ワルテル・ホデフロート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワルテル・ホデフロート
Walter Godefroot
Cycling (road) pictogram.svg
Walter Godefroot.jpg
個人情報
本名 Walter Godefroot
ワルテル・ホデフロート
愛称 フラームス・ブルドッグ
生年月日 1943年7月2日(71歳)
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
チーム情報
分野 ロードレース
特徴 クラシックスペシャリスト
プロ所属チーム
1965–1966
1967–1969
1970
1971–1972
1973–1975
1976 –1979
ウィールス
フランドリア - デ・クレルク
サルヴァラニ
プジョー
フランドリア - カルパンテル
アイスブルク
監督所属チーム
1991–2005
2006
2007
チーム・テレコム
アスタナ・ヴュルト
アスタナ
主要レース勝利
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ (1967)
ツール・ド・フランス 10勝
ツール・ド・フランス ポイント賞 (1970)
ロンド・ファン・フラーンデレン (1968、78)
パリ〜ルーベ (1969)
ボルドー〜パリ (1969、76)
ジロ・デ・イタリア 1勝
ブエルタ・ア・エスパーニャ 2勝
ベルギーの旗 ベルギー 選手権 (1965、1972)
 
獲得メダル
ロードレース
夏季オリンピック
1964 東京 個人ロード
最終更新日
2010年6月30日

ワルテル・ホデフロート(Walter Godefroot、1943年7月2日 - )は、ベルギーヘント出身の元自転車競技ロードレース)選手。

アルテュル・デカボーテルの義弟である。

略歴[編集]

1964年東京オリンピック・個人ロードレースで銅メダルを獲得。翌1965年にプロに転向し、ワンデイレースを中心に活躍した。1970年ツール・ド・フランスではポイント賞を獲得。また1975年より、シャンゼリゼ通りツール・ド・フランスの最終ゴール地点となったが、その最初の勝利者としても名を刻む。1979年に現役を引退。

1991年から2005年まで、チーム・テレコム(以後チーム名を変遷)のチームマネジャーを務め、1996年ビャルヌ・リースを、1997年ヤン・ウルリッヒを、ツール・ド・フランス総合優勝へと導いた。その後、2006年にアスタナ・ヴュルト、2007年アスタナへと転じて指導者を続けたが、いずれの在籍時代においても、ドーピング問題に巻き込まれた。

1974年メチルフェニデート陽性により、同年のロンド・ファン・フラーンデレンで順位剥奪となった[1]

主な戦績[編集]

1964
東京オリンピック・個人ロードレース 3位
1965
ベルギーの旗 ベルギー 国内選手権・個人ロードレース 優勝
1967
ツール・ド・フランス 区間1勝(第1)
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 優勝
1968
ツール・ド・フランス
区間2勝(第3b、第9)
ポイント賞部門 2位
ロンド・ファン・フラーンデレン 優勝
ヘント〜ウェヴェルヘム 優勝
パリ〜ツール 2位
パリ〜ルーベ 3位
1969
ボルドー〜パリ 優勝
パリ〜ルーベ 優勝
スヘルデプライス 優勝
1970
ツール・ド・フランス
Jersey green.svg ポイント賞、区間2勝(第4、5A)
ジロ・デ・イタリア 区間1勝(第8)
チューリッヒ選手権 優勝
ロンド・ファン・フラーンデレン 2位
1971
ツール・ド・フランス 区間1勝(第9)
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間2勝(第7、8)
1972
ベルギーの旗 ベルギー 国内選手権・個人ロードレース 優勝
ツール・ド・フランス 区間1勝(第5a)
1973
ツール・ド・フランス 区間2勝(第5、第16a)
パリ〜ルーベ 2位
1974
ルント・ウム・デン・ヘニンガー=トゥルム 優勝
チューリッヒ選手権 優勝
ダンケルク4日間レース 総合優勝
1975
ツール・ド・フランス 区間1勝(第22=シャンゼリゼ通り
1976
ボルドー〜パリ 優勝
1978
ロンド・ファン・フラーンデレン 優勝

脚注[編集]

  1. ^ FAZ.NET - 2005年4月12日付記事(ドイツ語)

外部リンク[編集]