池上季実子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いけがみ きみこ
池上 季実子
本名 臼井 季実子 (うすい きみこ)
生年月日 1959年1月16日(55歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークマンハッタン
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1974年 - 現在
活動内容 1974年:ドラマデビュー
主な作品
テレビドラマ
愛と誠
おんな太閤記
徳川家康
映画
陽暉楼
華の乱
備考
身長:157cm、体重:44kg、スリーサイズ:B81/W54/H83

池上 季実子(いけがみ きみこ、1959年1月16日 - )は、日本女優オスカープロモーション所属。

略歴[編集]

ニューヨークマンハッタン区で出生、3歳の時に帰国し幼少期を京都で過ごす。ノートルダム女学院中学校・高等学校玉川学園高等部→堀越高等学校卒業。血液型O型

祖父は歌舞伎役者八代目坂東三津五郎。叔父に九代目坂東三津五郎従兄には十代目坂東三津五郎がおり、十代目三津五郎の薦めで女優の道へと進み、1974年にテレビドラマデビュー。ドラマ「愛と誠」への出演で知名度が上昇、以後数々のドラマ・映画に出演。

1977年に堀越学園高校を卒業。同窓生には岡田奈々森昌子岩崎宏美らがいた。

大河ドラマの『草燃える』を皮切りに、1980年代には『おんな太閤記』『徳川家康』『武田信玄』などのヒロイン役(もしくはそれに準じる役柄)で出演して、前3作では狂気を帯びた破滅的なキャラクターを演じた。

映画では、1984年の『陽暉楼』で第7回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を、1989年の『華の乱』で第12回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞をそれぞれ受賞した。

1985年結婚。当時、できちゃった婚と言われていたが、実際は報道以前に既に籍を入れており、それからの妊娠だった。入籍発表をしていなかった理由はそれ以前のマスコミによる嘘の交際報道により深く傷つき、マスコミ不信になっていたからだとTV番組で告白。妊娠がマスコミにばれた為、会見を開いたところ、できちゃった婚として世間に広まった。娘を出産したが、夫とは後に離婚した。

1990年代に入ってからは、2時間ドラマで主演を務めてきた。

2010年1月1日付けでオスカープロモーションへ移籍。

エピソード[編集]

  • 映画『HOUSE』でヌードを披露している。当時の特集記事によると、「今迄のイメージを変えたかったから」と大林の要請を快諾したとの事。
  • フジテレビ系列『森田一義アワー 笑っていいとも!』で「池上季実子ゲーム」という早口言葉コーナーがかつてあった。
  • 石田純一が20代前半のエキストラ時代、堂々と池上をナンパした。しかし池上は「私は主演女優よ!」とキッパリと断ったという[1]
  • 日本テレビ系列『久米宏のTVスクランブル』で既婚女性対象に「浮気相手になったら亭主を奪われそうな芸能人は誰か」というアンケートを行った際に1位になった。このときキャスターは「シャレのつもりでやったら、皆さん、真剣に答えるようになって、こうなっちゃった」と語った。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
  • 影の軍団IV さつき役
  • 二重生活(金曜女のドラマスペシャル)主演
1986年
  • 見返り美人を消せ(金曜女のドラマスペシャル)主演
  • 男女7人夏物語(TBS、浅倉千明役)
  • 死を運んだ宅配便(火曜サスペンス劇場)主演
  • 夫を殺された二人の女(火曜サスペンス劇場)主演(五周年記念作品)
  • 白虎隊 神保雪子 役
  • 松本清張サスペンス 隠花の飾り百円硬貨」(KTV)主演
  • 山村美紗サスペンス 矢村麻沙子シリーズ「ガラスの棺」(CX)主演
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
  • TBS大型時代劇スペシャル「武田信玄定恵院
  • 女医の殺人(火曜サスペンス劇場) 主演
  • 当世お墓事情(東芝日曜劇場 第1777回)主演
  • 松本清張作家活動40周年企画 「波の塔」(金曜ドラマシアター主演 結城頼子 役
  • 下町女の事件簿 浅草雷門殺人事件(金曜ドラマシアター、9月20日主演
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
  • 元日特別企画「竜馬がゆく」(TBS)お登勢役
  • 「化粧の裏側」(月曜ドラマスペシャル)主演
1998年
1999年
2000年
  • ミステリー作家桜田桃子の冒険(1)(月曜ドラマスペシャル)主演
2001年
2002年
  • 京都迷宮案内(4) 第3話
  • 探偵 左文字進(5) 三人目の女(2002年)明菜役
  • ミステリー作家桜田桃子の冒険(2)(月曜ドラマスペシャル)主演
  • 罠の二重誘拐(土曜ワイド劇場)主演
  • 月曜ミステリー劇場「湯の町コンサルタント」シリーズ(2002年-)松城陽子 役
2003年
2004年
  • 忠臣蔵 第5・6話(テレビ朝日) 浮橋太夫 役
  • こちら本池上署(3) 第6話・結婚サギ師
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

舞台[編集]

  • 「おんな太閤記」より 旦那さま大事(1987年、明治座)橋田壽賀子/作 石井ふく子/演出
  • 愛さずにはいられない(2008年、新宿コマ劇場
  • 大川わたり(2008年、2009年10月)

バラエティー・教養番組[編集]

他多数

CM[編集]

作品[編集]

レコード[編集]

  1. あなたなら (1975年7月21日発売、CBSソニー)[2] 作詞:松本隆/作曲:川口真/編曲:川口真
    (c/w)やさしさ下さい 作詞:松本隆/作曲:川口真/編曲:川口真
  2. 夢ごこち (1976年5月21日発売、CBSソニー) 作詞:中里綴/作曲:川口真/編曲:馬飼野康二
    (c/w)お変りないですか 作詞:中里綴/作曲:川口真/編曲:川口真
  3. 流されて(1984年6月1日発売、『鬼龍院花子の生涯』主題歌、ビクターSV-7402、廃盤)[3]作詞:なかにし礼 作曲:筒美京平 編曲:奥慶一
    (c/w)2.幸福の階段 作詞:なかにし礼/作曲:筒美京平/編曲:奥慶一

写真集[編集]

著書[編集]

受賞歴[編集]

  • エランドール 新人賞(1975年)
  • 日本映画プロデューサー協会(1975年)
  • 熊本映画祭 新人賞(1975年)
  • 第7回日本アカデミー賞 主演女優賞「陽暉楼」(1984年)
  • 第12回日本アカデミー賞 助演女優賞「華の乱」(1989年)
  • 日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門(1990年)
  • 第1回E-ライン・ビューティフル大賞(1995年)
  • ネイルクイーン2001 協会特別賞(2001年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年10月28日笑っていいとも!』内のコーナー「関係者事情聴取 犯人は誰だ!?」より
  2. ^ このデビューシングルは、2007年現在オムニバスCD「アーリー70'sフィメイル・アイドル・コレクションvol.2」に収録されている。
  3. ^ CDへの再収録は2011年現在も行われていない。

外部リンク[編集]