ステファノ・ガルゼッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファノ・ガルゼッリ
Stefano Garzelli
Cycling (road) pictogram.svg
Stefano Garzelli en el Giro de Italia 2007.jpg
個人情報
本名 Stefano Garzelli
ステファノ・ガルゼッリ
(ステファノ・ガルツェッリ)
生年月日 1973年7月16日(41歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
チーム情報
所属 ヴィーニ・ファンティーニ=セッレ・イタリア
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
1997–2000
2001–2002
2003–2004
2005–2006
2007–2012
2013–
メルカトーネ・ウノ
マペイ・クイックステップ
ヴィーニ・カルディローラ
リクイガス
アクア&サポーネ=カッフェ・モカンボ
ヴィーニ・ファンティーニ=セッレ・イタリア
主要レース勝利

ジロ・デ・イタリア

Jersey pink.svg総合優勝 (2000)
Jersey green.svg山岳賞 (2009、2011)
区間8勝
ツール・ド・スイス (1998)
ティレーノ〜アドリアティコ (2010)
最終更新日
2011年5月30日

ステファノ・ガルゼッリ(Stefano Garzelli、1973年7月16日- )は、イタリアヴァレーゼ出身の自転車競技ロードレース選手。

経歴[編集]

1996年[編集]

  • ピッコロ・ジロ・ディ・ロンバルディア優勝。

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

  • ジロにおいて、第2~第5ステージまでマリア・ローザを堅持したが、第9ステージ終了後にマペイチーム全体にドーピング疑惑が伝えられ、監督のジョルジョ・スクイツィが、利尿薬とプロベニシドの使用が発覚したという理由につき、ガルゼッリをレースから除外したことで一件落着させた。加えて同年5月21日、マペイはガルゼッリとの契約を打ち切った。

2003年[編集]

  • ヴィーニ・カルディローラ=サウニエル・ドゥバル(後のジェオックス・TMC)に移籍。
  • ジロでは第7ステージを制し、ジルベルト・シモーニに次いで総合2位に入った。

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

  • アクア&サポーネ=カッフェ・モカンボ(後のアクア & サポーネ)に移籍。
  • ジロ第14、16ステージを勝利(総合16位)。

2009年[編集]

2010年[編集]

  • ティレーノ〜アドリアティコ第6ステージ終了時点で、総合首位のミケーレ・スカルポーニに2秒差の総合2位につけ、最終第7ステージを迎えたが、残り40km及び20km地点に設けられたボーナスタイムを利してスカルポーニと同タイムゴールを果たし全区間を終了。そして全区間通じ、区間順位成績がスカルポーニよりも上回ったことから逆転で総合優勝を果たし[1]、加えて同レースのポイント賞も獲得。
  • ジロ・デ・イタリアでは、山岳タイムトライアルの第16ステージを制した。

2011年[編集]

2013年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ガルゼッリがタイム差ゼロで逆転の総合優勝!最終スプリントは若き天才ボアッソンが制す - CYCLINGTIME.com 2010年3月17日付記事

外部リンク[編集]