オディル・ドフレイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オディル・ドフレイエ

オディル・ドフレイエ(Odile Defraye、1888年7月14日-1965年8月21日)は、ベルギー・リュムベーケ出身の元自転車競技選手。出身地であるウェスト=フランデレン州の公用語であるフラマン語オランダ語)の表記名では、オディール・デフラーイエ(Odiel Defraeye)となっている。

1911年、ベルギー国内選手権プロ個人ロードレース優勝。1912年ツール・ド・フランスでは、第2、7、9ステージで勝利。第3ステージで総合首位に立つと(第5ステージではウジェーヌ・クリストフ、第6ステージではオクタヴ・ラピーズと同点首位)、そのまま最後まで首位を保ち、ベルギー国籍選手として初のツール・ド・フランス総合優勝を果たした。なお、1912年までツール・ド・フランスはポイント制で総合成績が争われた。

この他の主な実績として、1913年ミラノ〜サンレモ優勝がある。

外部リンク[編集]