ポイント賞 (グランツール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自転車競技大会のロードレースのステージレースにおいて、総合成績、山岳賞と並び、主要3部門賞と言われているのがポイント賞(ぽいんとしょう。: Points Classification)である(なお、英語では『Sprint Classification』(スプリント賞)と呼ぶこともある)。

概要[編集]

ポイント賞がグランツールで設けられたのはいずれの大会も第二次世界大戦後のことである。ツール・ド・フランス1953年ブエルタ・ア・エスパーニャ1955年ジロ・デ・イタリア1966年にそれぞれ設けられた。

トラックレースにもポイントレースという種目があるが、要領はそれとほぼ同じである。各コースに設定されたポイント地点とゴール地点において早く到達した順に高いポイントが付与され、完走した選手の中から一番ポイントを稼いだ選手が受賞となるが、特にゴール地点は中間のポイント地点よりも高いポイントが与えられており、ここでの順位がとりわけ重要である。

ツール・ド・フランスにおいては、平坦なステージには高いポイントが与えられ、難易度の高い山岳ステージほどポイントが低く、完全にスプリンターのための賞となっている。特に序盤ステージは平坦コースが続き、ポイント賞を狙うスプリンター型選手にとってみればまさしく稼ぎ場のステージである。

これに対し、ジロ・デ・イタリアやブエルタ・ア・エスパーニャでは、平坦ステージも山岳ステージも与えられるポイントは同じであるため、山岳ステージで上位に入るオールラウンダークライマーもポイント賞争いの上位に入ったり、時にはポイント賞を獲得することがある。ただし2014年はジロ・デ・イタリアでもツール・ド・フランスと同様、平地ステージで高ポイントを与える加点設定が行われた[1]

平坦なステージにおける、ゴール前数キロメートルの大集団による高速走行とそこからのスプリントはしばしば落車を誘発し、ひいてはそれがもとで大量落車へと繋がるケースもしばしある。山岳賞争いと比較すると派手な印象があるポイント賞争いだが、こうした事故の危険性と常に隣り合わせであるのもまた特徴であるともいえる。

常連選手の特徴[編集]

この賞の常連選手というのは、短い距離のスプリントを得意とする反面、その脚質上とりわけ山岳コースを苦手としているスプリンター型選手が少なくなく、中には総合成績だけ見ると常に下位に甘んじている選手もいるが、一方で世界自転車選手権クラシックレースといったワンデーレースで大活躍する選手も多いことや、競技期間が3週間にも及ぶグランツールも現在は平均時速が40Kmを越すという高速レース化が顕著となっており、そのため、主要3部門賞の中では今や総合成績に次ぐ重要な意味合いを持つものとなってきている。

したがってこの賞の獲得者はステージレースの区間優勝も数多く果たし、また年間を通じて争われる賞(現在であれば、UCIワールドツアー)の上位に名を連ねる選手も少なくない。

ポイント賞に関する記録[編集]

通算獲得回数上位選手[編集]

エリック・ツァベルドイツ)・・・9回
ツール・ド・フランス・・・1996, 1997, 1998, 1999, 2000, 2001
ブエルタ・ア・エスパーニャ・・・2002, 2003, 2004
ショーン・ケリーアイルランド)・・・8回
ツール・ド・フランス・・・1982, 1983, 1985, 1989
ブエルタ・ア・エスパーニャ・・・1980, 1985, 1986, 1988
ローラン・ジャラベールフランス)・・・7回
ツール・ド・フランス・・・1992,1995
ジロ・デ・イタリア・・・1999
ブエルタ・ア・エスパーニャ・・・1994,1995,1996,1997

全グランツール受賞達成者[編集]

過去5人達成。

エディ・メルクスベルギー
ツール・ド・フランス・・・1969,1971,1972
ジロ・デ・イタリア・・・1968
ブエルタ・ア・エスパーニャ・・・1973
ジャモリディネ・アブドヤパロフウズベキスタン
ツール・ド・フランス・・・1993,1994
ジロ・デ・イタリア・・・1994
ブエルタ・ア・エスパーニャ・・・1992
ローラン・ジャラベール(フランス)・・・重複を避けるため、上記参照。
アレサンドロ・ペタッキイタリア
ツール・ド・フランス・・・2010
ジロ・デ・イタリア・・・2004
ブエルタ・ア・エスパーニャ・・・2005
マーク・カヴェンディッシュイギリス
ツール・ド・フランス・・・2011
ジロ・デ・イタリア・・・2013
ブエルタ・ア・エスパーニャ・・・2010

グランツールにおけるポイント賞受賞者[編集]

※太字は総合優勝&ポイント賞
※斜太字は総合優勝&ポイント賞&山岳賞

ツール・ド・フランス ジロ・デ・イタリア ブエルタ・ア・エスパーニャ
2014年 スロバキアの旗 ペーター・サガン (3) フランスの旗 ナセル・ブアニ ドイツの旗 ヨーン・デーゲンコルプ
2013年 スロバキアの旗 ペーター・サガン (2) イギリスの旗 マーク・カヴェンディッシュ スペインの旗 アレハンドロ・バルベルデ (2)
2012年 スロバキアの旗 ペーター・サガン スペインの旗 ホアキン・ロドリゲス スペインの旗 アレハンドロ・バルベルデ
2011年 イギリスの旗 マーク・カヴェンディッシュ イタリアの旗 ミケーレ・スカルポーニ[2] オランダの旗 バウケ・モレマ
2010年 イタリアの旗 アレサンドロ・ペタッキ オーストラリアの旗 カデル・エヴァンス イギリスの旗 マーク・カヴェンディッシュ
2009年 ノルウェーの旗 トル・フースホフト (2) ロシアの旗 デニス・メンショフ[3] ドイツの旗 アンドレ・グライペル
2008年 スペインの旗 オスカル・フレイレ イタリアの旗 ダニエーレ・ベンナーティ ベルギーの旗 フレフ・ファンアヴェルマート
2007年 ベルギーの旗 トム・ボーネン イタリアの旗 ダニーロ・ディルーカ[4] イタリアの旗 ダニエーレ・ベンナーティ
2006年 オーストラリアの旗 ロビー・マキュアン (3) イタリアの旗 パオロ・ベッティーニ (2) ノルウェーの旗 トル・フースホフト
2005年 ノルウェーの旗 トル・フースホフト イタリアの旗 パオロ・ベッティーニ イタリアの旗 アレサンドロ・ペタッキ
2004年 オーストラリアの旗 ロビー・マキュアン (2) イタリアの旗 アレサンドロ・ペタッキ ドイツの旗 エリック・ツァベル (3)
2003年 オーストラリアの旗 バーデン・クック イタリアの旗 ジルベルト・シモーニ ドイツの旗 エリック・ツァベル (2)
2002年 オーストラリアの旗 ロビー・マキュアン イタリアの旗 マリオ・チポリーニ (3) ドイツの旗 エリック・ツァベル
2001年 ドイツの旗 エリック・ツァベル (6) イタリアの旗 マッシーモ・ストラッツェール スペインの旗 ホセ・マリア・ヒメネス
2000年 ドイツの旗 エリック・ツァベル (5) ロシアの旗 ディミトリ・コニシェフ スペインの旗 ロベルト・エラス
1999年 ドイツの旗 エリック・ツァベル (4) フランスの旗 ローラン・ジャラベール ベルギーの旗 フランク・ファンデンブルック
1998年 ドイツの旗 エリック・ツァベル (3) イタリアの旗 マリアーノ・ピッコリ イタリアの旗 ファブリツィオ・ギディ
1997年 ドイツの旗 エリック・ツァベル (2) イタリアの旗 マリオ・チポリーニ (2) フランスの旗 ローラン・ジャラベール (4)
1996年 ドイツの旗 エリック・ツァベル イタリアの旗 ファブリツィオ・ギディ フランスの旗 ローラン・ジャラベール (3)
1995年 フランスの旗 ローラン・ジャラベール (2) スイスの旗 トニー・ロミンゲル フランスの旗 ローラン・ジャラベール (2)
1994年 ウズベキスタンの旗 ジャモリディネ・アブドヤパロフ (3) ウズベキスタンの旗 ジャモリディネ・アブドヤパロフ フランスの旗 ローラン・ジャラベール
1993年 ウズベキスタンの旗 ジャモリディネ・アブドヤパロフ (2) イタリアの旗 アドリアーノ・バフィ スイスの旗 トニー・ロミンゲル
1992年 フランスの旗 ローラン・ジャラベール イタリアの旗 マリオ・チポリーニ ウズベキスタンの旗 ジャモリディネ・アブドヤパロフ
1991年 ウズベキスタンの旗 ジャモリディネ・アブドヤパロフ イタリアの旗 クラウディオ・キアプッチ ドイツの旗 ウーヴェ・ラープ
1990年 ドイツの旗 オラフ・ルードヴィッヒ イタリアの旗 ジャンニ・ブーニョ ドイツの旗 ウーヴェ・ラープ
1989年 アイルランドの旗 ショーン・ケリー (4) イタリアの旗 ジョバンニ・フィダンツァ イギリスの旗 マルコム・エリオット
1988年 ベルギーの旗 エディ・プランカールト オランダの旗 ヨハン・ファン・デル・フェルデ (3) アイルランドの旗 ショーン・ケリー (4)
1987年 オランダの旗 ジャンポール・ファンポッペル オランダの旗 ヨハン・ファン・デル・フェルデ (2) スペインの旗 アルフォンソ・グティエレス
1986年 ベルギーの旗 エリック・バンデレールデン イタリアの旗 ギド・ボンテンピ アイルランドの旗 ショーン・ケリー (3)
1985年 アイルランドの旗 ショーン・ケリー (3) オランダの旗 ヨハン・ファン・デル・フェルデ アイルランドの旗 ショーン・ケリー (2)
1984年 ベルギーの旗 フランク・ホスト スイスの旗 ウース・フローラー ベルギーの旗 ギド・バンカルステール
1983年 アイルランドの旗 ショーン・ケリー (2) イタリアの旗 ジュゼッペ・サローニ (4) イタリアの旗 マリノ・レハレタ
1982年 アイルランドの旗 ショーン・ケリー イタリアの旗 フランチェスコ・モゼール (4) スイスの旗 ステファン・ムッテル
1981年 ベルギーの旗 フレディ・マルテンス (3) イタリアの旗 ジュゼッペ・サローニ (3) スペインの旗 ヤビエル・セデナ
1980年 ベルギーの旗 ルディ・ペヴェナーフ イタリアの旗 ジュゼッペ・サローニ (2) アイルランドの旗 ショーン・ケリー
1979年 フランスの旗 ベルナール・イノー イタリアの旗 ジュゼッペ・サローニ ベルギーの旗 アルフォン・デヴォルフ
1978年 ベルギーの旗 フレディ・マルテンス (2) イタリアの旗 フランチェスコ・モゼール (3) ベルギーの旗 フレディ・バンデホート
1977年 フランスの旗 ジャック・エスクラサン イタリアの旗 フランチェスコ・モゼール (2) ベルギーの旗 フレディ・マルテンス
1976年 ベルギーの旗 フレディ・マルテンス イタリアの旗 フランチェスコ・モゼール ドイツの旗 ディートリッヒ・チューラオ
1975年 ベルギーの旗 リック・ファン・リンデン ベルギーの旗 ロジェ・デフラミンク (3) スペインの旗 ミゲル・マリア・ラサ
1974年 ベルギーの旗 パトリック・セルキュ ベルギーの旗 ロジェ・デフラミンク (2) スペインの旗 ドミンゴ・ペルレナ (2)
1973年 ベルギーの旗 ヘルマン・バンスプリンゲル ベルギーの旗 エディ・メルクス (2) ベルギーの旗 エディ・メルクス
1972年 ベルギーの旗 エディ・メルクス (3) ベルギーの旗 ロジェ・デフラミンク スペインの旗 ドミンゴ・ペルレナ
1971年 ベルギーの旗 エディ・メルクス (2) イタリアの旗 マリーノ・バッソ フランスの旗 シリル・ギマール
1970年 ベルギーの旗 ワルテル・ホデフロート イタリアの旗 フランコ・ビトッシ (2) ベルギーの旗 ギド・レイブローク
1969年 ベルギーの旗 エディ・メルクス イタリアの旗 フランコ・ビトッシ ベルギーの旗 レイモン・ステーフマン
1968年 イタリアの旗 フランコ・ビトッシ ベルギーの旗 エディ・メルクス オランダの旗 ヤン・ヤンセン
1967年 オランダの旗 ヤン・ヤンセン (3) イタリアの旗 ディーノ・ザンデグー オランダの旗 ヤン・ヤンセン
1966年 ベルギーの旗 ウィリー・プランカールト イタリアの旗 ジャンニ・モッタ オランダの旗 ヨー・バンデルローテン
1965年 オランダの旗 ヤン・ヤンセン (2) 1966年より実施 ベルギーの旗 リック・バンローイ
1964年 オランダの旗 ヤン・ヤンセン スペインの旗 ホセ・ペレスフランセ
1963年 ベルギーの旗 リック・バンローイ オランダの旗 バス・マリーパール
1962年 西ドイツの旗 ルディ・アルティヒ ドイツの旗 ルディ・アルティヒ
1961年 フランスの旗 アンドレ・ダリガード (2) スペインの旗 アントニオ・スアレス
1960年 フランスの旗 ジャン・グラチィク ベルギーの旗 アルテュル・デ・カボーテル
1959年 フランスの旗 アンドレ・ダリガード ベルギーの旗 リック・バンローイ
1958年 フランスの旗 ジャン・グラチィク イタリアの旗 サルバトール・ボテッラ
1957年 フランスの旗 ジャン・フォレスティエ イタリアの旗 ビンセント・イトゥラット
1956年 ベルギーの旗 スタン・オッカー (2) ベルギーの旗 リック・バンステーンベルヘン
1955年 ベルギーの旗 スタン・オッカー イタリアの旗 フィオレンツォ・マーニ
1954年 スイスの旗 フェルディ・キュプラー 1955年より実施
1953年 スイスの旗 フリッツ・シェーア
1952年 1953年より実施

関連項目[編集]

脚注[編集]