市原悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いちはら えつこ
市原 悦子
市原 悦子
本名 塩見 悦子
しおみ えつこ
生年月日 1936年1月24日(78歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市
身長 160cm
血液型 A型
職業 女優声優
ジャンル 舞台
テレビドラマ
映画
テレビアニメ
活動期間 1957年 -
活動内容 1957年:俳優座養成所入所
配偶者 塩見哲(1961年 - 2014年)[1]
主な作品
まんが日本昔ばなし』/『家政婦は見た!シリーズ』
おばさんデカ 桜乙女の事件帖』/『秀吉

市原 悦子(いちはら えつこ、本名:塩見 悦子、1936年1月24日 - )は、女優声優。ワンダー・プロ所属。身長160cm、体重53kg。千葉県千葉市出身。千葉市立末広中学校千葉県立千葉高等学校卒業。夫は舞台演出家の塩見哲

来歴・人物[編集]

高校時代から演劇部で活動。高校卒業後、俳優座養成所へと進む。同期にはジェームス三木大山のぶ代らがいる。1957年に俳優座に入団、『りこうなお嫁さん』でデビューする。同年に新劇新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。さらに1963年には新劇演劇賞、1964年ゴールデン・アロー賞新人賞に輝いて、新劇女優として高い評価を受ける。

1971年に俳優座を退団し、1972年に番衆プロを設立する。舞台のみならず、テレビドラマや映画など、多方面で活躍。中でも1975年に始まったテレビアニメまんが日本昔ばなし』では、全ての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。2005年からゴールデンタイムで再放送された。

1983年からは『家政婦は見た!』で四半世紀以上も主役を務め、高視聴率を誇る最大の当たり役となった。1990年には『黒い雨』の演技で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、役者としての地位を確立した。さらに『おばさんデカ 桜乙女の事件帖』『弁護士・高見沢響子』などでの2時間ドラマの主演で人気を不動のものにした。

また、その演技力の高さから俳優座が生んだ三大新劇女優の1人と称されている(あとの2人は岩崎加根子渡辺美佐子)。

2011年、福島第一原発事故に関連して「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」(2011年7月2日東京)呼びかけ人を務める[2](他に湯川れい子根岸季衣など)。

2012年、翌年1月に公開予定の映画『東京家族』をS状結腸腫瘍手術のため、クランクイン前に降板した[3]。代役は吉行和子になった。

2003年4月頃から眼鏡を着用している。

志穂美悦子旧姓と市原の本名同姓同名である。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

BS-TBS

  • 開局10周年記念ドラマ・松本清張特別企画「一年半待て」(2010年12月) - 高森たき子 役 ※日本テレビ版(1976年)にも出演

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

映画[編集]

舞台[編集]

  • ゴダイゴ・ライブ(2007) - 女王 役

テレビアニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • ねねしな灯台(TBS系テレビ愛の劇場『わが母は聖母なりき』主題歌)
  • 母さんは青い空(『お待ちどおさま』主題歌)
  • きっと倖せ(『家政婦は見た!』より)
  • 見返り美人(『家政婦は見た!』より)

脚注[編集]

  1. ^ 市原悦子ショック…夫で演出家の塩見哲さん死去、女性自身報じる サンスポ 2014年6月24日
  2. ^ 「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」
  3. ^ 市原悦子が腸腫瘍手術のため緊急降板 芸能ニュースラウンジ 2012年2月4日

外部リンク[編集]