黄昏流星群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄昏流星群
ジャンル 恋愛漫画
漫画:黄昏流星群
作者 弘兼憲史
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックオリジナル
発売日 1995年11月20日
発表号 1995年22号 -
発表期間 1995年11月20日 -
巻数 既刊45巻(2013年8月現在)
テレビドラマ:黄昏流星群-恋をもう一度-
原作 弘兼憲史
演出 石橋冠
制作 NHK
放送局 NHK衛星第2テレビジョン
放送期間 1997年8月31日 - 1997年9月21日
話数 4
映画:Le Restaurant 星のレストラン
監督 富岡忠文
制作 日本ビクター
封切日 2002年
上映時間 99分
映画:同窓会集団
監督 山川元
制作 日本ビクター
封切日 2002年
上映時間 94分
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

黄昏流星群』(たそがれ・りゅうせいぐん)は、小学館発行の青年向け漫画雑誌ビッグコミックオリジナル」に連載している弘兼憲史の劇画である。1995年22号より連載開始。単行本は2013年8月現在45巻まで。

2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。

概要[編集]

同作品は主役を40代以降の中年・熟年・老年とし、恋愛を主軸に人生観などを描いた短編漫画集である。タイトルは、老いゆく過程で光り輝くという意味から。英題は『Like Shooting Stars in the Twilight』。従来、漫画は子供向けの物とされていたが、時代を経て、かつての子供も中年や熟年になり読者の一部を占めるまでになったものの、その読者層を主役をした作品が少ないとの考えから制作された。青年はもとより同世代の中高年にも広く愛読されている社会派漫画として知られている。ストーリーの話数は最大10話前後、最小2話の構成となっており、話数の関係で単行本に収録される話は(1集につき9話収録なので)雑誌掲載順とは異なっている。なお、サブタイトルには「星」や星に関する言葉を入れている。

テレビドラマ化作品[編集]

NHK版[編集]

1997年8月31日から9月21日まで毎週日曜日21:00 - 21:45(JST)にNHK-BS2で「黄昏流星群 -恋をもう一度-」がテレビドラマとして放送された(後に地上波でもNHK総合1998年2月14日2月21日の21:00 - 22:15に放送された)。「不惑の星」(第1集収録)が原作。

キャスト
スタッフ

関西テレビ版[編集]

関西テレビ制作、フジテレビ系列でスペシャルドラマが放送された。

第1弾:2011年2月20日(日曜日)16:05 - 17:20放映 スペシャルドラマ「黄昏流星群 〜C-46星雲〜」
CHAGE and ASKAの曲「C-46」をもとに書き下ろした「黄昏流星群 〜C-46星雲〜」(第39集収録)が原作。
キャスト
スタッフ
第2弾:2012年6月26日(火曜日)22:00 - 23:24放映 恋するオトナのドラマスペシャル『黄昏流星群〜星降るホテル〜
視聴率8.6%。
キャスト
スタッフ

映画化作品[編集]

2002年に原作2作品「星のレストラン」(第4集収録)と「同窓会星団」(第5集収録)が映画化された。

星のレストラン[編集]

キャスト
スタッフ

同窓会星団[編集]

キャスト
スタッフ

ラジオ番組[編集]

CMタイアップ[編集]

  • 2007年9月より、トヨタ・マークXジオとのコラボレーションにてCM展開された。
  • 当該CMのためのオリジナルストーリーとして「星空研究会」が創られ、ネットシネマ版オリジナルドラマの脚本も弘兼憲史自身が手がけた。

ネットシネマ版「星空研究会 in X-Seater」[編集]

キャスト
スタッフ
  • 脚本:弘兼憲史
  • 音楽:OASIS
  • 監督:中尾浩之
  • CG:ジーニーズアニメーションスタジオ
  • 製作プロダクション:P.I.C.S.

外部リンク[編集]