クロード・クリケリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ベルギーの旗 ベルギー
男子 自転車競技
Arc en ciel.png
世界選手権自転車競技大会
1984 バルセロナ プロ・個人ロード

クロード・クリケリオン(Claude Criquielion、1957年1月11日- )はベルギーエノー州のルシーヌ出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

1979年にプロ転向。ツール・ド・フランスでは総合成績で5回ベストテン入りを果たているが、相対的に見ると、ワンデーレースにおいて実績を挙げている。

ツールにおいて、1979年、1981年にいずれも総合9位に食い込んだことで、クリケリオンという名が知られるようになるが、1984年バルセロナで開催された世界自転車選手権・個人ロードレースを制したことでトップ選手としての地位を確立。同年はツールでも総合9位に入った。さらに同年のベルギー スポーツマンオブザイヤーも受賞している。翌1985年に日立に移籍。以後エースとして君臨した。

1989年まで日立に在籍し、1985年、1989年にはフレッシュ・ワロンヌ1987年にはロンド・ファン・フラーンデレンを制した。また1986年のツールでは総合5位。ちなみに1988年、1989年の2年間、市川雅敏も日立に在籍していた。

この他、1983年クラシカ・サンセバスティアン1990年はツール総合9位、ベルギー国内選手権制覇の実績を残す。1991年に引退した。引退後はプレディクトール・ロトの監督を歴任。

外部リンク[編集]