ルシアン・ビュイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルシアン・ビュイス

ルシアン・ビュイス(Lucien Buysse、1892年9月11日 - 1980年1月3日)は、ベルギー、ウォンテルヘム出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

1913年ツール・ド・フランスで総合3位に入ったマルセル・ビュイスの弟で、6日間レースにおいて通算9勝の実績を誇る、アルベール・ビュイスの叔父にあたる。

1923年ツール・ド・フランスにおいて、第8ステージを制し、総合8位。その後、1924年及び1925年のツール・ド・フランスを制したオッタビオ・ボテッキアのドメスティックを主に務めながら、同レースにおいて、1924年3位、1925年2位(区間2勝)の成績を残した。

1926年ツール・ド・フランスでは、第10ステージにおいて、3連覇を狙うボテッキアを差し置き、嵐が吹き荒れるダスパン峠で集団から抜け出し快勝。一方、ボテッキアは同ステージで棄権した。さらに続く第11ステージも制し、最後はニコラ・フランツに1時間22分25秒の差をつけて総合優勝を果たした。また、1926年のツールでは、兄・マルセルに加え、総合9位に入り、第1~2ステージまで総合首位だった弟のジュール・ビュイスも参加している。

外部リンク[編集]