ツール・ド・フランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツール・ド・フランス
概要
開催時期 7月上旬~7月下旬(23日間)
開催地域 フランスの旗 フランス及び周辺諸国
英語名 Tour de France
地域名 Le Tour de France(
愛称 ツール(ル・トゥール)
分野 ロードレース
カテゴリー グランツール
形態 ステージレース
主催者 アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO)
責任者 クリスティアン・プリュドム
歴史
初回開催年 1903年
開催回数 100回(2013年)
初代優勝者 フランスの旗 モリス・ガラン
最多優勝者 フランスの旗 ジャック・アンクティル
ベルギーの旗 エディ・メルクス
フランスの旗 ベルナール・イノー
スペインの旗 ミゲル・インドゥライン(5回)
直近優勝者 イギリスの旗 クリス・フルーム(2013年)
テンプレートを表示

ツール・ド・フランスまたは(ル・トゥール・ド・フランス: Le Tour de France、以下「ツール」)とは毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車プロロードレースである。1903年から開催されている。主催は傘下にスポーツ新聞レキップや一般紙ル・パリジャンなどを抱えるフランスの大企業・アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO, Amaury Sport Organisation)。

名称はフランス語で「フランス一周」を意味する。フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるツール・ド・スイスなどがある。単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。

概要[編集]

2007年のコース

毎年7月に23日間の日程で行われるステージレースで距離にして3300km前後[1]、高低差2000m以上という起伏に富んだコースを走り抜く。フランス国内でのレースが中心だがイギリスイタリアスペインベルギーモナコなど周辺国が舞台になるステージもある。ステージ数は1993年以降「プロローグ」を含めて全21ステージが定着しているが、それ以前はもっと多いステージ数で争われることもあった。平坦ステージ、山岳ステージ、タイムトライアルステージ(個人、チーム)と多彩なステージ設定がされているが、山岳の比重が大きくなることの多いジロ・デ・イタリアブエルタ・ア・エスパーニャに比べて平地ステージと山岳ステージのバランスがとれた構成となっている[2]

スポンサーの名を冠した9人編成(最低6人)のチームが、20~22チーム参加する。出場する選手の国籍はヨーロッパだけに限らずアメリカオーストラリアカザフスタンコロンビアなど多様である。

総合成績1位の選手には黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ」が与えられるほかスプリント賞、山岳賞、新人賞といった各賞の対象者も特別なジャージを着用する。

賞金総額は2009年の場合で約320万ユーロ、うち総合優勝者に45万ユーロとなっているほか、各ステージ優勝やスプリント賞・山岳賞などに細かく賞金が設定されている。

特徴[編集]

街を駆け抜ける集団

例年、前半は平坦基調のステージが続き、スピードマンたちの逃げやスプリンターたちによる迫力あるゴールスプリントが見られる。そして中盤に一度山岳を通過し優勝候補が絞り込まれ、その後はまた平坦ステージが続き、今度はポイント賞争いが絞り込まれる。後半にかけてはラルプ・デュエズガリビエモン・ヴァントゥなどの峠を舞台にした山岳ステージで総合優勝や山岳賞をかけたオールラウンダークライマーたちの戦いが繰り広げられる。

2度の山岳コースはそれぞれ3日ほど繰り広げられ、それぞれピレネー山脈アルプス山脈を使うことが多いため、ピレネーラウンド、アルプスラウンドと呼ばれる。間の平坦基調ステージは主にこの二つの山脈の間を移動するために設定されているが、この緩急をつけたレイアウトと平坦ステージの多さ、ポイント賞のシステム(後述)などもあり、スプリンターが一番ポイント賞を獲得しやすいグランツールとなっている。

かつては各ステージのゴールと次のステージのスタートが同じ町だったが、スタート・ゴール地点を希望する市町村が多いため現在は一致しないことが多い。第20ステージ(プロローグが組み込まれる場合は第19ステージ)が個人TTとなり、ここで優勝争いに決着がつき、最終ステージはパリ市街を中心に回るクリテリウム形式のコース設定がされ、シャンゼリゼゴールに設定されるのが恒例である(もちろん例外はあり、例えば2009年には第18ステージに個人TT、第19ステージが移動日扱いの平坦コース、第20ステージにモン・ヴァントゥへの超級山岳ゴール決戦。第21ステージシャンゼリゼゴールとなった)。

最終日は選手たちがシャンパンを片手に走る光景もよく見られるなど顔見せの凱旋パレードの色合いが強く、ポイント賞を争うスプリンターや何としても1勝したい選手以外は本気での勝負を行わない。総合優勝を争う選手は集団落車に巻き込まれないようアシスト選手で周囲を固めゴールスプリントが済んだ後にゴールに入るため、実質的な総合優勝争いは最終日の前日までと考えてよい。

もっとも、過去に最終日に個人タイムトライアルに設定されたケースもあるが、総合首位が逆転するケースもしばしば起こっている。1968年、前ステージまで16秒差の総合3位につけていたヤン・ヤンセンヘルマン・ファンスプリンヘルを、また1989年、同じくローラン・フィニョンに50秒の差をつけられていたグレッグ・レモンが大逆転したケースがある。

しかし1989年のケースにおいて、フィニョンの負け方があまりにも悲劇的だったことから、最終ステージを個人タイムトライアルとすることに対し、とりわけ同胞であるフランス人から批判が殺到した[3]。この影響を受け1990年以降、最終ステージにおける個人タイムトライアルは2012年現在、一度も設定されていない。

歴史[編集]

黎明期[編集]

スポーツ新聞社・ロト(L'Auto、現在のレキップ紙)の宣伝のために当時の編集長アンリ・デグランジュ自動車による「ツール・ド・フランス」をヒントに企画したのが始まりで自転車レースを企画するライバル2紙、ル・プティ・ジュルナル (Le Petit Journal) によるパリ・ブレスト・パリ(現在はアマチュアが参加するブルベというイベントに変わっている)、並びにヴェロ紙 (Le Velo) がスポンサーとなるボルドー〜パリ間レースに対抗するためのものであった。

1903年に行われた第1回は、パリ郊外モンジュロン (Montgeron) のカフェ「ルヴェイユ・マタン (Au Reveil Matin)」前からヴィル=ダヴレーまで、合計走行距離2428km・6ステージで行われ、1ステージ平均400kmを走るという過酷なレースであった。初期のレースではほとんど休みがない耐久戦であり、眠る際にもライダーは道路脇で眠っていたという。一方で休息日が第1回は1日おき(1ステージ走ったら1日休み)、その後も3~4日ごとに設けられるなど休息日の数は現在よりも多かった。ゴール先の宿泊先も自分で手配し、いかなる場合でも(自転車の故障による修理なども含む)他者の協力を得ることは禁止されていたため、選手は修理用の工具や交換用のタイヤを身につけて走っていた。

第3回からは距離を縮めた分、ステージ数が倍増。さらに山岳ステージが導入された。ただ当時は変速機が無く、登山用の低速ギアが後輪の反対側(ダブルコグ)に取り付けられていた。しかし、上り坂に来るたびに選手は後輪を前後反対に付け直さねばならなかったためレースは相変わらず過酷なものだった。間もなく変速機が開発されるが、デグランジュはこれを禁止した(デグランジュは「変速機は女子供が使うもの」との考えを持っていたといわれる)。

初期はルールが一定せず、第3~10回は総合優勝がポイント順位制(各ステージ首位の選手とのタイム差をポイントに換算し、点数の最も少ない選手が優勝)とされていた。また第9回からチームによる参加が認められたが、引き続き個人としての参加も可能となっていた(1936年まで)。

以後も徐々にステージ数は増えそれに伴いレースは大規模化していくが、第一次世界大戦によって1915年から1918年までは中断。1919年から再開されたがこの頃は再び走行距離も伸び1ステージ平均350kmを走るのが当たり前で、総距離は5000kmを超える傾向が1930年代まで続いた。

ナショナルチーム時代[編集]

1930年からは商業スポンサーによるチーム(いわゆる「トレードチーム」)の参加を禁止し、チームは全て同一国籍の選手によるナショナルチームでの参加を義務付けることとなった。しかしチーム数が不足したため、ナショナルチーム以外にも地域選抜チームの参加も認められた。チームから商業スポンサーを排除した結果、主催者は選手への機材の供給を一手に引き受けなければならなくなった。主催者は運営費用を調達するため、レースの前に宣伝カーを走らせてそのスポンサー料を運営費用に充てることを思いつく。この結果、現在のツールでも見られる「キャラバン隊」がこの年に誕生した。

1930年代以降はステージ数20前後、走行距離は4500km程度の規模になりほぼ現在の開催スタイルとなる。1937年にデグランジュが代表の座を退くとツールでは変速機の使用が認められるようになったほか、個人参加が禁止されチームカーが導入されるなど「チームによる戦い」としてのツールが確立される。総合優勝以外の各賞が制定されたのもこの頃で、チーム賞は1930年、山岳賞は1933年(ただしジャージ制定は1975年)、ポイント賞は1953年に制定されている。

しかし第二次世界大戦によって1940年から1946年まで再び中断を余儀なくされた。この戦争を挟んだ時代に参加した選手の中にイタリアのファウスト・コッピジーノ・バルタリがいる。この時代からツールはチームを編成した集団競技へと移行し、チーム編成の規定も試行錯誤が続けられた。1947年から再開され、以後1950年代ルイゾン・ボベが3連覇を達成した。

トレードチームによる戦いへ[編集]

1960年代に入ると自転車レース人気の高まりからスポンサーが増え、ナショナルチーム制を取る当時のツールに対する不満が高まってきた。これに加えフランスナショナルチーム内においてジャック・アンクティルレイモン・プリドールが対立、ナショナルチームとして両者を同じレースに出場させることができない状態となった。当時のフランス自転車界の二大スター選手の片方を欠くことはレースの盛り上がりをそぐことになるため、主催者はこの問題を回避すべく1962年からトレードチームによるエントリーを認めることとなった。その後1967年1968年には一時的にナショナルチーム制が復活するものの、現在に至るトレードチームによる戦いがここにスタートした。

1960年代にはアンクティル、1970年代前半にエディ・メルクスが4連覇を達成。1973年には独立した運営企業として「ソシエテ・デュ・ツール・ド・フランス(Société du Tour de France)」が設立された(同社は1993年にASO傘下となる)。1975年には今や恒例となっているシャンゼリゼ通り周回コースによる最終ステージがスタートした。1970年代後半からはベルナール・イノーローラン・フィニョンらフランス人が活躍。1980年代後半は後半はヨーロッパ出身以外の選手の台頭も目立つようになり、アメリカ人のグレッグ・レモンが活躍した。

1990年代前半にはミゲル・インドゥラインが史上初の5連覇を達成。2000年代にはランス・アームストロングが7連覇を達成したが、2012年にドーピングによるものであるとして剥奪された[4]

知名度と露出度[編集]

ツールの名物・悪魔おじさんことディディ・ゼンフト

他に3週間程度にわたり行われる大規模なステージレースとしてはジロ・デ・イタリア(イタリア一周)とブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン一周)があり、これにツール・ド・フランスを加えて俗にグランツール(三大ツール)と呼ばれる。その中でもツール・ド・フランスの知名度・露出度は突出しており、日本でも「世界最大の自転車レース」として認識されている。

世界中で他の自転車レースには興味がなくてもツールだけは熱狂的に応援するファンが多数存在しており開催規模や放映される国の多さ、参加する選手の国籍の多彩さなどから見ても世界屈指のスポーツ競技大会である。2010年現在、186の国と地域でテレビ放送され、うち60か国は生中継を実施している。

そのため総合優勝をはじめとした各賞のステータスが非常に高いことはもとより、各ステージの優勝もクラシックなどのビッグレースでの優勝に匹敵する価値があるとされ、1回のステージ優勝であっても生涯の勲章になる。さらに超級山岳ポイントの峠を1位で通過するだけでもステージ優勝と同じくらいの価値があるとされ、次回以降通過する際、歴代の峠の制覇者としてオフィシャルガイドに名前が掲載される。それゆえプロロード選手にとっては一度は出場してみたい大会の筆頭である。

運営[編集]

レースが非常に大規模、かつメディア露出度が高いために専門の本部が置かれ、およそ500人のスタッフが運営に関わる。交通規制やレース中の警備、極端な不正行為の取締りはジャンダルマリ(フランス国家憲兵隊)とポリスナシオナル(フランス国家警察)の2系統の警察が担当しており、これに動員される人数が約2万5000人。さらにボランティアで警備などを担当する人は数十万人にのぼると推察されている。

またレース中は情報・補給食・飲料水を供給したり、機材のトラブルをサポートするメカニックが乗り込んだ「サービスカー」と呼ばれる車やオートバイが、選手と共におよそ1500台走る。このサービスカーはチーム専属の車両のほか、中立の立場で水や機材を提供するニュートラルカー(ツールでは主にマヴィックが提供するため「マヴィックカー」として知られる)も参加している。

このほかにも選手が通過するおよそ1~2時間前に各スポンサーが出す山車のような宣伝カーが連なったキャラバン隊が沿道の観客に菓子、応援グッズ、キーホルダーなどのグッズをばら撒いていく。配られる数は1000万を超え車の台数はおよそ200台にもなり、全て見るのに40分以上かかるほどである。2000年と2002年にはこのキャラバンカーに観客の子どもがはねられ死亡する事件が起きている。

キャラバン隊は現地にいる観客へのPRだけなく山岳地帯などレースのスピードが落ちる区間でチームジャージと同じ吸湿性に優れた素材で出来たTシャツを配布し、沿道に即席の応援団を作り出すことでスポンサーのロゴが中継で長く映るようにする(2008年のケス・デパーニュ)など巧妙な宣伝を行っている。近年ではキャラバン隊は選手の通過後にも登場する(2008年以降のヴィッテルなどが代表例)。

運営費は主にテレビ放映権とスポンサー収入でまかなわれるほかレースの舞台となる市町村から主催者に支払われる開催料も充てられているもようだが、正確な収入および運営費用は非公開となっている。

各賞とリーダージャージについて[編集]

総合1位の選手が着用するマイヨ・ジョーヌ

数種の賞が設定されており、各賞に応じた色別のジャージ(リーダージャージ)、または特別なゼッケンがある。前日のステージ終了時点で各賞の成績第1位の選手およびチームは、翌ステージでそのジャージまたはゼッケンを着用しなければならない。

マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)[編集]

Jersey yellow.svg

黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ (maillot jaune)」は個人総合成績1位の選手に与えられる。各ステージの所要時間を加算し、合計所要時間が最も少なかった選手が「マイヨ・ジョーヌ」着用の権利を得る。最終ステージの終了時点で「マイヨ・ジョーヌ」着用の権利をもっている選手がツールの総合優勝者となる。

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)[編集]

Jersey green.svg

緑色のジャージ「マイヨ・ヴェール (maillot vert)」は「ポイント賞」に対して与えられる。各ステージのゴール、およびステージ途中の中間スプリント地点の通過順位に応じてスプリントポイントが加算され、スプリントポイント1位の選手が「マイヨ・ヴェール」着用の権利を得る。

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)[編集]

Jersey polkadot.svg

白地に赤い水玉ジャージ「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ (maillot blanc à pois rouges)」は「山岳賞」に対して与えられる。山岳ポイント地点の通過順位に応じて山岳ポイントが加算され、山岳ポイント1位の選手が「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」着用の権利を得る。1975年に初登場。略して「マイヨ・ア・ポワ」あるいは「マイヨ・グランペール」とも呼ばれる。

マイヨ・ブラン(新人賞)[編集]

Jersey white.svg

白色のジャージ「マイヨ・ブラン (maillot blanc)」は開催年に25歳以下の誕生日を迎える選手の中で総合成績が最も上位の選手に与えられる(大会期間中に25歳であっても開催年中に26歳になる選手は対象外)。「新人賞」と訳されることが多いが、該当の年齢であれば複数回受賞できるため正確には「最優秀若手選手賞」と呼ぶのがふさわしい[5]。色の由来は不明。

ドサール・ルージュ(敢闘賞)[編集]

Jersey red number.svg

タイムトライアルを除く各ステージで特に果敢に動いたと認められた選手には「敢闘賞」として、通常白地に黒文字のゼッケンの代わりに赤地に白抜き数字のゼッケンが与えられる(ただし2004年はスポンサーの関係から青地に白数字のものが使われていた)。「敢闘賞」は他の賞と異なり審査員の主観によって選ばれる賞で、各ステージ終了直後に受賞選手1人が主催者から発表され、表彰が行われる。審査員の中には逃げ屋でおなじみとなっていたジャッキー・デュランも含まれていることもあり、逃げ集団が吸収された際は最後まで逃げていた選手、逃げ集団が逃げ切りでゴールした際は2位の選手、単独逃げ切りに成功した場合はその選手が敢闘賞となる確率が高い。2009年の最終ステージ(シャンゼリゼ通り)では、別府史之が日本人初の敢闘賞を獲得した[6]。また最終日には大会全体で最も果敢な走りをしたと認められた選手1人に「スーパー敢闘賞」が送られる。

ドサール・ジョーヌ(チーム総合時間賞)[編集]

Jersey yellow number.svg

各ステージの終了後、チームごとに先頭から3人の所要時間の合計が加算され(各チームの総合時間成績の上位3人ではないことに注意)、最も少ない時間のチームが表彰される。リタイアなどによりチームが3人未満になったチームは順位から除外となる。2006年からは黄色地に黒文字のゼッケンがチーム総合首位の選手全員に与えられている。

そのほかの賞[編集]

その年の最大標高の山岳をトップで通過した選手にアンリ・デグランジュ記念賞が与えられる。特にジャージやゼッケンなどは設定されていないが、数千ユーロの賞金が授与される。ジロ・デ・イタリアにおけるチマ・コッピと同じもの。

各種規則[編集]

  • ゴール争い時の危険防止のため集団でゴールした場合、集団内(前車との差が一秒以内)のすべての選手は集団先頭と同タイムとみなされる。同様の目的でゴール手前3km以内(2004年までは1km以内)で落車に巻き込まれたり、メカトラブルなどが発生し遅れた場合は、原則として元々その選手が加わっていた集団と同じタイムが与えられる[7]
  • 各ステージには制限時間があり、基本的には「そのステージの優勝選手のタイムに対し何パーセントオーバー以内」という形で定められる(具体的な割合は優勝選手の平均速度やステージ形態などにより変化する)。基本的に制限時間以内にゴールできなかった選手はタイムオーバーによるリタイア扱いとなるが、タイムオーバーした選手が出走選手数の20%以上に及ぶ場合は主催者による救済措置が取られる場合がある(詳細はグルペットを参照)。タイムトライアルではステージ優勝者のタイムに対し、25%以上でタイムオーバーとなる。
  • スプリントポイントについては与えられるポイント数がステージの形状により変わる。ゴールでのスプリントポイントは平坦ステージの場合が最も高く以下、中位のステージ、山岳ステージ、タイムトライアルの順にポイントが少なくなる。また各ステージには中間スプリント地点が設定されているが、2010年までは「ステージ毎に概ね2ヶ所程度、3位までにポイント」というルールだったのに対し、2011年からは「各ステージ1ヶ所のみ、15位までにポイント」と大幅にルールが改められた。総合成績と異なり1cmでも先に通過した選手が高いポイントを得られるためポイント設定箇所、特にゴール前ではスプリンター同士の熾烈な争いが繰り広げられることとなる。
スプリント・ポイント表 ~2010年
通過順位 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
平坦ステージ 35 30 26 24 22 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
中位山岳 25 22 20 18 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
上級山岳 20 17 15 13 12 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
プロローグ&TT 15 12 10 8 6 5 4 3 2 1
中間スプリントポイント 6 4 2
スプリント・ポイント表 2011年~
通過順位 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
難易度1ステージ 45 35 30 26 22 20 18 16 14 12 10 8 6 4 2
難易度2ステージ 30 25 22 19 17 15 13 11 9 7 6 5 4 3 2
難易度3,4,5ステージ 20 17 15 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
中間スプリントポイント 20 17 15 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
  • 山岳ポイントについては上り坂の勾配と長さに応じてカテゴリー超級からカテゴリー4級までの5段階に区分されており、通過順にカテゴリーに応じた山岳ポイントが与えられる。カテゴリー超級の坂はいずれも過酷な登りでありツールマレー峠モン・ヴァントゥガリビエ峠ラルプ・デュエズ等が有名である。近年はポイント稼ぎの目的でコース前半の山岳でアタックし、最後の上りとなる山頂ゴールでは大きく後退する作戦で山岳賞を狙うケースが目立ったことから2004年からルールが改正され、最後の上り坂がカテゴリー2級以上の場合は与えられるポイントが2倍となった。このため最後まで上位集団に食らいついてゴールした方が総合優勝争いだけでなく山岳賞争いでも有利になったため、戦略にも大きな影響が出ている。
山岳ポイント表 ~2003年
通過順位 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
カテゴリー超級 40 35 30 26 22 18 16 14 12 10 8 6 4 2 1
カテゴリー1級 30 26 22 18 14 12 10 8 6 4 2 1
カテゴリー2級 20 15 12 10 8 6 4 3 2 1
カテゴリー3級 10 7 5 3 1
カテゴリー4級 5 3 1
山岳ポイント表 2004年~2010年
通過順位 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
カテゴリー超級 20 18 16 14 12 10 8 7 6 5
カテゴリー1級 15 13 11 9 8 7 6 5
カテゴリー2級 10 9 8 7 6 5
カテゴリー3級 4 3 2 1
カテゴリー4級 3 2 1
山岳ポイント表 2011年~
通過順位 1
2
3
4
5
6
カテゴリー超級ゴール 40 32 24 16 8 4
カテゴリー超級 20 16 12 8 4 2
カテゴリー1級 10 8 6 4 2 1
カテゴリー2級 5 3 2 1
カテゴリー3級 2 1
カテゴリー4級 1

歴代総合優勝者[編集]

なお、主要部門賞受賞者については

開催期間 総合優勝者(所属チーム) ステージ数 総距離 平均時速
1 1903年7月1日19日 モリス・ガラン フランスの旗 (La Française) 6 2,428km 25.679km/h
2 1904年7月2日24日 アンリ・コルネ フランスの旗 6 2,429km 26.081km/h
3 1905年7月9日30日 ルイ・トゥルスリエ フランスの旗 (Peugeot) 11 2,994km 27.107km/h
4 1906年7月4日29日 ルネ・ポティエ フランスの旗 (Peugeot) 13 4,545km 24.463km/h
5 1907年7月8日8月4日 ルシアン・プティブルトン フランスの旗 (Peugeot) 14 4,488km 28.470km/h
6 1908年7月13日8月9日 ルシアン・プティブルトン フランスの旗 (Peugeot) 14 4,488km 28.740km/h
7 1909年7月5日8月1日 フランソワ・ファベール ルクセンブルクの旗 (Alcyon) 14 4,488km 28.658km/h
8 1910年7月3日31日 オクタブ・ラピーズ フランスの旗 (Alcyon) 15 4,737km 28.680km/h
9 1911年7月2日~30日 ギュスタヴ・ガリグー フランスの旗 (Alcyon) 15 5,344km 27.322km/h
10 1912年6月30日7月28日 オディル・ドフレイエ ベルギーの旗 (Alcyon) 15 5,319km 27.894km/h
11 1913年6月29日7月27日 フィリップ・ティス ベルギーの旗 (Peugeot) 15 5,388km 26.715km/h
12 1914年6月28日7月26日 フィリップ・ティス ベルギーの旗 (Peugeot) 15 5,405km 27.028km/h
13 1919年6月29日~7月27日 フィルマン・ランボー ベルギーの旗 (La Sportive) 15 5,560km 24.054km/h
14 1920年6月27日7月25日 フィリップ・ティス ベルギーの旗 (La Sportive) 15 5,519km 24.132km/h
15 1921年6月26日7月24日 レオン・シウール ベルギーの旗 (La Sportive) 15 5,484km 24.720km/h
16 1922年6月25日7月23日 フィルマン・ランボー ベルギーの旗 (Peugeot) 15 5,372km 24.202km/h
17 1923年6月24日7月22日 アンリ・ペリシエ フランスの旗 (Automoto) 15 5,386km 24.428km/h
18 1924年6月22日7月20日 オッタビオ・ボテッキア イタリア王国の旗 (Automoto) 15 5,425km 24.250km/h
19 1925年6月21日7月19日 オッタビオ・ボテッキア イタリア王国の旗 (Automoto) 15 5,430km 24.820km/h
20 1926年6月20日7月18日 ルシアン・ビュイス ベルギーの旗 (Automoto) 17 5,745km 24.063km/h
21 1927年6月19日7月17日 ニコラ・フランツ ルクセンブルクの旗 (Alcyon) 24 5,321km 27.224km/h
22 1928年6月17日7月15日 ニコラ・フランツ ルクセンブルクの旗 (Alcyon) 22 5,375km 27.876km/h
23 1929年6月30日~7月28日 モリス・デワール ベルギーの旗 (Alcyon) 22 5,276km 28.320km/h
24 1930年7月2日~27日 アンドレ・ルデュック フランスの旗 (France) 21 4,818km 27.978km/h
25 1931年6月30日~7月26日 アントナン・マーニュ フランスの旗 (France) 24 5,095km 28.758km/h
26 1932年7月6日~31日 アンドレ・ルデュック フランスの旗 (France) 21 4,520km 29.313km/h
27 1933年6月27日~7月23日 ジョルジュ・スペシェ フランスの旗 (France) 23 4,396km 29.730km/h
28 1934年7月3日~27日 アントナン・マーニュ フランスの旗 (France) 23 4,363km 31.233km/h
29 1935年7月4日~28日 ロマン・マース ベルギーの旗 (Belgique) 21 4,338km 30.650km/h
30 1936年7月7日8月2日 シルベール・マース ベルギーの旗 (Belgique) 21 4,414km 30.912km/h
31 1937年6月30日~7月25日 ロジェ・ラペビー フランスの旗 (France) 20 4,415km 31.768km/h
32 1938年7月5日~31日 ジーノ・バルタリ イタリア王国の旗 (Italie) 21 4,680km 31.565km/h
33 1939年7月10日~30日 シルベール・マース ベルギーの旗 (Belgique) 18 4,225km 31.994km/h
34 1947年6月25日~7月25日 ジャン・ロビック フランスの旗 (Ouest) 21 4,642km 31.412km/h
35 1948年6月30日~7月25日 ジーノ・バルタリ イタリアの旗 (Italie) 21 4,922km 33.404km/h
36 1949年6月30日~7月21日 ファウスト・コッピ イタリアの旗 (Italie) 21 4,808km 32.119km/h
37 1950年7月13日~8月7日 フェルディ・キュプラー スイスの旗 (Suisse) 22 4,775km 32.778km/h
38 1951年7月4日~29日 ユーゴ・コブレ スイスの旗 (Suisse) 24 4,697km 32.979km/h
39 1952年6月25日~7月19日 ファウスト・コッピ イタリアの旗 (Italie) 23 4,827km 31.871km/h
40 1953年7月3日~26日 ルイゾン・ボベ フランスの旗 (France) 22 4,476km 34.593km/h
41 1954年7月8日~8月1日 ルイゾン・ボベ フランスの旗 (France) 23 4,865km 34.639km/h
42 1955年7月7日~30日 ルイゾン・ボベ フランスの旗 (France) 22 4,476km 34.639km/h
43 1956年7月5日~28日 ロジェ・ワルコビャック フランスの旗 (Nord-Est) 22 4,527km 36.268km/h
44 1957年6月27日~7月20日 ジャック・アンクティル フランスの旗 (France) 23 4,664km 34.520km/h
45 1958年6月26日~7月19日 シャルリー・ゴール ルクセンブルクの旗 (HOL-LUX) 24 4,319km 36.905km/h
46 1959年6月26日~7月19日 フェデリコ・バーモンテス スペインの旗 (Esp) 22 4,358km 35.474km/h
47 1960年6月26日~7月17日 ガストネ・ネンチーニ イタリアの旗 (Italie) 21 4,173km 37.210km/h
48 1961年6月25日~7月16日 ジャック・アンクティル フランスの旗 (France) 21 4,397km 36.033km/h
49 1962年6月24日~7月15日 ジャック・アンクティル フランスの旗 (St-Raphaël) 22 4,274km 37.317km/h
50 1963年6月23日7月14日 ジャック・アンクティル フランスの旗 (St-Raphaël) 21 4,138km 36.456km/h
51 1964年6月22日~7月14日 ジャック・アンクティル フランスの旗 (St-Raphaël) 22 4,505km 35.419km/h
52 1965年7月8日~8月1日 フェリーチェ・ジモンディ イタリアの旗 (Salvarani) 22 4,188km 35.882km/h
53 1966年6月21日~7月14日 ルシアン・エマール フランスの旗 (Ford) 22 4,329km 36.819km/h
54 1967年6月29日~7月13日 ロジェ・パンジョン フランスの旗 (France) 22 4,779km 35.882 km/h
55 1968年6月27日~7月21日 ヤン・ヤンセン オランダの旗 (Hollande) 22 4,492km 34.894 km/h
56 1969年6月28日~7月20日 エディ・メルクス ベルギーの旗 (Faema) 22 4,117km 35.296km/h
57 1970年6月27日~7月19日 エディ・メルクス ベルギーの旗 (Faema) 22 4,492km 34.894km/h
58 1971年6月26日~7月18日 エディ・メルクス ベルギーの旗 (Molten) 20 3,585km 37.290km/h
59 1972年7月1日~23日 エディ・メルクス ベルギーの旗 (Molteni) 20 3,846km 35.514km/h
60 1973年6月30日~7月22日 ルイス・オカーニャ スペインの旗 (bic) 20 4,150km 33.407km/h
61 1974年6月27日~7月21日 エディ・メルクス ベルギーの旗 (Molteni) 22 4,098km 35.661km/h
62 1975年6月26日~7月20日 ベルナール・テヴネ フランスの旗 (Peugeot) 22 4,000km 34.906km/h
63 1976年6月24日~7月18日 ルシアン・ファンインプ ベルギーの旗 (Gitane) 22 4,098km 34.518km/h
64 1977年6月30日~7月24日 ベルナール・テヴネ フランスの旗 (Peugeot) 22 4,096km 35.393km/h
65 1978年6月29日~7月23日 ベルナール・イノー フランスの旗 (Renault-Gitane) 22 3,908km 36.084km/h
66 1979年6月27日~7月22日 ベルナール・イノー フランスの旗 (Renault-Gitane) 24 3,765km 36.512km/h
67 1980年6月26日~7月21日 ヨープ・ズートメルク オランダの旗 (Raleigh) 22 3,842km 35.068km/h
68 1981年6月25日~7月19日 ベルナール・イノー フランスの旗 (Renault-Gitane) 24 3,758km 37.844km/h
69 1982年7月2日~25日 ベルナール・イノー フランスの旗 (Renault-Gitane) 21 3,507km 37.458km/h
70 1983年7月1日~24日 ローラン・フィニョン フランスの旗 (Renault-Gitane) 22 3,860km 36.230km/h
71 1984年6月29日~7月22日 ローラン・フィニョン フランスの旗 (Renault-Gitane) 23 4,021km 34.906km/h
72 1985年6月28日~7月21日 ベルナール・イノー フランスの旗 (La Vie Claire) 22 4,109km 36.232km/h
73 1986年7月4日~27日 グレッグ・レモンアメリカ合衆国の旗 (La Vie Claire) 23 4,084km 37.020km/h
74 1987年7月1日~26日 ステファン・ロシュ アイルランドの旗 (Carrera) 25 4,331km 36.644km/h
75 1988年7月4日~24日 ペドロ・デルガド スペインの旗 (Reynolds) 22 3,286km 38.909km/h
76 1989年7月1日~23日 グレッグ・レモンアメリカ合衆国の旗 (ADR) 21 3,285km 37.487km/h
77 1990年6月30日~7月22日 グレッグ・レモンアメリカ合衆国の旗 (Z) 21 3,286km 38.621km/h
78 1991年7月6日~28日 ミゲル・インドゥライン スペインの旗バネスト 22 3,914km 38.747km/h
79 1992年7月4日~26日 ミゲル・インドゥライン スペインの旗(バネスト) 21 3,983km 39.504km/h
80 1993年7月2日~25日 ミゲル・インドゥライン スペインの旗(バネスト) 20 3,714km 38.709km/h
81 1994年7月2日~24日 ミゲル・インドゥライン スペインの旗(バネスト) 21 3,978km 38.381km/h
82 1995年7月1日~23日 ミゲル・インドゥライン スペインの旗(バネスト) 20 3,635km 39.191km/h
83 1996年6月29日~7月21日 ビャルヌ・リース デンマークの旗ドイツテレコム 21 3,765km 39.235km/h
84 1997年7月5日~27日 ヤン・ウルリッヒ ドイツの旗(ドイツテレコム) 21 3,950km 39.237km/h
85 1998年7月11日~8月2日 マルコ・パンターニ イタリアの旗メルカトーネ・ウノ 21 3,875km 39.983km/h
86 1999年7月3日~25日 優勝者無し[8] 20 3,687km 40.276km/h
87 2000年7月1日~23日 優勝者無し[8] 21 3,662km 39.545km/h
88 2001年7月7日~29日 優勝者無し[8] 20 3,453km 40.070km/h
89 2002年7月6日~28日 優勝者無し[8] 20 3,276km 39.909km/h
90 2003年7月5日~27日 優勝者無し[8] 20 3,426km 40.956km/h
91 2004年7月3日~25日 優勝者無し[8] 20 3,391km 40.563km/h
92 2005年7月2日~24日 優勝者無し[8] 21 3,608km 41.654km/h
93 2006年7月1日~23日 オスカル・ペレイロ[9] スペインの旗ケス・デパーニュ 21 3,654km 40.784km/h
94 2007年7月7日~29日 アルベルト・コンタドール スペインの旗(ディスカバリーチャンネル) 20 3,554km 39.226km/h
95 2008年7月5日~27日 カルロス・サストレ スペインの旗CSC・サクソバンク 21 3,523km 40.093km/h
96 2009年7月4日~26日 アルベルト・コンタドール スペインの旗アスタナ・チーム 21 3,459 km 40.31 km/h
97 2010年7月3日~25日 アンディ・シュレク ルクセンブルクの旗(チーム・サクソバンク) 20 3,642km 39.596km/h
98 2011年7月2日~24日 カデル・エヴァンス オーストラリアの旗(BMC・レーシングチーム) 21 3,471km 39.788 km/h
99 2012年6月30日~7月22日 ブラッドリー・ウィギンス イギリスの旗スカイ・プロサイクリング 20 3,480km 39.735 km/h
100 2013年6月29日~7月21日 クリス・フルーム イギリスの旗 (スカイ・プロサイクリング) 21 3,403.5km 40.545 km/h

国別優勝回数[編集]

2013年までの100回大会まで、国籍別ではフランスが36勝、次いでベルギーが18勝、スペインが12勝、イタリアが9勝、ルクセンブルクが5勝、アメリカ合衆国が3勝、スイスオランダイギリスがそれぞれ2勝、アイルランドデンマークドイツオーストラリアが各1勝となっている。なおランス・アームストロングの優勝剥奪があるため、合計数は100に満たない[10]

5勝クラブ[編集]

ツールで総合優勝を5回達成した選手達を俗に「5勝クラブ」と呼んでいる。「5勝クラブ」に名を連ねている4人はいずれも歴史に残る名選手である。2005年ツールにてランス・アームストロングは史上初の7回の総合優勝を達成したが、2012年にドーピングによるものとして7連覇の記録は剥奪されている[4]

ジャック・アンクティルフランスの旗 フランス
優勝年……1957年1961年1962年1963年1964年
タイムトライアルのスペシャリストである。1957年に初出場にもかかわらず、圧倒的な強さで初優勝を飾った。その後、肺炎等のため勝利から見放されていたが1961年にカムバックを遂げ勝利を重ねた。1964年のレースでは消化不良に苦しんだが(休養日に振る舞われた羊料理のためとされる)それを隠し通し、ライバルの追撃を振り切り5度目の栄冠を摑んでいる。
エディ・メルクスベルギーの旗 ベルギー
優勝年……1969年1970年1971年1972年1974年
ツール・ド・フランス5勝に加えジロ・デ・イタリアでも5勝、世界選手権でも3回優勝している。クラシックレースでの強さも圧倒的で、勝利に対するあまりの貪欲さから「食人鬼」の異名をとった。トータル525勝、勝率28.12%は、史上最も偉大な選手としてふさわしい記録である。
初出場の1969年には総合優勝に加えてポイント賞山岳賞も併せて受賞し主要3部門独占を果たしており、この記録を達成した選手は今もなおメルクスただ一人だけある。
ベルナール・イノーフランスの旗 フランス
優勝年……1978年1979年1981年1982年1985年
アンクティル、メルクスに続いて初出場で初優勝を飾った。「ブルターニュの穴熊」の異名で呼ばれた。
1985年のレースでは山岳ステージの落車で鼻を骨折し呼吸が困難になるアクシデントに見舞われチームメートだったグレッグ・レモンに優勝のチャンスが舞い込んだが、翌年はイノーがレモンのアシストに徹することを条件に優勝を譲らせたという逸話が残っている。しかし翌年、6勝目を挙げるべくレモンに立ちはだかったため2人の間に確執が生じることとなった(結局この年はレモンが総合優勝をしている)。かねて公言していた通り、1986年に32歳の若さで引退した。
ミゲル・インドゥラインスペインの旗 スペイン
優勝年……1991年1992年1993年1994年1995年
ツール・ド・フランス史上初となる5年連続優勝を達成した。80kgを超す巨体ながら山岳ステージや個人タイムトライアルで絶対的な強さを発揮した。1992・1993年にはジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスの両方で総合優勝する「ダブルツール」を2年連続で達成するという、空前絶後の偉業を成し遂げている。
圧倒的な強さに加え、どの選手からも尊敬され愛される穏やかな人柄から「ロワ・ソレイユ(太陽王)」とまで呼ばれた。また日本では「相手選手が引き離してもすぐ背後に貼りついている」様子から「ターミネーター」と呼ばれていた。

区間優勝回数[編集]

  • 通算
エディ・メルクス 34勝(1969年~1977年)
  • 一大会
シャルル・ペリシエ (1930年)
エディ・メルクス (1970年、1974年)
フレディ・マルテンス (1976年)
以上8勝

ツールをめぐる問題[編集]

ツール・ド・フランスは、その初期から不正が横行していた。2回目の1904年の大会の時点で、優勝者のモリス・ガランを含む完走27選手中12選手が、列車の使用などの不正をして失格となり、アンリ・デグランジュがレースを開催しないと宣言する事態となる。このデグランジュの決断は、後に撤回されたため、ツール・ド・フランスは継続されるようになったが、貧しい階級出身者が多かった当時の自転車競技者にとって、巨額な賞金は何としてでも手に入れたいものであり、その後も不正行為は後を絶たなかった。特定の場所を通過したかどうかのチェックを行うポイント制が導入されてから、列車などの乗り物を使った不正は減少したが、代わりに薬物が用いられるようになる。21世紀になっても、薬物の問題は根深く、根絶できていない[11]

ドーピング問題[編集]

2006年のレースでのドーピング批判の横断幕
  • 1924年
    • 途中棄権したアンリ・ペリシエらのペリシエ3兄弟が、親しい新聞記者にストリキニーネコカインなどを常用していた事実を告白したことで浮上した形となり、その後深刻さを深めていった[12]。当時は競技力向上よりも苦痛を和らげるための鎮痛剤(覚醒剤)が主に用いられていたとされる。
  • 1949年及び1952年
    • ファウスト・コッピが生前、某テレビ番組の中で、「悪いクスリを飲んだとたん、ペダルが後ろに回ってしまった」といったジョークを交えながら、第二次世界大戦終戦直後に、アンフェタミンを服用し続けていた事実を告白した[13]
  • 1955年
    • 第11ステージ途中、モン・ヴァントゥ付近で棄権したジャン・マレジャックが、後にアンフェタミンを常用していたことが判明[14]したが、ツール・ド・フランスで明らかになった最初のドーピング事例だった。
    • また、任意に選んだ選手中20%が覚醒剤陽性となり依存症となっていることが判明。
  • 1979年
    • 最終ステージ終了後、ヨープ・ズートメルクにドーピング違反が判明し、同ステージの区間記録が剝奪され、所定総合時間プラス10分のペナルティが科せられる。
  • 1991年
    • PDM・コンコルドが第10ステージ後、突然の体調不良を訴え選手全員が棄権した。チームの声明が二転三転したこともあり薬物摂取による副作用ではないかとされている。
  • 1998年
    • チーム・フェスティナの車から禁止薬物が発見されたことに端を発し逮捕者8人を出す一大スキャンダルに発展、第6ステージ終了後、チーム・フェスティナはツールから除名された。さらにツールにジャンダルマリが介入したことに抗議して、第17ステージを選手全員がボイコット。次の第18ステージではスペインから参加した全チームおよびイタリアから参加した1チームが棄権した。この結果完走者は96人という1983年以来の2桁を記録することとなった。
    • この年の出場選手のサンプルを後の技術で再検査した結果、総合上位1、2位を含む18名からEPOが検出され、総合3位を含む12名が「疑わしい」と判定された[16]
  • 1999年2005年2009年2010年
    • 2012年8月24日、前日までにランス・アームストロングが、同年6月12日に合衆国アンチドーピング機関(USADA)から送付されたドーピング違反にかかる告発状に対し、不服申し立てを行わなかったことを受け、USADAは、1998年8月1日以降の記録を全て抹消した上で、アームストロングに対し、「永久追放」宣告を行った[17][18]
    • 以下はアームストロングを「永久追放」宣告するに至った、USADAの見解である[17]
      • エリスロポエチン(EPO)、輸血(時ドーピング)、テストステロン副腎皮質ステロイド、及びそれらマスキング剤の使用歴があると考えられること。
      • EPO、輸血関連機器(例:測定針、血液バッグ、貯蔵容器と他の輸血機器や血液パラメータなど)、テストステロン、コルチコステロイドおよびマスキング剤などを所持している疑いがあること。
      • EPO、テストステロン、副腎皮質ホルモン剤を他者へ「横流し」していた形跡があること。
      • EPO、テストステロン、コルチゾンを他者へ投与した形跡があること。
      • 支援奨励、幇助、教唆、隠蔽など、複数のアンチ·ドーピング規則違反が見られること。
    • またUSADAは、1998年8月1日以降の成績抹消について、次の通り見解を示した[17]
      • 元チームメイトなどの証言や観察等を通して、1998年以前から2005年までの期間中にEPO、輸血(時ドーピング)、テストステロン、コルチゾンなどの使用歴があると考えられること。
      • EPO、テストステロン、ヒト成長ホルモンについては、1996年頃から使用していた可能性があること。
      • 1999年から2005年までの期間に、EPO、輸血、テストステロン、コルチゾンなどの物質の提供(横流し)を行った上、それら物質の処方指導や投与をアームストロングが行っていたことを示す証拠を、元チームメイト等から提供を受けたこと。
      • 2009年、アームストロングが4年ぶりにツール・ド・フランスに出場するまでの間、EPO、輸血時ドーピングが行われていたとする、科学的データが存在すること。
    • 同年10月10日
    • 同年10月22日、UCIはスポーツ仲裁裁判所への上訴を行わず、USADAの裁定を受け入れることを表明し、1999年~2005年の7連覇の記録は剥奪されることが確定した[4]
  • 2005年
    • スポーツ仲裁裁判所(CAS)は2012年2月9日、総合3位で全日程を終了したヤン・ウルリッヒT-モバイル・チーム)に対し、UCIのアンチドーピング違反規定15.2[24]違反により、2005年5月以降、引退年日の2007年2月までの記録を抹消とする裁決を下したため、ウルリッヒの当年大会記録はすべて抹消された。
  • 2010年
    • 大会終了後の9月29日、総合優勝者のアルベルト・コンタドールチーム・アスタナ)の広報担当者が、7月21日に行われたドーピング検査結果、クレンブテロールの陽性反応が出たことを明らかにしたことが発端となり、その後約1年半にも及ぶ「白黒」の大論争が展開された。コンタドールは検出量がごく微量であったことを受け、食肉摂取時における食物汚染によるものだと主張したが、国際自転車競技連合(UCI)と世界アンチ・ドーピング機構(WADA)はそのような事実はないと結論。2011年1月、なかなか処分決定を下そうとしなかったスペイン自転車競技連合は漸く、水面下でコンタドールに1年間の出場停止処分を提示したが、その1か月後、同連盟は不処分とすることを決めた。この裁定にUCIとWADAが異議を唱え、同年3月24日、UCIがスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴。そして2012年2月6日、CASはコンタドールに2年間の出場停止処分とする裁定を下し、漸く決着を見た。これを踏まえてUCIは、2010年のツール・ド・フランス以降に記録したコンタドールの成績を抹消する決定を下したため、2010年のツール・ド・フランス総合優勝者はアンディ・シュレクチーム・サクソバンク)となった。
    • シャビエル・フロレンシオサーヴェロ・テストチーム)が、メディカルスタッフの事前許可なしに、覚醒剤のエフェドリンを含む薬物を使用していたとして、プロローグ開始直前にメンバーから除外。よって、同チームは最初から8人での戦いを余儀なくされた。
  • 2011年
    • 7月11日、第5ステージ終了後に採取されたアレクサンドル・コロブネフカチューシャ・チーム)の尿の中から、利尿薬であるヒドロクロロチアジドの陽性反応が確認された。当初コロブネフは意図的に行ったものではないと主張。同月20日、Bサンプルでも陽性が確認されたが、2012年2月29日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、競技力向上に起因するものではなく、医学的見地から使用されたとみなし、処分なしの裁定を下した。

UCIプロツアーを巡る確執[編集]

主催者であるASOとUCIとの間で、参加チームの選定など、管理・運営に関する溝がUCIプロツアー制定初年度の2005年から生じた。さらにその溝は、年を追うごとに深刻さを増し、ジロ・デ・イタリアの主催者であるRCSスポルト、ブエルタ・ア・エスパーニャの主催者であるウニプブリクをも巻き込こんだ。そしてついに2008年、ASO、RCS、ウニプブリクが、UCIプロツアーからの離脱を決定。この決定に対し、看過できないという強硬姿勢をとったUCIとの確執がさらに続き、2008年の大会開催時に、ASOから参加を拒まれたアスタナ・チームを除く当時の17のUCIプロチームが、翌2009年シーズンのUCIプロツアーライセンスを更新しないという事態にまで発展したが、同年8月、UCIがASOの親会社であるEPAとの話し合いの末、UCIプロツアーを包含した新制度UCIワールドカレンダーを2009年シーズンから開始することで和解。ツールは2年ぶりに、ロードレースの年間シリーズに復帰することになった。

そのほか[編集]

ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアを同一人物が同年に優勝することを指して「ダブルツール」と呼び、加えて世界選手権自転車競技大会を制すると「トリプルクラウン」と呼び「カンピオニッシモ(伊:campionissimo、「チャンピオン」の最上級)」として称えられる[要出典]

参加者の中で最も総合タイムの遅い選手は「ランタンルージュ (Lanterne rouge)」=「赤ランプ」と呼ばれる。これは以前は貨物列車の最後尾に目印として赤ランタンが掛けられていたことに引っ掛けて(尾灯が赤であるべきことは世界共通。前照灯参照)「一番後ろを走る存在」すなわち「最下位の選手」を意味しており、総合優勝などとは別の意味で非常に注目される存在である。

日本人選手[編集]

川室競 第20回(1926年)、第21回(1927年
大正15年と翌昭和2年の2大会に出場。いずれも第1ステージでリタイアに終わっている。
今中大介 第83回(1996年
日本人として近代ツール初出場。第14ステージでタイムオーバーによりリタイア扱い。
新城幸也 第96回(2009年)、第97回(2010年)、第99回(2012年)、第100回(2013年
2009年は第2ステージ5位、129位完走。2010年は第11ステージ6位、112位完走。2012年は第4ステージ敢闘賞、84位完走[38]。2013年は99位完走。
別府史之 第96回(2009年)
第3ステージ8位、第19ステージ7位、第21ステージ敢闘賞、112位完走。

日本でのテレビ放送[編集]

現在日本での放送はスポーツ専門チャンネル「J SPORTS」で全ステージ生中継されている。

1985年から1991年にかけてはNHKが放映権を持ち、主にBS1で中継を行っていたほか、地上波でも数回「世界最大の自転車レース」と題して単発特番を放送していたこともある(現在この間の放送をDVD化したものがNHKエンタープライズから発売されている[39])。2007年からはBS1で後日ダイジェストながら放送を再開している。2013年は「まいにち ツール・ド・フランス」のタイトルでデイリーハイライト番組を放送。

1992年フジテレビが放映権を取得し、同系列で「英雄たちの夏物語」というダイジェスト番組を2~3回にわたり放送していた。またJ SPORTSが生中継を始める前はフジテレビが衛星録画、山岳ステージの衛星中継を独占で行っていた。

1998年には当時の「SKY Sports」(J SPORTSの前身)がフジテレビからサブライセンスを受ける形で生中継を開始(その関係から、青嶋達也などフジテレビのアナウンサーが実況を担当することが多かった)。2005年にはフジテレビが放送権を放棄し、代わってJ SPORTSが5年間の独占放送の権利を取得した。2009年に契約を更新し2013年までの延長が発表された。

なおJ SPORTSの生中継では、非常に長時間(2013年は最大で約7時間半中継)に及ぶことから放送中に実況・解説者に補給食(レース中に選手が補給食を受け取るための袋にちなんで「サコッシュ」と呼ばれている)が配られそれを食べながら放送を行うという、他のスポーツ中継にはない特色があった。2007年にはJ SPORTSの携帯サイトにおいて視聴者が中継を見ながら食べているものを撮影してメールで送ってもらう「今日のサコッシュ」というコーナーが展開されるなど、ツール中継における名物となっていたが、2012年・2013年の中継では実施しなかった。2000年から2004年まで開催中に「裏ツール」サイトが公式サイト内に設置され、視聴者からの質問などをフォローしていた。川柳の投稿や放送内に行われるプレゼントクイズへの珍回答などを題材に毒舌の担当者の独断と偏見でプレゼントが贈られていた。

関西テレビ制作のテレビドラマ僕の歩く道』では、主人公が自閉症の男性で、このレースの歴代優勝者を落ち着かなくなったときにつぶやくというシーンがある。

関連大会[編集]

2013年1月、同年10月にも「ツール・ド・フランス」の名を冠した初の関連大会を日本のさいたま市で開催を目指していることが報道され[40]、3月25日にはさいたま新都心周辺で開催することが発表された[41]。2013年10月26日に「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」の名で開催され、沿道には20万人の観客が詰め掛けた[42]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ UCIの規定で「グランツールに関しては、日程は23日以内で内2日間を休息日に充てること、総走行距離は3500km以内であること」と定められている。
  2. ^ 2008年の場合は平坦10ステージ、山岳5ステージ、中級山岳4ステージ、個人タイムトライアル2ステージという構成。
  3. ^ サイクルスポーツ1989年10月号
  4. ^ a b c “UCI confirms Lance Armstrong's life ban”. Cyclingnews.com. (2012年10月22日). http://www.cyclingnews.com/news/uci-confirms-lance-armstrongs-life-ban 2012年10月23日閲覧。 (英語)
  5. ^ そのため、J SPORTS cycle road raceでは「ヤングライダー賞」との呼称を用いている。実際にマルコ・パンターニ1994年1995年の2回、ヤン・ウルリッヒ1996年から1998年まで、アンディ・シュレク2008年から2010年の連続3回獲得している。
  6. ^ この場合、逃げ集団を作り出したアタックを成功させた+逃げは吸収されたが最後まで逃げていたが受賞理由。
  7. ^ ただし個人タイムトライアル及び山岳ステージの山頂ゴールの場合には、この救済が行われない。2008年の第6ステージでは総合首位を走っていたステファン・シューマッハーが残り500mで落車したがゴールが山頂だったため救済の対象とはならず、マイヨ・ジョーヌを失った。
  8. ^ a b c d e f g 当初優勝したランス・アームストロングがドーピングにより成績剥奪となり、2位以下の順位繰り上げも行われなかったため。
  9. ^ 全レース終了後に行われたドーピング検査において総合1位となったフロイド・ランディスの体内から多数の禁止薬物が検出された。これを受けランディスの総合優勝は保留とされ、その後公聴会などの調査が続けられた。1年以上に亘る調査の結果、2007年9月20日に「アメリカ合衆国反ドーピング機関」 (USADA) が後日ランディスの総合1位記録を取り消し失格とする告知を出したことからオスカル・ペレイロの繰り上げ優勝はこの時点で決定的となった。21日には、UCIが正式にランディスの失格とペレイロの優勝を認定し優勝が決定。そして同年10月15日に総合ディレクターのクリスティアン・プリュドムから優勝ジャージ(マイヨ・ジョーヌ)が授与された。
  10. ^ ヤエスメディアムック408『ツール・ド・フランスを知るための100の入り口』p55、J SPORTS企画、八重洲出版、2013年6月、ISBN 978-4-86144-311-4
  11. ^ Spencer Platt (2013年1月22日). “ツール・ド・フランス、不正の歴史”. ナショナルジオグラフィック. http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130122002 2013年1月22日閲覧。 
  12. ^ De Mondenard, Dr Jean-Pierre: Dopage, l'imposture des performances, Chiron, France, 2000
  13. ^ Archive extract from Quando Volava l'Airone, part of a programme called Format, Rai Tre television, 1998
  14. ^ "Le dopage est une pratique culturelle dans le cyclisme" (フランス語)
  15. ^ Jean-Pierre de Mondenard, "Dictionnaire du dopage" (2004), p.896
  16. ^ 98年ツール総合1位パンターニやウルリッヒら18名の検体からEPO検出 - シクロワイアード 2013年7月25日付
  17. ^ a b c USADA bans Armstrong for life, disqualifies all results since 1998 - cyclingnews.com 8月24日付(英語)
  18. ^ ドーピング:米自転車のアームストロングが永久追放へ - 毎日新聞 2012年08月25日付
  19. ^ U.S. Postal Service Pro Cycling Team Investigation - USADAのUSポスタルサービスチームにおけるドーピング事例に関する調査報告書(英語)
  20. ^ USADA: Lance Armstrong paid Ferrari more than $1 million - cyclingnews.com 10月10日付(英語)
  21. ^ Six former Armstrong USPS teammates receive bans from USADA - cyclingnews.com 10月10日付(英語)
  22. ^ ヒンカピーが過去のドーピングを告白 - シクロワイアード2012年10月11日付記事
  23. ^ USADA: Armstrong created a doping culture at US Postal - cyclingnews.com 10月11日付(英語)
  24. ^ 『禁止物質または禁止方法の使用の成否は,重要ではない。アンチドーピング規則違反は,禁止物質また は禁止方法を使用したこと,または使用の企てたことにより成立する。』 - UCIアンチ・ドーピング規則より
  25. ^ サイクリングニュース2008年7月17日付記事 (英語)
  26. ^ フォフォノフはドクターの処方ミスだったことが証明されたため、3か月間の出場停止処分となった
  27. ^ Tour rocked by new positive tests(BBCニュース2008年10月6日付) (英語)
  28. ^ Cyclisme - Dopage - Kohl a triché lui aussi(レキップ2008年10月13日付記事 (フランス語)
  29. ^ CYCLINGTIME.com 2008年10月7日のニュース
  30. ^ ただし、アスタナ・チームは実際には前年からチーム体制・スタッフ・メンバーが一変しており、実際にはUCIプロツアー参加チームの全チーム参加を目論んだUCIに対するASOの当てつけではないかとの見方がある。詳細はアスタナ・チームの項目を参照のこと。
  31. ^ ドーピング問題が尾を引き、2009年ブエルタ・ア・エスパーニャに招待されなかった。
  32. ^ サイクリングニュース2009年7月31日付記事(英語)
  33. ^ Astarloza suspended for two years for EPO - cyclingnews.com 2010年5月15日付記事(英語)
  34. ^ Cofidis hotel raided, Di Grégorio arrested at Tour de France - cyclingnews.com7月11日付(英語)
  35. ^ ディグレゴリオがドーピング容疑で逮捕 コフィディスはレースを続行 - シクロワイアード7月11日付
  36. ^ Prosecutors want Di Gregorio charged with prohibited doping methods - cyclingnews.com7月12日付(英語)
  37. ^ “レディオシャックのシュレクから陽性反応、ツール・ド・フランス 国際ニュース”. AFPBB News. (2012年7月17日). http://www.afpbb.com/article/sports/cycling/2890099/9262240 
  38. ^ 新城84位で完走 注目度上げた/ツール - 日刊スポーツ 2012年7月23日閲覧
  39. ^ ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX 【NHKエンタープライズ】
  40. ^ “「ツール・ド・フランス」冠のレース 10月さいたま開催で調整”. スポーツニッポン. (2012年1月4日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/04/kiji/K20130104004910950.html 
  41. ^ “本場ツール・ド・フランスが埼玉に!”. 日刊スポーツ. (2013年3月25日). http://www.nikkansports.com/sports/cycling/news/f-sp-tp6-20130325-1102836.html 
  42. ^ “役者揃いのクリテリウムはフルームが勝利 ロードレースの魅力と迫力を20万人が堪能”. サンケイスポーツ. (2013年10月26日). http://cyclist.sanspo.com/103336 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]