッピ イタリアの旗 イタリア 第17-最終

各部門賞結果[編集]

第36回 ツール・ド・フランス 1949
全行程 21区間、 4808km
総合優勝 ファウスト・コッピ 149時間40分49秒
2位 ジーノ・バルタリ +10分55秒
3位 ジャック・マリヌリ +25分13秒
4位 ジャン・ロビック +31分28秒
5位 マルセル・デュポン +38分59秒
山岳賞 ファウスト・コッピ 81ポイント
2位 ジーノ・バルタリ 68ポイント
3位 ジャン・ロビック 63ポイント

関連項目[編集]

外部リンク[編集]