ルシアン・バンインプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルシアン・バンインプ

ルシアン・バンインプ (Lucien Van Impe。1946年10月20日- )は、ベルギー・フレミング出身の元自転車競技選手。ツール・ド・フランスでは6度に亘り山岳賞を獲得するという実績を誇り、まさしく、キングオブマウンテンの名に相応しい山岳スペシャリストであった。近時、原語表記に近い、ルシアン・ファンインプと明記する自転車競技関連Web、雑誌もある。

長らくエディ・メルクスの壁が厚く、ツールでは山岳賞こそ獲得するものの、総合成績ではベストテンの常連でありながらもなかなか優勝まではたどり着けなかった。しかしメルクスが出場しなかったとはいえ、1976年ツール・ド・フランスでは、ラルプ・デュエズのステージで首位に立ち、ピレネー超えステージで他を圧倒したことも手伝って、7度目の出場にして初めて総合優勝を果たした。また翌1977年ツール・ド・フランスではラルプ・デュエズにて伴走者と接触したことが影響し、惜しくも総合3位に終った。

ツールにおける6度の山岳賞獲得は、スペインフェデリコ・バーモンテスと並ぶタイ記録であったが、2004年フランスリシャール・ビランクが7度目の山岳賞を獲得し、2人の記録を塗り替えた。

ちなみにバンインプはジロ・デ・イタリアでも2度の山岳賞を獲得しており、またツールでは15回の完走を果たしている。ツールにおける15回の完走記録は、ヨープ・ズートメルクの16回に次ぐ記録で、後にヴィアチェスラフ・エキモフが達成した。また、バンインプが1976年に優勝して以降、ベルギー国籍の選手がツール・ド・フランスにおいて総合優勝を果たしたケースはない。

なお、引退後の2001年、自らが発起人となって、ツール・ド・フランスのレース中に非業の死を遂げたトム・シンプソンの記念館をオープンさせた。

主な実績[編集]

1971
Jersey polkadot.svgツール・ド・フランス 山岳賞(1回目)。総合3位
1972
Jersey polkadot.svgツール・ド・フランス 山岳賞(2回目)
1975
Jersey polkadot.svgツール・ド・フランス 山岳賞(3回目)。総合3位
1976
Jersey yellow.svgツール・ド・フランス 総合優勝
1977
Jersey polkadot.svgツール・ド・フランス 山岳賞(4回目)。総合3位
ツール・ド・スイス 総合2位
1981
Jersey polkadot.svgツール・ド・フランス 山岳賞(5回目)。総合2位
1982
Jersey green.svgジロ・デ・イタリア 山岳賞(1回目)
1983
Jersey green.svgジロ・デ・イタリア 山岳賞(2回目)
ベルギーの旗ベルギー国内選手権 優勝
Jersey polkadot.svgツール・ド・フランス 山岳賞(6回目)

ツール・ド・フランス総合成績[編集]

外部リンク[編集]