オクタヴ・ラピーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オクタヴ・ラピーズ
獲得メダル
夏季オリンピック
1908 ロンドン 100kmレース

オクタヴ・ラピーズ(Octave Lapize、1887年10月24日-1917年7月14日)は、フランスモンルージュ出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

1907年シクロクロスロードレースのアマ・フランスチャンピオンに輝く。

1908年ロンドンオリンピックで、トラックレースの100kmレースに出場し銅メダルを獲得。

1909年にプロへ転向。同年のパリ〜ルーベを制した。

1910年、パリ〜ルーベを連覇。同年のツール・ド・フランスでは第5、9、10、14ステージを制する活躍ぶりを見せ、第13ステージ終了後、前ステージまで総合首位だったフランソワ・ファベールを交わして総合首位に立ち、最後は4ポイント差(1912年まで、ツール・ド・フランスの総合成績はポイント制で行われていた)いう僅差ながらもファベールを退けて総合優勝を果たした。なお、現在のツール・ド・フランスにおいても定番の難所として知られる、ピレネー山脈中央部に位置するツールマレー峠が1910年からコースに組み入れられたが、ラピーズは初代の首位通過選手であり、その記念碑がツールマレー峠にある。

また、1911年のパリ〜ルーベも制し、同レース史上初の3連覇を達成したが、その後同レースで3連覇を達成したのは、フランチェスコ・モゼール1978年1980年)だけである。さらに同年から1913年まで、フランス国内選手権・個人ロードレースにおいても3連覇を達成した。

1914年ツール・ド・フランスに出場の後、第一次世界大戦が勃発。ラピーズはフランス空軍のパイロットとして従軍したが、1917年6月28日ムルト=エ=モゼル県のフリレイ付近で襲撃に遭い重体。同年7月14日他界した。

外部リンク[編集]