アンドレ・ルデュック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレ・ルデュック(André Leducq、1904年2月27日-1980年6月18日)は、フランスサン=トゥアン出身の名自転車競技選手。

経歴[編集]

1924年パリで開催された世界自転車選手権・アマ個人ロードで優勝。

1926年にプロへ転向し、翌1927年ツール・ド・フランスに出場。区間3勝を挙げ、総合4位に入った。

1928年ツール・ド・フランスでは、区間4勝を挙げ、総合連覇を果たしたニコラ・フランツについで総合2位。また、同年のパリ~ルーベを制した。

1929年ツール・ド・フランスでも、前年に続き区間4勝を挙げ、第7ステージでは総合首位(ニコラ・フランツらと並んで)に立った。

1930年ツール・ド・フランス。この大会より個人参加が認められなくなり、完全に国・地域別対抗戦形式に改められた元年となった。レアルコ・グエッラアルフレッド・ビンダという2大リーダーを中心とするイタリアナショナルチームに対し、ピレネー越えステージで同じフランスナショナルチームのアントナン・マーニュらと呼応してイタリア勢を粉砕し、マイヨ・ジョーヌをグエッラから奪うや、そのまま最後まで守りきって初の総合優勝を果たした。

1931年ツール・ド・フランスでは総合10位だったが、パリ~ツールを制覇。

1932年ツール・ド・フランスでは、フランスナショナルチームのリーダーとして挑み、第3ステージ終了後にマイヨ・ジョーヌを掴んで最後まで守り通し、2度目の総合優勝を果たした。さらにこの年のツールでは、区間6勝を挙げている。

その後は1933年クリテリウム・アンテルナシオナルで総合優勝を果たした程度の成績だったが、1938年ツール・ド・フランスでは、第6(b)から第7ステージまでマイヨ・ジョーヌを着用した。

1939年に引退。ツールの区間通算25勝はランス・アームストロングと並んで歴代3位である。

外部リンク[編集]