イゴル・アスタルロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

イゴル・アスタルロア
スペインの旗 スペイン
男子 ロードレース
世界選手権自転車競技大会
2003 ハミルトン エリート・ロード

イゴル・アスタルロア・アスカスィバル(Igor Astarloa Askasibar、1976年3月29日 - )は、スペインバスク自治州ビスカヤ県エルムア出身の元自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2000年に、メルカトーネ・ウノと契約を結んでプロ転向。

サエコに移籍した2002年、ジロ・デ・イタリアに初出場し総合53位。ブリクシア・ツアー総合優勝、クラシカ・サンセバスティアンHEWクラシックス及びジャパンカップサイクルロードレースで共に2位に入る。

2003年、カナダハミルトンで開催された、世界自転車選手権ロードレースにおいて、アレハンドロ・バルベルデ(2位)、ペーター・ファンペテヘム(3位)らを抑えて優勝。

2004年、コフィディスに移籍。しかしその年の春、当時所属していたデヴィッド・ミラーを含めたチームぐるみのドーピング疑惑が持たれ、問題が解決するまでチーム活動を自粛することになったため、同月5月にランプレに移籍。ジロ・デ・イタリアに出場した(総合56位)。

しかしUCIプロツアー開始元年の2005年を目前にしてランプレから契約解除を受け、同年シーズンより、プロフェッショナルコンチネンタルチームであるバルロワールドに移籍した。

2006年、ミラノ〜トリノを制覇。

2007年、チーム・ミルラムに移籍したが、2008年5月29日に同チームを解雇された[1]

2009年、アミーカチップス・クナウフに移籍。同年引退。

注記[編集]

外部リンク[編集]