ツール・ド・フランス1967

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第54回 ツール・ド・フランス 1967
全行程 22区間, 4780 km
総合優勝 ロジェ・パンジョン 136時間53分50秒
2位 フリオ・ヒメネス +3分40秒
3位 フランコ・バルマミオン +7分23秒
4位 デシーレ・ルトール +8分18秒
5位 ヤン・ヤンセン +9分47秒
ポイント賞 ヤン・ヤンセン 154ポイント
2位 ギド・レイブロック 119ポイント
3位 ジョルジュ・バンデンベルへ 111ポイント
山岳賞 フリオ・ヒメネス 122ポイント
2位 フランコ・バルマミオン 68ポイント
3位 レイモン・プリドール 53ポイント

ツール・ド・フランス1967は、ツール・ド・フランスとしては54回目の大会。1967年6月29日から7月23日まで、全22ステージで行われた。この年から2年間、チーム単位は国・地域別となった。

レース概要[編集]

二部構成となった第5ステージにおいてロジェ・パンジョンがマイヨ・ジョーヌを奪う。アルプス超えステージに突入した第7ステージではチームメイトのレイモン・リオッテに一時マイヨを奪われたものの、第8ステージにおいてリオッテが区間優勝のルシアン・エマールに14分51秒の差をつけられる86位と大惨敗を喫したのに対し、パンジョンはエマールに対して1分33秒差にまとめたことから再びマイヨを奪取。

その後のアルプス区間においても徐々に差を広げていくパンジョン。しかしピレネー超え区間に入った第16ステージにおいて、フリオ・ヒメネスが快走を見せ、パンジョンのとの差を2分以上縮めて、2分3秒差の総合2位に浮上。そして、ピュイ・ド・ドームがゴールとなる第20ステージにおいてもヒメネスは差を縮め、ついに1分39秒差となった。

しかしヒメネスの健闘もここまでだった。最終ステージの個人タイムトライアルにおいて、パンジョンはヒメネスに1分16秒の差をつけ、総合優勝を果たした。

トム・シンプソンの死[編集]

トム・シンプソンの記念碑

今大会のツールを語る上において、イギリストム・シンプソンの死に触れないわけにはいくまい。1967年7月13日の第13ステージにおける出来事である。シンプソンは第9ステージまで、総合首位のパンジョンに5分15秒差の6位につけていたが、翌、第10ステージでは区間優勝のフェリーチェ・ジモンディに5分59秒の差をつけられ、総合でも8分20秒差の7位へと後退していた。

後にシンプソンの体内からアンフェタミンアルコールに加え、利尿薬までもが検出され、また、この年のプロヴァンス地方は特に暑かったことも影響していたようだ。既にシンプソンが精神的に追い詰められていたということは明白である。

第13ステージのコースでは、「死の山」と恐れられるモン・ヴァントゥが途中にあった。シンプソンは頂上まで残り2kmという地点において、体のバランスを完全に失ってフラフラの状態となり、ついには倒れた。イギリスチームスタッフはシンプソンに棄権するよう説得したがシンプソンは拒否してまた自転車に跨り始めた。だが残り500mという地点でまた倒れ、ついには起き上がれなくなった。

すぐさま救急ヘリが駆けつけ、シンプソンを病院へと運んだが、既にシンプソンは死亡していた。

総合成績[編集]

順位 選手名 国籍 時間
1 ロジェ・パンジョン フランスの旗 フランス 136時間53分50秒
2 フリオ・ヒメネス スペインの旗 スペイン 3' 40"
3 フランコ・バルマミオン イタリアの旗 イタリア 7' 23"
4 デシーレ・ルトール フランスの旗 フランス 8' 18"
5 ヤン・ヤンセン オランダの旗 オランダ 9' 47"
6 ルシアン・エマール フランスの旗 フランス 9' 47"
7 フェリーチェ・ジモンディ イタリアの旗 イタリア 10' 14"
8 ヨセフ・フスマン ベルギーの旗 ベルギー 16' 45"
9 レイモン・プリドール フランスの旗 フランス 18' 18"
10 フェルナンド・マンザネック スペインの旗 スペイン 19' 22"

Jersey yellow.svgマイヨ・ジョーヌ保持者[編集]

選手名 国籍 首位区間
リック・バンローイ ベルギーの旗 ベルギー 第1(a)-第1(b)
ウイリー・バンネスト ベルギーの旗 ベルギー 第2
ジャンカルロ・プリドーリ イタリアの旗 イタリア 第3
ヨセフ・スプルーイ ベルギーの旗 ベルギー 第4
ロジェ・パンジョン フランスの旗 フランス 第5-第6、第8-最終
レイモン・リオッテ フランスの旗 フランス 第7

外部リンク[編集]