ヘルマン・ファンスプリンヘル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマン・ファンスプリンヘル

ヘルマン・ファンスプリンヘル(Herman Vanspringel、1943年8月14日 - )はベルギー、ランスト出身の元自転車競技ロードレース)選手。ヘルマン・バンスプリンゲルと表記する自転車競技雑誌もある。

来歴[編集]

ボルドー〜パリで7回優勝し、この事実に敬意を示したフランス人から、『ムッシュ・ボルドー〜パリ(Monsieur Bordeaux-Paris)』の愛称をつけられた名レーサー。

主にクラシックレースの活躍が目立つが、グランツールでも2回総合2位がある。とりわけ惜しかったのは、1968年ツール・ド・フランス。第22ステージ(a)まで総合首位に立ち、総合優勝目前の展開を迎えたが、最終ステージである第22ステージ(b)の個人タイムトライアルにおいてヤン・ヤンセンに抜かれ、わずか38秒差で涙を呑んだ。だが、同年の年間シリーズ戦であるスーパープレスティージュでは見事総合優勝を果たした。また、1971年ジロ・デ・イタリアでも、イェスタ・ペーテルソンに次いで2位となった。

1965年から1981年までプロ選手として活動を続け、同胞のエディ・メルクス全盛時代のライバル的存在でもあった。

主要実績[編集]

1966…総合6位
1967…総合24位(区間1勝)
1968…総合2位(区間1勝)
1969…総合18位(区間2勝)
1971…総合14位(区間1勝)
1973…総合6位。ポイント賞
1974…総合10位
1975…総合31位
1971…総合2位
ベルギーの旗 ベルギー選手権(1971)
ジロ・ディ・ロンバルディア (1968)
ヘント〜ウェヴェルヘム (1966)
オムロープ・ヘット・フォルク (1968)
パリ〜ツール (1969)
グランプリ・デ・ナシオン (1969, 1970)
ボルドー〜パリ (1970, 1974, 1975, 1977, 1978, 1980, 1981)
チューリッヒ選手権 (1971)
E3プライス・フラーンデレン (1974)

外部リンク[編集]