ツール・ド・フランス2006

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年のツール・ド・フランスのコース

ツール・ド・フランス20062006年7月1日から23日まで全21ステージで行われた93回目のツール・ド・フランス

概要[編集]

前年まで7連覇を達成したランス・アームストロングの引退、およびドーピング疑惑によるヤン・ウルリッヒイヴァン・バッソの出場差し止めにより大混戦の大会となった。

大会は7月1日の個人タイムトライアルを皮切りに、2日間の休養を経て、7月23日の第20ステージまで行われた。フロイド・ランディスが89時間39分30秒で総合優勝したが、ランディスのツール期間中の複数の検体から禁止薬物が検出された。その後アメリカ・アンチ・ドーピング機構がツール優勝タイトルの剥奪と2年間の出場停止処分を決定し、UCIが公式にランディスの失格と総合2位だったペレイロの総合優勝を認定した。ランディスは当初薬物の使用を否定していたが、2010年になって禁止薬物を常用していたことを告白した。

日程と結果[編集]

日付 ステージ コース 距離 備考 勝者
7/1 プロローグ ストラスブール 7km 個人タイムトライアル トル・ハスホフト
7/2 第1ステージ ストラスブール~ストラスブール 183km   ジミー・カスペール
7/3 第2ステージ オベルネ~エシュ=シュル=アルゼットルクセンブルク 223km   ロビー・マキュアン
7/4 第3ステージ エシュ=シュル=アルゼット~ファルケンブルク(オランダ 216km   マティアス・ケスラー
7/5 第4ステージ ユイベルギー)~サン=カンタン 215km   ロビー・マキュアン
7/6 第5ステージ ボーヴェカーン 219km   オスカル・フレイレ
7/7 第6ステージ リジュー~ヴィトレ 184km   ロビー・マキュアン
7/8 第7ステージ サングレゴワール~レンヌ 52km 個人タイムトライアル セルゲイ・ゴンチャール
7/9 第8ステージ サンメアンルグラン~ロリアン 177km   シルヴァン・カルザティ
7/10 休養日        
7/11 第9ステージ ボルドーダクス 170km   オスカル・フレイレ
7/12 第10ステージ カンボ=レ=バンポー 193km 山岳ステージ ファンミゲール・メルカド
7/13 第11ステージ タルブアラン谷(プラ・デ・ベレ)(スペイン 208km 山岳ステージ デニス・メンショフ
7/14 第12ステージ リュション~カルカソンヌ 211km   ヤロスラフ・ポポヴィッチ
7/15 第13ステージ ベジエモンテリマール 231km   イェンス・フォイクト
7/16 第14ステージ モンテリマール~ギャップ (フランス) 181km   ピエリック・フェドリゴ
7/17 休養日        
7/18 第15ステージ ガップ~ラルプ・デュエズ 187km 山岳ステージ フランク・シュレク
7/19 第16ステージ ブールドワザン~ラトシュイール 182km 山岳ステージ ミカエル・ラスムッセン
7/20 第17ステージ サン=ジャン=ド=モーリエンヌ~モルジヌ 199km 山岳ステージ カルロス・サストレ[1]
7/21 第18ステージ モルジヌ~マコン 193km   マッテーオ・トザット
7/22 第19ステージ ル=クルーゾ~モンソーレミーヌ 56km 個人タイムトライアル セルゲイ・ゴンチャール
7/23 第20ステージ アントニ・パルクドソー~パリシャンゼリゼ通り 152km   トル・ハスホフト

最終成績[編集]

総合成績[編集]

順位 選手名 チーム 時間
失格 アメリカ合衆国の旗 フロイド・ランディス フォナック・ヒアリングシステム −57秒
1 スペインの旗 オスカル・ペレイロ ケス・デパーニュ・イリェス・バレアレス 89時間40分27秒
2 ドイツの旗 アンドレアス・クレーデン T-モバイル +32秒
3 スペインの旗 カルロス・サストレ チームCSC +2分16秒
4 オーストラリアの旗 カデル・エヴァンス ダヴィタモン・ロット +4分11秒
5 ロシアの旗 デニス・メンショフ ラボバンク +6分09秒
6 フランスの旗 シリル・デセル アージェードゥーゼル・プレヴォワイヤンス +7分44秒
7 フランスの旗 クリストフ・モロー アージェードゥーゼル・プレヴォワイヤンス +8分40秒
8 スペインの旗 アイマル・スベルディア エウスカルテル・エウスカディ +11分08秒
9 オーストラリアの旗 マイケル・ロジャース T-モバイル +14分10秒
10 ルクセンブルクの旗 フランク・シュレク チームCSC +16分49秒
11 イタリアの旗 ダミアーノ・クネゴ ランプレ・フォンディタル +18分22秒
12[2] アメリカ合衆国の旗 リーヴァイ・ライプハイマー ゲロルシュタイナー +18分25秒
13 オランダの旗 マイケル・ボーヘルト ラボバンク +18分49秒
14 ドイツの旗 マルクス・フォーテン ゲロルシュタイナー +19分00秒
15 イタリアの旗 ピエトロ・カウキオーリ クレディ・アグリコール +20分15秒
16 スロベニアの旗 タデイ・ヴァリャヴェツ ランプレ・フォンディタル +25分28秒
17 デンマークの旗 ミカエル・ラスムッセン ラボバンク +27分36秒
18 ポルトガルの旗 ジョゼ・アゼヴェド ディスカバリーチャンネル +37分11秒
19 イタリアの旗 マルツィオ・ブルセギン ランプレ・フォンディタル +42分08秒
20 スペインの旗 ダビド・アロヨ ケス・デパーニュ・イリェス・バレアレス +43分03秒

ポイント賞[編集]

順位 選手名 チーム ポイント
1 オーストラリアの旗 ロビー・マキュアン ダヴィタモン・ロット 288
2 ドイツの旗 エリック・ツァベル チーム・ミルラム 199
3 ノルウェーの旗 トル・フースホフト クレディ・アグリコール 195
4 オーストリアの旗 ベルンハルト・アイゼル フランセーズ・デ・ジュー 176
5 イタリアの旗 ルカ・パオリーニ リクイガス 174
6 スペインの旗 イニャキ・イサシ エウスカルテル・エウスカディ 130
7 スペインの旗 フランシスコ・ホセ・ベントソ サウニエルデュバル・プロディール 128
8 イタリアの旗 クリスティアン・モレーニ コフィディス 116
9 フランスの旗 ジミー・カスペール コフィディス 98
失格 アメリカ合衆国の旗 フロイド・ランディス フォナック・ヒアリングシステム 93
10 スペインの旗 オスカル・ペレイロ ケス・デパーニュ・イリェス・バレアレス 88

山岳賞[編集]

順位 選手名 チーム ポイント
1 デンマークの旗 ミカエル・ラスムッセン ラボバンク 166
失格 アメリカ合衆国の旗 フロイド・ランディス フォナック・ヒアリングシステム 131
2 スペインの旗 ダビド・デ・ラ・フエンテ サウニエルデュバル・プロディール 113
3 スペインの旗 カルロス・サストレ チームCSC 99
4 ルクセンブルクの旗 フランク・シュレク チームCSC 96
5 オランダの旗 マイケル・ボーヘルト ラボバンク 93
6 イタリアの旗 ダミアーノ・クネゴ ランプレ・フォンディタル 80
7 フランスの旗 シリル・デセル アージェードゥーゼル・プレヴォワイヤンス 72
8 アメリカ合衆国の旗 リーヴァイ・ライプハイマー[2] ゲロルシュタイナー 66
9 ドイツの旗 アンドレアス・クレーデン T-モバイル 64
10 スペインの旗 オスカル・ペレイロ ケス・デパーニュ・イリェス・バレアレス 63

新人賞[編集]

順位 選手名 チーム 時間
1 イタリアの旗 ダミアーノ・クネゴ ランプレ・フォンディタル 89時間58分49秒
2 ドイツの旗 マルクス・フォーテン ゲロルシュタイナー +38秒
3 フランスの旗 マテュー・スピリック ブイグ・テレコム +1時間29分12秒
4 スペインの旗 ダビド・デ・ラ・フエンテ サウニエルデュバル・プロディール +1時間36分00秒
5 スペインの旗 モイセス・ドゥエニャス アグリテュベル +1時間48分40秒

チーム総合時間[編集]

順位 チーム 時間
1 ドイツの旗 T-モバイル 269時間08分46秒
2 デンマークの旗 チームCSC +17分04秒
3 オランダの旗 ラボバンク +23分26秒
4 フランスの旗 アージェードゥーゼル・プレヴォワイヤンス +33分19秒
5 ベルギーの旗 ケス・デパーニュ・イリェス・バレアレス +56分53秒

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当初の優勝者はフロイド・ランディスだったが、のちに剥奪された。
  2. ^ a b ドーピングにより成績剥奪。詳しくは該当選手の項目を参照のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]