レオン・シウール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオン・シウール

レオン・シウール(Léon Scieur、1888年3月19日 - 1969年10月7日)は、ベルギー、フロランヌ出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

1920年リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを制覇。翌1921年ツール・ド・フランスでは総合優勝を果たすことになる。

1921年のツールでは、同胞のエクトール・ウースガンとの一騎打ちとなった。第2ステージ終了後トップに立ったシウールに対し、第5ステージにおいてシウールのパンクに乗じて、ツールマレー峠以降トップに立ち、そのまま区間優勝を果たしたウースガンが一気に25分縮め、シウールとの差は4分06秒差となった。しかし第9ステージにおいてウースガンに対して10分以上の差をつけたことでほぼ決着をつけ、総合優勝を果たした。

1924年に現役を引退。引退後は石炭及びガスの販売業者に転じた。

外部リンク[編集]