阿木燿子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿木 燿子
基本情報
出生名 福田 広子
出生 1945年5月1日(69歳)
出身地 日本の旗 日本長野県長野市
学歴 明治大学文学部卒業[注釈 1]
ジャンル 歌謡曲
J-POP
職業 作詞家
活動期間 1969年 -
共同作業者 宇崎竜童
公式サイト 阿木燿子オフィシャルWEBサイト

阿木 燿子(あき ようこ、1945年5月1日 - )は、日本作詞家女優小説家エッセイスト。本名は木村 広子(旧姓は福田)。長野県長野市出身[2]明治大学文学部卒業[注釈 1]。夫はミュージシャン俳優宇崎竜童2006年11月3日紫綬褒章受章。

人物・来歴[編集]

捜真女学校の小・中・高[3]を卒業後の1964年明治大学文学部史学地理学科[4]に入学し、軽音楽クラブに入部。そこで、後に夫となる同学年の宇崎竜童(法学部)と出会う[1]

作詞家としてのキャリアスタートは、1969年グループサウンズのジュリーとバロンのデビュー曲「ブルー・ロンサム・ドリーム」(作曲は宇崎竜童)。1971年12月に宇崎と結婚[4]。宇崎竜童が率いるダウン・タウン・ブギウギ・バンドに書いた「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」は、1975年の大ヒット曲になった。

その後、多くは宇崎が作曲し阿木が作詞するというコンビで、多数のヒット曲を世に出す。特に山口百恵の全盛期から引退までのヒット曲の多くは、このコンビによるものである。

また、女優としてドラマや映画にも出演。出演作は多くはないが、大胆な濡れ場も演じて熟れた肉体を披露、独特のスローなテンポと相まって大人の女性を演じて見せた。また作家としても多数の著書があるなど、多才ぶりを発揮。

フラメンコにも挑戦し、「FLAMENCO曽根崎心中」(2001年度文化庁芸術祭舞踊部門・優秀賞)の公演プロデュースなどの活動がある[5]

2006年には、映画『TANNKA 短歌』で、初脚本・初監督を務める[6]

エピソード[編集]

  • 元来の美貌・スタイルのよさ・内面性から、カネボウ化粧品の専属契約を永年続けていた。
  • かつて美容関連の単行本のインタビューで「(美容の秘訣として)1日に2リットルの冷たい水を飲むこと(特に起床時は必ず少量でも飲む)と、数十種類の野菜を食べること」と語った。「外食時も、野菜の副菜・一品ものをメインの料理とは別に注文し、テーブルが一杯になったことも多々ある」「よくよく調べたら、ある一日あたり50~60種の野菜を採っていたということもザラだ」とも告白。
  • 大学の同期で音楽サークルの同窓だった宇崎とは、永年のおしどり夫婦で知られる[7]。また阿木は大の酒好きなのに対して、宇崎は一滴も酒を飲まないことも知られる。
  • 漫画家の石ノ森章太郎とは飲み友達で、その縁から『仮面ライダーBLACK』等の石ノ森が原作を手がける特撮作品の主題歌を担当する事になり、以後も特撮ヒーロー作品を手がける。
  • 阿木は、「新タワー名称検討委員会」の委員10名[8]のうちの一人に任命された。そして、一般公募で寄せられた計1万8606件(1万7429件という説も)の名称案をふるいにかける2008年3月の委員会の場では、数件に過ぎなかった東京スカイツリーをピックアップした。『ジャックと豆の木を連想した』というように熱弁を振るって推したこともあり、阿木の意見が通り、その名称案は、「新タワーネーミング全国投票」にノミネートされる6つの最終候補に残ることとなった[9]

賞詞[編集]

作詞関連
その他
  • 紫綬褒章(2006年11月3日受章)
  • 明治大学特別功労賞(2008年10月19日受賞)

作詞[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

  • 真璃子
    • 不良少女にもなれなくて
  • MIE
    • ブラームスはロックがお好き
    • モア・モア
  • 水谷豊
  • 三田寛子
    • 駈けてきた処女(おとめ)(作曲:井上陽水
    • 夏の雫(作曲:井上陽水、編曲:坂本龍一
    • ふたりぽっち物語(作曲:井上陽水、編曲:坂本龍一)
    • ひとりぽっちの卒業式
    • カサノヴァ・サンバ
    • 野菊いちりん(作曲:村下孝蔵
    • 秋麗(あきうらら)
    • 16カラットの瞳(アルバム『16カラットの瞳』)
    • ストロベリー・バースデイ(アルバム『16カラットの瞳』)
    • 恋の入口(アルバム『16カラットの瞳』)
    • 秋風メランコリー(アルバム『メランコリー・カラー』)
    • コスモスは知らない(アルバム『メランコリー・カラー』)
    • 五月雨デイト(アルバム『メランコリー・カラー』)
    • 待ちびと(作曲:岸田智史)(アルバム『夢路』)
    • かんにん(作曲:岸田智史)(アルバム『夢路』)
    • 夢路(作曲:村下孝蔵)(アルバム『夢路』)
  • 三田村邦彦
  • 南こうせつ
  • 南翔子
    • 殿方ごめん遊ばせ(『うる星やつら』オープニング曲/第189話~218話)
    • Good Luck ~永遠より愛をこめて(『うる星やつら』エンディング曲/第189話~218話)

や行以降[編集]

特撮・アニメ[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

書籍[編集]

  • 蘭・乱・らん
  • ベッドの軋み
  • ちょっとだけ堕天使
  • 赤い靴伝説 横浜物語
  • 愛とやすらぎの言葉 読むリラクゼーション
  • 大人になっても忘れたくないこと わたし歳時記
  • 花なら桜 わたし歳時記
  • 棘のあるシーツ
  • 指輪の重さ
  • まぁーるく生きて
  • プレイバックPart3
  • 十六夜小夜曲

書評・解説[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ a b 中途退学していたが、2008年7月に明治大学より特別卒業認定証を授与された[1]
出典
  1. ^ a b 宇崎竜童・阿木燿子夫妻に特別功労賞 長年にわたる音楽・演劇界での活躍を顕彰 - 明治大学広報第600号(2008年10月1日発行)
  2. ^ 公式サイトのプロフィールでは横浜市出身となっている。
  3. ^ 阿木燿子さん”. きらりすと. TBS (2001年1月3日). 2012年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。
  4. ^ a b c 著述業 【阿木燿子】 - JLogos 日外アソシエーツ「テレビ・タレント人名事典」
  5. ^ プロフィール - 阿木燿子公式WEBサイト
  6. ^ 俵万智原作「トリアングル」の映画化!阿木燿子初監督映画『TANNKA 短歌』製作発表記者会見! - CINEMA TOPICS ONLINE
  7. ^ 「時代を駆ける:宇崎竜童:RYUDO UZAKI (7)」 『毎日新聞』 2009年12月15日、12版、9面。
  8. ^ 阿木以外の9名は、青山佾(やすし)、飯島一暢、飯田朝子、五十嵐意承、澄川喜一、竹内誠、戸恒浩人、中野恒明、山﨑昇。 (17,429 件の新タワー名称案のご応募をいただきました。(PDF)
  9. ^ 「天まで届け」(中) - 『読売新聞夕刊』 2012年4月20日、17面
  10. ^ 宇崎竜童夫妻が宝塚退団の壮一帆ら激励(日刊スポーツ、2014年6月2日)

外部リンク[編集]