第52回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第52回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 19:30 - 23:45(255分)
放送期間 2001年平成13年)12月31日NHK紅白歌合戦第52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 三宅民夫アナウンサー(総合司会)
有働由美子アナウンサー(紅組司会)
阿部渉アナウンサー(白組司会)他
音声 ステレオ放送
(デジタル放送は5.1chサラウンドステレオ)
字幕 リアルタイム字幕放送
データ放送 データ放送実施
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第52回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 2001年平成13年)12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第52回NHK紅白歌合戦』(だいごじゅうにかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、2001年平成13年)12月31日NHKホールで行われた、通算52回目のNHK紅白歌合戦。19時30分 - 21時25分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 21世紀最初の紅白は、世界初、生娯楽番組でのリアルタイム字幕放送として放送。
  • 当時NHK会長だった海老沢勝二の「NHK色を強めたい」との強い意向により、今回から2004年平成16年)・第55回まで同局アナウンサーで司会陣が固められた。今回は両軍司会を有働由美子前回は審査員リポート)・阿部渉(前回はラジオ実況)、総合司会を三宅民夫が務めた。また、司会が全員、同局のアナウンサーとなったのは1956年昭和31年)・第7回以来45年ぶりである。
  • 司会者が正式発表される前から、各種メディアにより組司会について様々な候補が挙げられていた。この年上期の連続テレビ小説ちゅらさん』のヒロインで『思い出のメロディー』の司会も務めた国仲涼子ほか、同じく『ちゅらさん』に出演し過去に白組司会経験のある堺正章を予想する記事が登場したり、この年モーニング娘。を卒業した中澤裕子(『日刊スポーツ』)、翌年の大河ドラマ利家とまつ〜加賀百万石物語〜』で共演する松嶋菜々子唐沢寿明(『スポーツニッポン』)、当時『ポップジャム』の司会を務めていたKinKi Kids堂本光一(『サンケイスポーツ』)といった芸能人の名前を挙げていた。一方、光一の白組司会予想をした『サンケイスポーツ』は紅組司会の予想に関して、実際に選出された有働を挙げていた。なお、前回まで3年連続で紅組司会を務めた久保純子(当時NHKアナウンサー)はこの時産休中であった。
  • 総合司会については、前回まで6年連続で務めた宮本隆治(当時NHKアナウンサー)から後輩の三宅に交代となった。宮本の降板に関して、「アドリブが利かない」「要するに下手」なことなどが原因と当時週刊誌で報じられた。後に『ゲンダイネット』(2007年2月5日付)は「(宮本が行っていた)講演会や結婚式の司会など過ぎた“副業”が問題視されたため」との芸能記者の話を掲載した。
  • 今回の司会発表会見はNHK放送センターNHK大阪放送局を中継で繋ぐ異例のスタイルとなった(有働が大阪局で番組収録を行っていたため)。有働は「久保ちゃんの産休代理です。NHKも思い切ったことやるなぁ」と笑いを誘った[1]。また有働は大阪の女性達から「紅白司会者、決まったなぁ」「でもなぁ、綺麗じゃないアナウンサーが司会なんて、初めてとちゃうか?」「でもええわ。わてらでもできるって人で良かったわぁ」との話を聞かされたという[2]
  • 審査員として長嶋茂雄イチローらに出演を打診したが、スケジュールの都合で辞退した[3]
  • Kiroroは『ちゅらさん』の主題歌だった「Best Friend」を歌唱した。
  • 安室奈美恵の「say the word」歌唱時、歌詞を間違えるハプニングが発生した。
  • 小林幸子は前回「豪華衣装で出演するのは最後」との発言をしていたが、今回も『Flower of dream』と題した豪華衣装を披露した。大型舞台装置を止めて人力に替えたというのが真相であった。なお、翌年には大型舞台装置も復活してしまっている(和田アキ子は紅白の出場歌手が発表される以前から衣装を制作している小林に否定的な考えを持っており、この件がきっかけで2人の間に確執が生じた[4])。
  • ザ・ドリフターズが、この年の『第33回思い出のメロディー』に続き出場。歌唱時の衣装は、TBS系列で放送されていた『8時だョ!全員集合』のオープニングで有名な揃いの着物にタスキ・鉢巻だった。また、『8時だョ!全員集合』(実際には「8時4分過ぎだョ!全員集合」であった)コールを行った。2004年(平成16年)にいかりや長介が死去したこともあり、ドリフにとって正式な出場歌手としては最初で最後の紅白出場。
  • 氷川きよしの応援には前回に引き続きビートたけし志村けんが時代劇の悪党の格好で登場した。
  • 前半の演歌対決で歌手席が1989年(平成元年)・第40回以来12年ぶりに復活した。
  • 森昌子が、当時夫であった森進一2005年4月に離婚)にエスコートされて、久々の紅白のステージに登場した。昌子自身の往年のヒット曲メドレー(「せんせい」、「哀しみ本線日本海」、「越冬つばめ」)を歌唱し、大きな歓声に包まれた。
  • 人気アンケートで上位にランクインしたキム・ヨンジャが復帰出場し、過去に発売中止になったこともある「イムジン河」を、翌年の2002 FIFAワールドカップにちなんで歌った。曲目発表時ではキムが「トリ内定」との推測も流れた。歌手別視聴率では、実際の紅組トリである和田アキ子を抑えて紅組2位を記録[5]
  • 堀内孝雄は同じ大阪府出身で親友であり、この年亡くなった河島英五の代表曲「酒と泪と男と女」を本人の映像と一緒に歌った(なお、河島本人は紅白に1回出場〈1991年第42回〉したが、同曲は歌唱していない[6])。客席で観覧していた河島の息子からは「堀内さん、ありがとう!」の大きな声が上がると、堀内は男泣きしながら「龍馬には逢えたか。もう何も言うまい…さらば、英五」等と言い残し、涙の熱唱となる。堀内の歌唱終了後、白組司会の阿部渉がもらい泣きする場面があった。
  • ゴスペラーズ郷ひろみのバックコーラスとしても歌い、事実上2曲歌ったことになった。「この世界のどこかに」をゴスペラーズが楽曲提供し、実際にコーラス参加していたため。また、郷は本紅白出場を最後に2005年(平成17年)まで活動休止となった。
  • 正規の出場歌手ではなく、特別ゲストとして木村弓が出演(木村については、正式出場歌手としての出演もマスコミ報道で取り沙汰された)し、アニメ映画千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」を歌った。また、ハムちゃんずミニハムず(の着ぐるみ)が登場し、モーニング娘。とともにに「ハム太郎とっとこうた」を歌った。
  • 紅組トリは和田アキ子の「」。この「夢」のテロップは他歌手の歌唱曲のものとは異なっていた。
  • 白組トリおよび大トリはこの年デビュー40周年を迎えた北島三郎の「」。北島は歌唱後、土下座を行った。
  • 優勝は白組。優勝旗を貰った阿部は号泣した。一方、有働は紅組歌手に励ましを受け「来年頑張りましょうね」と述べた。後に有働は「最初は曲紹介をやり遂げられればいいと思っていたが、負けた瞬間『悔しい!』という気持ちになった」と今回のことを振り返っている(後年の紅白特別番組出演時の本人談)。
  • 名前表示は以前丸ゴシック体ナール)であったが、今回は司会・審査員・ゲスト及びポップス系の歌手は角ゴシック体、演歌系の歌手は楷書体という風に分けられていた。これは2003年(平成15年)・第54回まで続いた。
  • 歌手別の最高視聴率(ビデオリサーチ社調べ)は関東地区ではCHEMISTRY氷川きよしの52.4%、関西地区では吉幾三の56.6%[7]
  • キャイ~ンが応援ゲストとして出演しており、ウド鈴木が有働に扮装して登場する場面があった。その際、天野ひろゆきは有働に「有働さんも変装はお得意だとお聞きしておりますが」と言った[8]

司会者[編集]

メイン演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 板谷駿一・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
第1部
松浦亜弥(初) LOVE涙色 えなりかずき(初) おいらに惚れちゃ怪我するぜ!
ZONE(初) secret base
〜君がくれたもの〜
DA PUMP(4) CORAZON
原田悠里(3) 三年ぶりの人だから 山川豊(9) 泣かないで
MAX(5) Feel so right 河村隆一(2) ジュリア
藤あや子(10) ふたりの絆 山本譲二(10) しあわせの青い鳥
八代亜紀(23) これからがある 鳥羽一郎(14) 志摩半島
Every Little Thing(5) fragile TOKIO(8) メッセージ
中村美律子(9) 港町情話 前川清(11) 大阪
香西かおり(10) 楽しい人が好き 細川たかし(27) 北の五番街
モーニング娘。(4) Mr.Moonlight
〜愛こそが
ザ☆ピ〜ス!
吉幾三(16) 出逢いの唄
長山洋子(8) 遠野物語 西城秀樹(18) Jasmine
伍代夏子(12) 九十九坂 布施明(18) ア・カペラ
小柳ゆき(2) remain〜心の鍵 加山雄三(16) 旅人よ
第2部
浜崎あゆみ(3) Dearest ゴスペラーズ(初) ひとり
小林幸子(23) 夢の涯て〜子午線の夢〜 Gackt(初) ANOTHER WORLD
Kiroro(3) Best Friend ウルフルズ(2)・
Re:Japan(初)
明日があるさ
新世紀スペシャル
島津亜矢(初) 感謝状〜母へのメッセージ〜 氷川きよし(2) 大井追っかけ音次郎
安室奈美恵(7) Say the word 郷ひろみ(22) この世界のどこかに
松田聖子(15) 瑠璃色の地球2001 ザ・ドリフターズ(初) ドリフのほんとにほんとに
ご苦労さんスペシャル[9]
坂本冬美(14) 凛として 森進一(34) それは恋
由紀さおり安田祥子(10) 花〜すべての人の心に花を〜 CHEMISTRY(初) You Go Your Way
キム・ヨンジャ(3) イムジン河 谷村新司(14) 陽はまた昇る
森昌子(14) 森昌子メモリアルスペシャル[10] 美川憲一(18) 恋女
石川さゆり(24) 涙つづり 堀内孝雄(13) 酒と泪と男と女
川中美幸(14) 大河の流れ さだまさし(13) きみを忘れない〜タイムカプセル〜
天童よしみ(6) 春が来た 五木ひろし(31) 逢いたかったぜ
和田アキ子(25) 北島三郎(38)

「Kids Dream」の曲目・歌手は次の通り。

選考を巡って[編集]

  • 紅白の常連出場歌手だった八代亜紀由紀さおり安田祥子伍代夏子松田聖子加山雄三吉幾三郷ひろみ西城秀樹は翌2002年(平成14年)・第53回は落選または辞退という形になり、2006年(平成18年)・第57回で復帰した伍代、2010年(平成22年)・第61回で復帰した加山と郷、2011年(平成23年)・第62回2013年(平成23年)・第64回で復帰した聖子、2012年(平成24年)・第63回で復帰した由紀(1992年(平成4年)・第43回以来のソロとしての出場)を除き再出場には至っていない。MAXも翌年メンバーチェンジが影響し、以後出場していない。
  • 坂本冬美は、初出場の1988年(昭和63年)・第39回から今回まで、14年連続14回目の紅白出場を果たしていたが、翌2002年(平成14年)・第53回は歌手活動休業中のため出場せず、今回限りで初出場以来の紅白連続出場が途切れた(2年後の2003年第53回には2年ぶり15回目の紅白復帰を果たしている)。
  • Kiroroボーカルの玉城千春が喉を痛めていたので、本紅白を最後に活動休止となった[11]。その後、グループとしての再出場は実現していないが、2007年(平成19年)・第58回にて金城綾乃が同回初出場した馬場俊英のキーボード演奏として紅白に出演した。
  • 1986年(昭和61年)に結婚を機に芸能界を引退していた森昌子(この間もテレビにゲスト出演することはあった。本紅白出場を機に翌年より芸能活動を限定的に再開していき、離婚後の2006年(平成18年)4月に正式復帰した)が、紅組司会を兼任した1985年(昭和60年)・第36回以来16年ぶり14回目の復帰出場を果たす。
  • 前回までデビューから10年連続出場中だったSMAPは、同メンバーの稲垣吾郎の不祥事により出演を辞退した[12](翌年の第53回は2年ぶり11回目の紅白復帰を果たしている)。
  • プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の主題歌「地上の星」を担当していた中島みゆきにも出演打診が行われていたが、本人が「(本紅白に)興味はあるがふっ切れない」として辞退した[13]。ただし、翌年の第53回に同曲を持っての初出場が実現している。
  • この年恒例のカウントダウンコンサートを開催しなかった桑田佳祐に対し、番組側は出場並びにいずれもこの年のヒット曲である「波乗りジョニー」と「白い恋人達」のメドレー歌唱を粘りの交渉で要請したが辞退される。その他、倉木麻衣井上陽水も辞退した[14]

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 芸能ニッポン』1999年4月号に有働と久保は確執関係にあると報じられていた(後輩である久保が先に紅白の司会に起用されたことに有働が不満を持っていたとされる)。
  2. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、351頁。
  3. ^ 唐沢寿明、室伏広治ら「紅白」審査員、スポニチアネックス、2001年12月20日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)。
  4. ^ アッコ テレビで幸子挑発!、スポニチアネックス、2001年12月17日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)。
  5. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、354頁。
  6. ^ この時歌ったのは、同じく河島の代表曲の一つでもある「時代おくれ」。
  7. ^ 紅白視聴率最高は氷川&CHEMISTRY、スポニチアネックス、2002年1月5日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)。
  8. ^ この前後時期に石井琢朗と交際していた有働が、変装(巻き髪のカツラを被ってサングラスも着用)して合鍵を手に石井の自宅に入る様子をカメラに撮られ、両者の交際が発覚したという逸話をネタにした。
  9. ^ 「ドリフの全員集合のテーマ(北海盆唄)」「誰かさんと誰かさん」「ドリフのズンドコ節」「志村けんの全員集合 東村山音頭」「ドリフのほんとにほんとにご苦労さん」「ドリフのビバノン音頭」のメドレー
  10. ^ せんせい」「哀しみ本線日本海」「越冬つばめ」のメドレー
  11. ^ Kiroro 紅白最後に活動休止、スポニチアネックス、2001年12月10日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)。
  12. ^ 稲垣謹慎中…SMAP紅白出場辞退、スポニチアネックス、2001年11月30日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)。
  13. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  14. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、352頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]