市原隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いちはら はやと
市原 隼人
生年月日 1987年2月6日(28歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 171 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1999年 -
配偶者 向山志穗(2014年 - )
主な作品
映画
リリイ・シュシュのすべて』(2001年)
偶然にも最悪な少年』(2003年)
チェケラッチョ!!』(2006年)
虹の女神』(2006年)
ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(2008年)
ROOKIES -卒業-』(2009年)
猿ロック THE MOVIE』(2010年)
ボックス!』(2010年)
DOG×POLICE 純白の絆』(2011年)
テレビドラマ
ヤンキー母校に帰る』(2003年)
WATER BOYS2』(2004年)
あいくるしい』(2005年)
ROOKIES』(2008年)
ワイルドライフ〜国境なき獣医師団R.E.D.〜』(2008年)
猿ロック』(2009年)
ランナウェイ〜愛する君のために』(2011年)
陽だまりの樹』(2012年)
カラマーゾフの兄弟』(2013年)

市原 隼人(いちはら はやと、1987年2月6日 - )は、日本俳優。愛称は、イッチー

神奈川県出身。スターダストプロモーション所属。

略歴[編集]

小学校5年生の時に渋谷でスカウトされ、現事務所に所属。最初の仕事は日清食品「スパ王」のCMで、たらこ役。

2001年、映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演。

2003年竹野内豊主演の『ヤンキー母校に帰る』にて物語の最重要生徒を演じる。

2004年、『WATER BOYS2』で連続ドラマ初主演。同年、主演映画『偶然にも最悪な少年』カネシロヒデノリ役で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。

2008年、『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』・『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』・『神様のパズル』の3本の主演映画が公開された。同年4月、3年ぶりに出演した連続ドラマ『ROOKIES』で安仁屋恵壹役を演じる。役作りのために髪を「ロン毛」にしていた。この作品は同年10月にはスペシャル版ドラマが放映され、翌2009年5月には映画化作品が公開、好調なスタートを切った[2]

同年11月、『ROOKIES』での演技により、第58回「ザテレビジョンドラマアカデミー賞:最優秀助演男優賞」を受賞。次点者の3倍近い得票数を得ての初受賞となった[3]

2009年、日本テレビ系列の連続ドラマ『猿ロック』で主役・猿丸耶太郎役を演じる。役作りのため髪に銀色のスプレーをかけた。

2015年、舞台『最後のサムライ』で舞台初主演を務める[4]

人物[編集]

ファッションに凝っており、『仔犬のワルツ』では監督に頼み一部私服で出演、『あいくるしい』でも自分で髪をセットしている。雑誌などで度々私服としてB系ファッションを披露する。

2009年5月14日に発売した写真集『HigH LifE』では自身の作詞による楽曲「LIFE」と「暖簾」を収録したDVDを付属させる。また「隼人」名義での歌手デビューも発表された[5]

2013年、モデルの向山志穂との交際が報じられる。2014年9月21日、向山志穂と結婚[6]。11月、長女が誕生[7]

主な出演作品[編集]

太字は主演作品。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

配信ドラマ[編集]

  • ハング(2014年9月20日 - 全4話 - BeeTV)津原英太 役[9]

OV[編集]

  • 呪怨2(2000年) - 直輝 役


舞台[編集]

ドキュメンタリー[編集]

CM[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本タレント名鑑
  2. ^ ルーキーズ:2日間で約100万人動員 「花男」超え、90億円超も狙える滑り出し。(まんたんウェブ:毎日新聞)”. 2009年6月1日閲覧。
  3. ^ 第58回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 最優秀助演男優賞”. 2009年11月8日閲覧。
  4. ^ “市原隼人初主演舞台『最後のサムライ』が上演決定”. シアターガイド. (2014年11月12日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/12_03.php 2014年11月13日閲覧。 
  5. ^ “市原隼人、自身作詞のラップで歌手デビュー”. オリコン. (2009年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/music/65020/ 2011年2月9日閲覧。 
  6. ^ 市原隼人、向山志穂と結婚 21日に婚姻届提出、妊娠7か月”. 2014年9月23日閲覧。
  7. ^ 市原隼人に女児 向山志穂ともに健康”. デイリースポーツ online (2014年11月26日). 2015年5月4日閲覧。
  8. ^ BATON in 開国博Y150
  9. ^ “市原隼人主演で誉田哲也原作「ハング」をドラマ化!dビデオで独占配信決定”. YAHOO ! JAPAN 映画. (2014年9 月12日). http://movies.yahoo.co.jp/news/市原隼人主演で誉田哲也原作「ハング」をドラマ化!dビデオで独占配信決定/20140912-00000002-eiga/ 2014年9月21日閲覧。 
  10. ^ a b c 映画版『ROOKIES -卒業-』とのコラボCM。
  11. ^ 市原隼人、男の色気たっぷり!圧巻の肉体美を披露”. シネマトゥデイ (2015年5月15日). 2015年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]