アントナン・マーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
Arc en ciel.png
1936 ベルン プロ・個人ロード
1933 モントレー プロ・個人ロード
Antonin Magne Dédicace.jpg

アントナン・マーニュ(Antonin Magne、1904年2月15日-1983年9月8日)は、フランスカンタル県イトラック出身の名自転車競技選手。チーム監督としても名を上げた。

経歴[編集]

1927年世界自転車選手権・プロロードレースの前身の大会として位置づけてられている、グランプリ・ヴォルベールにおいて、アルルイアチームの一員として優勝を経験。同年、ツール・ド・フランスに初参加した。

ツール・ド・フランスにおける成績[編集]

1927年に初出場を果たして以来、毎年好成績を収めていた。

  • 1927年・・・総合6位。区間1勝。
  • 1928年・・・総合6位。区間2勝。
  • 1929年・・・総合7位。
  • 1930年・・・総合3位。区間1勝。

1931年。第9ステージのピレネー越えステージで区間制覇を果たしたマーニュは、同時にマイヨ・ジョーヌも奪取。最後は2位のジョセフ・ドミュイゼールに12分56秒の差をつけて悲願の総合優勝を果たした。

1934年。第2ステージで早くもマイヨ・ジョーヌを奪取したマーニュだが、中盤ステージにおいて、イタリアのジュゼッペ・マルターノの追い上げを受けた。しかし第15ステージから4ステージ連続で組まれたピレネー越えステージでマルターノ以下を圧倒し、2度目の総合優勝を飾った。

1936年は、シルベール・マースに続いて総合2位。1938年は総合8位に入り、出場した大会で全て総合ベスト10入りを果たした。

この他の実績として、グランプリ・デ・ナシオンは1934年、35年、36年と3連覇を達成。また、36年には世界選手権も制覇した。

チーム・ディレクターとしての実績[編集]

メルシェチームの監督時代、ツール3連覇を達成することになるルイゾン・ボベや、総合優勝こそ果たせなかったものの、毎回ツールでは上位の成績に食い込んだレイモン・プリドールらを率いた。また、選手からの信頼も厚かったことから、「ムッシュ・マーニュ」と呼ばれていた。ちなみに、歴代のチーム・ディレクターとしての相対評価も高い[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]