ツール・ド・フランス1987

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツール・ド・フランス1987は、ツール・ド・フランスとしては74回目の大会。1987年7月1日から7月26日まで、全25ステージで行われた。

各区間の優勝者と総合首位者[編集]

区間 行程 km 区間優勝 総合首位
プロローグ 7/1 西ベルリン (西独) 6 (個人TT) イエーレ・ナイダム イエーレ・ナイダム
1 7/2 西ベルリン(西独) 105 ニコ・ヴェルフーヴェン レッヒ・ピアセッキ
2 7/2 西ベルリン(西独) 41 (チームTT) カレラ レッヒ・ピアセッキ
7月3日・休息日
3 7/4 カールスルーエ (西独) - シュトゥットガルト (西独) 219 アカシオ・ダシルバ エリッヒ・メヒラー
4 7/5 シュトゥットガルト (西独) - フォルツハイム (西独) 71 ヘルマン・フリソン エリッヒ・メヒラー
5 7/5 フォルツハイム (西独) - ストラスブール 112 マルク・セルジュアン エリッヒ・メヒラー
6 7/6 ストラスブール - エピナル 169 クリストフ・ラヴァンヌ エリッヒ・メヒラー
7 7/7 エピナル - トロワ 211 マルエルホルゲ・ドミンゲス エリッヒ・メヒラー
8 7/8 トロワ - エピネ=ス=セナール 206 ジャンポール・ファンポッペル エリッヒ・メヒラー
9 7/9 オルレアン - ルナゼ 260 アドリ・ファンデルプール シャーリー・モテ
10 7/10 ソミュール - フテュロスコープ 87 (個人TT) ステファン・ロッシュ シャーリー・モテ
11 7/11 ポワティエ - ショメイユ 206 マーシャル・ガヤン マーシャル・ガヤン
12 7/12 ブリヴ - ボルドー 228 デービス・フィニー マーシャル・ガヤン
13 7/13 バイヨンヌ - ポー 219 エリック・ブロイキンク シャーリー・モテ
14 7/14 ポー - リュズ・アルディダン 166 ダグオットー・ローリットセン シャーリー・モテ
15 7/15 タルブ - ブラニャック 164 ロルフ・ゲルツ シャーリー・モテ
16 7/16 ブラニャック - ミヨー 216 レジ・クレール シャーリー・モテ
17 7/17 ミヨー - アヴィニョン 239 ジャンポール・ファンポッペル シャーリー・モテ
7月18日・休息日
18 7/19 カルパントラ - モン・ヴァントゥ 37 (個人TT) ジャンフランソワ・ベルナール ジャンフランソワ・ベルナール
19 7/20 ヴァルレアス - ヴィラール=ド=ランス 185 ペドロ・デルガド ペドロ・デルガド
20 7/21 ヴィラール=ド=ランス - ラルプ・デュエズ 201 フェルナンド・エチャベ ペドロ・デルガド
21 7/22 ブール・ドワザン - ラ・プラーニュ 185 ローラン・フィニョン ペドロ・デルガド
22 7/23 ラ・プラーニュ - モルジーヌ 186 エドゥアルド・チョザス ペドロ・デルガド
23 7/24 サン=ジュリアン=アン=ジュヌヴォワ - ディジョン 225 レジ・クレール ペドロ・デルガド
24 7/25 ディジョン 38 (個人TT) ジャンフランソワ・ベルナール ステファン・ロッシュ
25 7/26 クレテイユ - パリシャンゼリゼ 192 ジェフ・ピアス ステファン・ロッシュ

みどころ[編集]

ベルナール・イノーが引退。そして、昨年の当大会を制し、晴れてイノーの後継者となったグレッグ・レモンは不慮の事故で不出場となり、今大会は本命なき大混戦が予想された。

一応中心となったのはローラン・フィニョン。また、レモンの代役として東芝のエースに推されたジャンフランソワ・ベルナールも期待されたが、ジロ・デ・イタリアを制したステファン・ロッシュを有力候補に推す声も高かった。

予想通り、今大会はめまぐるしくマイヨ・ジョーヌが替わり、最後の最後まで総合優勝争いは混沌とした。また今大会はステージ数が例年よりも多いばかりか、ラルプ・デュエズに加え、モン・ヴァントゥもコースに組み入れられ、例年にも増して過酷な大会となった。

今大会の概要[編集]

早くも、第2ステージのチームタイムトライアルで今大会の趨勢を占う出来事が起こる。ロッシュ擁するカレラチームがこの区間を制する一方で、フィニョン擁するシステムUは、そのフィニョンの大ブレーキにより、早くもリーダー交替が囁かれる。

第10ステージの個人タイムトライアルで、ロッシュが制するも、マイヨはフィニョンのチームメイトであるシャーリー・モテに移動した。しかしモテは続く第11ステージで区間優勝を果たしたマーシャル・ガヤンにマイヨを奪われてしまう。

しかしモテは第13ステージからはじまったピレネーステージの緒戦で、大きく遅れてしまったガヤンを抑えて再びマイヨを奪回。しかし総合2位には、この区間2位のベルナールが1分52秒差で続き、同3位には3分23秒差でロッシュが続いた。

第14ステージで順位は3位のままながらも、ロッシュが1分26秒差に詰め、次第にモテに迫ってきた。

しかし山下りステージで、総合争いには変動がないと思われた第15ステージにおいて、ロルフ・ゴルツら3選手の早期のアタックに上位陣が翻弄された。一方、総合争いではモテがベルナール、ロッシュに対し、それぞれ2分台の差をつけた。

第16ステージからはアルプスステージ。ここでは、レジ・クレールの単独アタックが見事に決まる。マイヨのモテは、フィニョンのアシストを受けながらも懸命に山を登るが、次第にベルナール、ロッシュらの上位集団から取り残され、マイヨこそ守ったものの、ベルナールに1分11秒差、ロッシュに1分26秒差、さらに総合4位に浮上してきたペドロ・デルガドに3分16秒差にまで縮められる。

そして第18ステージは個人タイムトライアル。「死の山」と恐れられるモン・ヴァントゥが久々にツールのコースに組み入れられた。このステージでベルナールが快走を見せ、クライマー優勢と伝えられたこの区間を見事制した。しかも、デルガドに1分51秒、ロッシュに2分19秒に差をつける。そしてモテは3分58秒の差をつけられた。ついにベルナールがマイヨを奪取。モン・ヴァントゥの快走ぶりを見る限り、このままベルナールが総合優勝を果たすのではないかという声が大きくなった。ところが、この快走が後に大きな落とし穴へと繋がっていく。

第19ステージ。前日の劇走がたたって終始ベルナールの走りには精細が見られない。結局このステージはデルガドがロッシュを3秒差抑えて区間制覇を果たすも、マイヨ・ジョーヌはロッシュに移動。そしてモテが41秒差の2位、デルガドが1分19秒差の3位に再び上昇する一方で、ベルナールは1分39秒差ながら、総合4位に転落した。

第20ステージはラルプ・デュエズがゴール。クライマーたちに加え、総合優勝争いから既に脱落しているフィニョンの快走が目立ち、ロッシュ、モテ、ベルナールらは大苦戦。区間制覇を果たしたフェルナンド・エチャベに3分25秒差で続いたデルガドがマイヨを奪い、25秒差でロッシュが総合2位。同3位のベルナール、同4位のモテもそれぞれ2分台の差で続いたが、総合上位陣の疲労の色は隠せなかった。

さらに第21ステージにおいて、フィニョンが早くもスパートをかける展開となり、総合上位勢はさらに苦しい戦いを強いられた。上位4人の中ではベルナールが一番遅れ、デルガドに4分8秒の差をつけられる。モテも3分12秒差に広げられたが、ロッシュは何とかデルガドに対し39秒差で食らいつく。

第22ステージ。今度はモテが引き離され、デルガド、ベルナールも苦戦。そんな中、ロッシュは区間優勝のエドゥアルド・チョザスに43秒差で食らいついて区間2位。デルガドについに21秒差にまで詰め寄った。一方、ベルナールは4分18秒、モテは5分54秒の差がつき、両フランス人選手の総合優勝はいささか厳しくなった。

長く、そして厳しい戦いが繰り広げられたアルプスステージが漸く終わり、残る大一番は第24ステージの個人タイムトライアルだけ。

ここではベルナールが第18ステージに続く快走を見せて区間制覇を果たすも、上位2選手には届かない。結局ロッシュが区間2位の1分44秒差で続いたのに対し、デルガドは2分45秒の差をつけられ、ここでマイヨは40秒差ながらも、ロッシュに移動した。

ロッシュは見事ダブルツール達成。そしてこの年、世界自転車選手権個人ロードも制覇し、エディ・メルクス以来、史上2人目のトリプルクラウンも達成した。

成績[編集]

総合順位[編集]

順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 ステファン・ロッシュ アイルランドの旗 アイルランド カレラ 115h 27' 42"
2 ペドロ・デルガド スペインの旗 スペイン PDM 40"
3 ジャンフランソワ・ベルナール フランスの旗 フランス 東芝 ルック ラ・ヴィ・クレール 2' 13"
4 シャーリー・モテ フランスの旗 フランス システムU 6' 40"
5 ルイス・エレラ コロンビアの旗 コロンビア カフェ・ド・コロンビア 9' 32"
6 ファビオ・パラ コロンビアの旗 コロンビア カフェ・ド・コロンビア 16' 53"
7 ローラン・フィニョン フランスの旗 フランス システムU 18' 24"
8 アンセルモ・フエンテ スペインの旗 スペイン BH 18' 33"
9 ラウル・アルカラ メキシコの旗 メキシコ セブンイレブン 21' 49"
10 マリノ・レハレタ スペインの旗 スペイン オルベア 26' 13"
11 クロード・クリケリオン ベルギーの旗 ベルギー 30' 32"
12 フェデリコ・エチャベ スペインの旗 スペイン 31' 06"
13 マルティン・ラミレス コロンビアの旗 コロンビア 36' 55"
14 ゲルハルト・ザドロビレック オーストリアの旗 オーストリア 40' 35"
15 ルチアーノ・ロロ イタリアの旗 イタリア 43' 52"
16 アンドリュー・ハンプステン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 44' 07"
17 ジャン=ルネ・ベルノードー フランスの旗 フランス 47' 16"
18 ラファエル・アチェベド コロンビアの旗 コロンビア 50' 33"
19 ロバート・ミラー イギリスの旗 イギリス 50' 47"
20 デニ・ロー フランスの旗 フランス 52' 13"

各部門賞結果[編集]

第74回 ツール・ド・フランス 1987
全行程 25区間, 4231 km
総合優勝 ステファン・ロッシュ 115時間27分42秒
2位 ペドロ・デルガド +40秒
3位 ジャンフランソワ・ベルナール +2分13秒
4位 シャーリー・モテ +6分40秒
5位 ルイス・エレラ +9分32秒
ポイント賞 ジャンポール・ファンポッペル 263ポイント
2位 ステファン・ロッシュ 247ポイント
3位 ペドロ・デルガド 228ポイント
山岳賞 ルイス・エレラ 452ポイント
2位 アルセルモ・フエンテ 314ポイント
3位 ラウル・アルカラ 277ポイント

外部リンク[編集]

第74回 ツール・ド・フランス 1987(フランス語)