アンリ・コルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンリ・コルネ

アンリ・コルネ(Henri Cornet、1884年8月4日 - 1941年3月18日)は、フランスパ=ド=カレー県デブレ出身の元自転車競技選手。本名は、アンリ・ジャルドリ(Henri Jardry)。

来歴[編集]

プロロードレース選手として活動をスタートした1904年ツール・ド・フランスに出場。第3ステージを制して総合5位に入った。ところがこの後、モリス・ガランの他、ルシアン・ポティエセザル・ガランイポリト・オクテュリエの総合上位4選手が、途中で列車を使用していたことが発覚。フランス自転車連盟がこの4人を失格としたことから、総合5位のコルネが繰り上がり、第2回のツール・ド・フランス総合優勝者となった。優勝当時、コルネは19歳11ヶ月の年齢であったが、今もなお、ツール・ド・フランス史上最年少総合優勝記録を保持している。

この他、1906年パリ〜ルーベを制覇している。

外部リンク[編集]