スタン・オケルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

スタン・オケルス
ベルギーの旗 ベルギー
ロードレース
世界選手権自転車競技大会
1955 フラスカーティ プロロード

スタン・オケルス(Stan Ockers、1920年2月3日 - 1956年10月1日)は、ベルギー、ボルヘルハウト出身の自転車競技選手。

経歴[編集]

本名は、コンスタン・オケルス(Constant Ockers)。自転車競技雑誌の中には、スタン・オッカーと表記するケースも見られる。

1955年に世界選手権自転車競技大会・プロロード優勝。またリエージュ〜バストーニュ〜リエージュフレッシュ・ワロンヌを連勝し、『ウイークエンド・アルダンネ(Week-end ardennais)』を達成した。また、ツール・ド・フランスでは1955年、1956年と2年連続でポイント賞を獲得。加えて6日間レースで4回優勝の実績を誇り、1956年にドミフォンにおけるアワーレコードを記録するなど、ロードレース及びトラックレースで活躍した。

しかし1956年10月1日、アントウェルペンにおけるトラックレースの競走中に事故死した。写真は当人を偲んだモニュメントのうちの一つである。

主な戦績[編集]

主な優勝記録[編集]

主な2位記録[編集]

外部リンク[編集]