ラボバンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーペラティブ・セントラル・ライファイゼン・ボエレンリーンバンク・ビー・エー
COÖPERATIEVE CENTRALE RAIFFEISEN-BOERENLEENBANK B.A.
種類 Coöperatie
略称 ラボバンク
本社所在地 オランダの旗 オランダ
ユトレヒト州ユトレヒト市クローセラーン18
設立 1970年12月22日
業種 銀行業
事業内容 リテール・バンキング事業
ホールセール・バンキング事業
アセット・マネジメント事業
リース事業
不動産事業
代表者 ベルト・ヘーンスケルク(会長)
資本金 6億3,800万ユーロ
売上高 114億99百万ユーロ(2007年度)
総資産 5,705億03百万ユーロ
(2007年12月31日現在)
従業員数 60,342人(2007年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 ウェストランド 1.65%
ウェスト・ズェーウス・フラーンデレン 1.56%
デ・ザウデライケ・バロニ 1.33%
(2007年12月31日現在)
外部リンク www.rabobank.com(英語)
テンプレートを表示

ラボバンク・ネダーランドRabobank Nederland、正式名称:Coöperatieve Centrale Raiffeisen-Boerenleenbank B.A.)はオランダユトレヒトに本拠地を置く金融機関

概要[編集]

ラボバンク・ネダーランドは、日本語に正式名称を訳すと協同組合中央ライファイゼン農業者銀行といったところで農業組織向け金融機関の統轄金融機関(日本の農林中央金庫に相当)であり、民法に基づく協同組合型の会社として組織されている。これを中心に385行のローカルバンク(地域農業協同組合の金融部門、日本のJAバンクに相当)の相互信用によりグループが構成されている。オランダ国内におけるリテール部門では貯蓄口座の40%を占めるなど、オランダで高いシェアを占める総合金融機関となっている。

現在では「農業の銀行」からの脱却をはかっている。インターネットバンキングに力を注いでおり、預金高の43%はインターネットによるものとなっている。また海外進出にも積極的であり、東京にもラボバンク・ネダーランドの支店を置いている(2000年開設)。

信用格付けAAAの保守的な銀行にとって、アジアは難題を伴うことになる。 2010年6月中国農業銀行との提携。アジアの外国産食品に対する需要増加から利益をあげると位置づけている。 中国の食品会社による海外進出にある。この関係を強固なものにする為、ラボバンクは農業銀行の世界最大規模となった221億ドルのIPOに2億5,000万ドルを投じた。 2014年までにアジアでの収入を50%増やすという同行の目標において重要な部分を占める。

スポーツ支援[編集]

自転車ロードレースシクロクロスのプロチームを有することでも知られる。ロードレースではUCIプロツアーに参戦し、オスカル・フレイレデニス・メンショフロベルト・ヘシンクフアン・アントニオ・フレチャマウリシオ・アルディラ、シクロクロスでは、ラース・ボームスヴェン・ナイス等の有力選手を抱える。チーム監督(チーム・ディレクター)は、2004年よりエリック・ブロイキンクが務めているが、1996年から2006年シーズン途中まではレース監督に、ヨープ・ズートメルクが就いていた。 2009シーズンにおいて選手は台湾ジャイアント製のバイクに乗る。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]