チロルの挽歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チロルの挽歌』(チロルのばんか)は、NHK総合テレビ1992年4月11日・18日に放送された山田太一脚本・高倉健主演のドラマ。第29回ギャラクシー賞奨励賞を受賞するなど高く評価された。

前編「再会」、後編「旅立ち」の2週連続(各回90分)で放送された。北海道芦別市(ドラマでは架空の納布加野敷市)が舞台。1991年の夏と1992年の冬に分けて撮影が行われた。高倉健のテレビドラマ出演は1977年以来。NHKドラマには初出演。

あらすじ[編集]

以前は炭鉱で賑わったが、相次ぐ閉山で現在は過疎に悩む北海道納布加野敷(ぬぷかのしけ)市。市長の山縣(河原崎長一郎)は、東京にある関東電鉄から資本参加を受けてテーマパーク「チロリアンワールド」の建設を進め、市の活気を取り戻そうとしていた。

関東電鉄の技術部長である立石(高倉健)は、チロリアンワールド建設・運営の責任者として、娘の亜紀(白島靖代)を東京に残して北海道に赴任する。その街には以前、立石が自殺を思いとどまらせた菊川(杉浦直樹)と駆け落ちして行方知らずだった、立石の妻・志津江(大原麗子)が菊川と衣料品店を経営して暮らしていた。

立石の赴任を知り、逃げ回る菊川。偶然顔をあわせたとき、立石は菊川に志津江を取り戻す意思があることを伝える。ますます立石の存在に耐えられなくなった菊川は立石に、この地から出て行ってほしいと頼み込む。志津江に未練を秘める立石は、3人で話し合うことを提案する。志津江も了承するが、事実上の「夫婦」として生活している二人の姿を見て、立石はチロリアンワールドの完成を見ずに職を辞して北海道を去ることを考え始める。

しかし、意図せず3者が顔をあわせることになった席で出された結論は、意外なものだった。

チロリアンワールドと妻への想いに揺れる立石。思いがけず再会した3人の悩みと新たな生活への模索、立石が赴任した理由、チロリアンワールド完成までの苦難と喜び、これらの話を軸に、爽やかな夏と厳しい冬の街に暮らす人々の人間模様と、時代の変わり目を迎えた街の姿を描く。

エピソード など[編集]

  • 後年発売された同作品DVDの山田太一へのインタビューによると、金子信雄の役は益田喜頓が演じる予定だったが、益田が急死したため急遽金子に出演を依頼、金子も出演を了承した。山田は「喜頓さんに演じてもらえなかったのは心残りだが、金子さんも十二分に演じてくれた」と話している。
  • 撮影舞台となった北海道芦別市は、撮影に全面的に協力し、市内各所でロケが行われた。
  • 芦別市に建設された「カナディアンワールド」(現・カナディアンワールド公園)が「チロリアンワールド」のモデルになっている。
    • ドラマのストーリーと同施設の関係はないが、炭鉱閉山による地域活性策として建設された経緯は同じである。

主な登場人物と配役[編集]

  • 立石実郎高倉健
    関東電鉄の技術部長であったが、「ある思い」を秘めて北海道に単身赴任する。「仕事ひとすじ」で家庭を顧みないが、優しい心の持ち主。駆け落ちした妻・志津江との離婚は成立していない。
  • 立石志津江大原麗子
    立石の妻。無口で無愛想な夫に不満を抱き、菊川と駆け落ちする。たどりついた納布加野敷の街で菊川と衣料品店を営む。立石の赴任を知り、店を閉めて街から逃げようと言う菊川の提案を拒否して、立石と話し合うべきと主張する。当初は、立石が自分たちがこの街にいることを知り赴任してきたと思っていた。
  • 菊川隆彦杉浦直樹
    大手ゼネコンの資材部長を務めていたが、会社の汚職事件の罪をかぶる形で逮捕され、服役したことで家族が自殺、自らも自殺を図るが、居合わせた立石に止められる。立石宅を訪れるうちに志津江と恋仲になる。
  • 山縣元夫河原崎長一郎
    納布加野敷市長。チロリアンワールド建設を推進する。当初は口数が少なくサービス業向きではない立石の赴任を訝る。単純でおっちょこちょいな性格ながら人情家。立石らの事情を知ると憤慨、立石が本意に背き、職を辞して街から去ることがないように、志津江や菊川を交えた話し合いの場を勝手に設定する。
  • 種村西岡徳馬
    市役所地域振興課長。市長と立石のパイプ役。市側の事実上の責任者で、市長や立石の信頼も厚い。市長と同様に、当初は立石の赴任を訝っていたが、立石の赴任した経緯や関東電鉄側のプロジェクトに対する意図を立石から聞き出す。
  • 橘久雄金子信雄
    「橘カメラ店」の店主。納布加野敷の商店会長で地域の顔的存在。占いが趣味。立石に、用地買収を拒み続ける半田の家を訪れるように勧める。
  • 半田厳岡田英次
    「半田牧場」を経営。牧場敷地の一部がチロリアンワールド建設用地となっており、市の再三の買収要請を頑なに断る。単身で半田の家を訪問した立石と、殴り合いのケンカをする。頑固者だが面倒見の良い一面もある。
  • 室津喜八佐野浅夫
    志津江の父。娘の行動に怒り、立石に対して申し訳なく思っている。榎本から立石の様子を聞き、納布加野敷を訪ねたところ、志津江がいることを知る。志津江の家に、駆け落ちを諭す書き置きを残して帰京する。
  • 榎本芦川誠
    市役所地域振興課職員で種村の部下。立石の赴任当初、身の回りの世話を担当する。明るい性格だが口が軽くおしゃべり。
  • 半田真介田中義剛
    厳の息子で両親・妻と半田牧場で働く。牧場経営が苦しい中で、用地買収に応じようとしない厳に反発。厳が市役所を訪れているときに、母と妻と共に市役所に用地買収交渉開始の申し出に来る。
  • 立石亜紀白島靖代
    立石の娘で短大生。夏休みに予告なく父を訪れるが、そこでの状況を知り愕然とする。
  • 半田直子菅井きん
    厳の妻。厳が家庭で威張っていることを嫌悪する。
  • 建設現場社員(阿部寛
  • 衣料品店の客(青木和代

スタッフ[編集]