マルツィオ・ブルセギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルツィオ・ブルセギン
Marzio Bruseghin
Cycling (road) pictogram.svg
Marzio Bruseghin (Tour de France 2007 - stage 7).jpg
個人情報
本名 Marzio Bruseghin
マルツィオ・ブルセギン
愛称 ロバ
生年月日 1974年6月15日(39歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
身長 182cm
体重 70kg
チーム情報
所属 チーム・モビスター
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 パンチャー
タイムトライアルスペシャリスト
プロ所属チーム
1997–1998
1999–2002
2003–2005
2006–2009
2010
ブレシャラート
バネスト
ファッサ・ボルトロ
ランプレ
ケス・デパーニュ
主要レース勝利
ジロ・デ・イタリア 区間2勝
イタリアの旗 イタリア選手権・ITT (2006)
最終更新日
2009年9月28日

マルツィオ・ブルセギン(Marzio Bruseghin、1974年6月15日- )は、イタリアコネリアーノ出身の自転車競技ロードレース)選手。

1998年から2009年まで、ジロ・デ・イタリアに11回出場し、4回総合ベスト10入り(2005年・9位、2007年・8位、2008年・3位、2009年・10位)した実績を持つ。

経歴[編集]

1997年にブレシャラートでプロデビュー。

その後移籍したファッサボルトロではアレッサンドロ・ペタッキのアシストとして活動していた。

2005年

2006年、ランプレ(現 ランプレ・ISD)に移籍。

  • イタリア国内選手権・個人タイムトライアルで優勝。

2007年

2008年

2009年

2010年ケス・デパーニュに移籍。

2011年

2012年

レーススタイル[編集]

2008年のジロの様にエースとしても戦える選手であるが、普段はアシストとして活躍している。

タイムトライアルを得意とするが、チームにはパンチャーとして登録されているなど、ある程度の登坂力も持っており、山岳に強いルーラーもしくは、平坦な長距離に対応できるオールラウンダーと見ることもできる万能タイプである。

特に山岳が含まれるタイムトライアルでは、オールラウンダーやクライマーよりもパワーがあり、TTスペシャリストよりも若干身軽という特長を生かし、確実に上位に食い込むことができる。

2008年にはグランツールを全て完走し、内2大会で総合10位以内に入るという安定感もある選手である。

エピソード[編集]

自宅でロバを飼っている(ペタッキにちなんで"アレッサンドロ"という名前のロバもいるらしい)他、AMETSという銘柄のワインバスク語で「夢」を意味するが、バスク出身者では無い)を醸造している。生産量は年間1万本に達するらしく、畜産業者、醸造家としての一面を持つ。余談だがアメツ・チュルカ(Amets Txurruka Ansola)というバスク人のレーサーがいる。

公認ファンクラブの人間は大きなロバ耳の付いた帽子を被っているため、中継映像でも一目で区別がつく。

所属チーム[編集]

  • 1997年 Brescialat
    • 1998年 Brescialat - Liquigas
  • 1999〜2002年 Banesto
  • 2001〜2002年 ibanesto.com
  • 2003〜 2005年Fassa Bortolo
  • 2006年〜 Lampre
    • 2006〜2007年 Lampre - Fondital
    • 2008年〜 Lampre

外部リンク[編集]