花は咲く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花は咲く
花は咲くプロジェクト の シングル
リリース 2012年5月23日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル flying Dog
作詞・作曲 岩井俊二(作詞)
菅野よう子(作曲)
プロデュース 小田真由美
ゴールド等認定
チャート最高順位
テンプレートを表示

花は咲く」(はなはさく)は、2012年平成24年)に発表された日本チャリティーソング。同年5月23日flying Dogビクターエンタテインメント)から発売された。

解説[編集]

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の被災地および被災者の物心両面の復興を応援するために制作されたチャリティーソングで、日本放送協会(NHK)が震災後の2011年度から行っている震災支援プロジェクト「NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマソングとして使用されている。国内向け放送(ラジオ第2放送を除く)・国際放送(NHKワールドTVは歌詞および出演者の英語字幕を追加表記)とも編成の空いた時間帯を利用して随時この曲を流している[※ 1]

作詞は宮城県仙台市出身の岩井俊二が手掛け、作曲・編曲はやはり宮城県仙台市出身[1]菅野よう子が担当している。歌唱参加者は岩手県・宮城県・福島県の出身者とゆかりのある歌手タレントスポーツ選手で、花は咲くプロジェクト名義となっている。

作詞の岩井俊二は「この歌は震災で亡くなった方の目線で作りました」と、また作曲・編曲の菅野よう子は「100年経って、なんのために、あるいはどんなきっかけで出来た曲か忘れられて、詠み人知らずで残る曲になるといいなあと願っています」と語っている。

この楽曲の作詞・作曲家への印税は、全額がNHK厚生文化事業団を通じて被災地の自治体義援金として寄付される[2]。そのため、この楽曲が音源でカバーされたり、コンサートで歌われたり、テレビ・ラジオでオンエアされる度に義援金が増えてゆくという仕組みになっている。

なお、PVでは鈴木京香のみ歌っておらず、黙祷するように目を閉じている演出がなされた[3]

英語版も製作されており、イル・ディーヴォが歌唱を担当している[4]

2014年6月より、羽生結弦が実際に被災したアイスリンク仙台で滑る「花は咲く〜羽生結弦Ver.〜」が放送。ピアノと歌唱は羽生と親交のある指田郁也が担当している[5]。また2014年7月より、前述の演技の合間に静止写真を挟み込んだ「花は咲く〜羽生結弦フォトメモリアルVer.〜」も放送された。この「花は咲く〜羽生結弦Ver.〜」はNHKのテレビ国際放送「NHKワールドTV」が開催する「NHK Viewers’ Choice Award 2014」のスポーツ&テクノロジー部門において1位に選出された[6]。さらに2014年の「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」(なみはやドーム)のエキシビションにおいて羽生が披露した演技に、別角度から撮影した映像などを加え、再編集を行い再発信した「羽生結弦 世界へ届ける「花は咲く」」が2014年12月より放送[7]

2015年4月に菅野の提案で歌詞の一部を変更した[8]

大和ネクスト銀行が調査したシニア層(50歳から79歳)が選ぶ、2014年心に響いた歌ランキングで第2位を獲得[9]

因みにシングル発売元であるフライングドッグにおいて、チャリティー楽曲としての形態は史上初である[※ 2]

収録曲[編集]

全作詞:岩井俊二、作曲・編曲:菅野よう子

  1. 花は咲く [5:05]
    • 歌:花は咲くプロジェクト
  2. 花は咲く [4:55]
  3. 花は咲く [4:39]
    • 歌:Members from The Little Singers of Tokyo
  4. 花は咲く(instrumental)[4:31]

初回限定盤DVD[編集]

  1. 「花は咲く」 <オリジナルフルバージョン>
  2. AKB48 岩田華怜「花は咲く」を歌う。
  3. 【特典映像】 「花は咲く」を録る、撮る。(10日間の制作現場密着映像)

参加者[編集]

出身地の自治体ごとに掲載。なお、自治体名は2013年1月現在のもので表記。

岩手県
宮城県
福島県

カバー[編集]

オリジナル版で歌唱していない歌手も含め、カバー版も複数リリースされている。

  • 門倉有希 - シングル「蝶」(2012年4月25日発売)でカバー。オリジナル歌唱歌手によるセルフカバーとなる。
  • 石川さゆり - アルバム『X -Cross-』(2012年9月19日発売)でカバー。
  • 辻井伸行 - ミニアルバム『辻井伸行 plays 花は咲く』(2012年10月17日発売)でカバー。福島県郡山市立安積中学校合唱部との共演も収録。
  • ウィーン少年合唱団 - シングル『花は咲く』(2013年3月6日発売)でカバー。
  • 幸田浩子 - アルバム『ふるさと〜日本のうた〜』(2013年4月発売)に収録。
  • イル・ディーヴォ - アルバム『ミュージカル・アフェア』(2013年10月発売)に収録。
  • 徳永英明 - カバーアルバム『VOCALIST 6』(2015年1月発売)初回限定盤のボーナストラックに収録。

鈴木梨央によるカバー[編集]

親と子の「花は咲く」
鈴木梨央
福島県双葉郡大熊町立大野小学校合唱部の皆さん の シングル
B面 Flowers will bloom
リリース 2013年4月17日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
チャート最高順位
鈴木梨央
福島県双葉郡大熊町立大野小学校合唱部の皆さん シングル 年表
- 親と子の「花は咲く」
(2013年)
-
テンプレートを表示

親と子の「花は咲く」」(おやとこの「はなはさく」)は、鈴木梨央の1枚目のシングル2013年4月17日avex traxから発売された。

収録曲[編集]

  1. 花は咲く(アニメバージョン)
  2. Flowers will bloom(「花は咲く」英語バージョン)
  3. 花は咲く(アニメバージョン オリジナル・カラオケ)
  4. Flowers will bloom(「花は咲く」英語バージョン オリジナル・カラオケ)
  5. 花は咲く(アニメバージョン ガイドメロディ入オリジナル・カラオケ)
DVD
  • アニメ・花は咲く(歌詞なし)
  • アニメ・花は咲く(歌詞あり)
  • アニメ・花は咲く(ガイドメロディ入カラオケ)
  • 花は咲く(Music Video)

関連番組[編集]

定時番組[編集]

「花は咲く」に関する番組は『復興支援ソング 花は咲く』のミニ番組としてテレビ各チャンネル(総合・EテレBS1BSプレミアム)で随時放送されている。以下のバージョンが放送された。

  • 「花は咲く」ミュージックビデオ
  • アニメバージョン(鈴木梨央・会津若松市立一箕小学校の生徒による歌唱)
  • イル・ディーヴォによる歌唱
  • ウイーン少年合唱団による合唱
  • 荒川静香と地元のジュニアスケーターの滑走と児童合唱団のコラボレーション
明日へ1min
TSUNAMI バイオリンが奏でる 花は咲く

特別番組など[編集]

"花は咲く"スペシャル〜一つの歌がつむぐ物語〜
  • 東北地方の花をめぐる物語を紹介し、スタジオで「花は咲く」を熱唱。出演は西田敏行・荒川静香(ともに司会)、千昌夫・森公美子・サンドウィッチマン・中村雅俊・前野博紀(ゲスト)、辻井伸行(ピアノ演奏)。ナレーションは鈴木京香。
  • 放送日時:2012年9月5日 20:00 - 20:43(総合テレビ)
花は咲くコンサート
  • 東北地方向けの地域情報番組東北Z』の一企画として放送。出演はイケメン'ズ・熊谷育美・畠山美由紀・マギー審司・中村雅俊・原田直之、菅野よう子(指揮)。ナレーションは岩田華怜。
  • 放送日時:2012年10月26日 19:30 - 20:43(総合テレビ・東北地方、再放送は翌日の10:05 - 11:18)、2012年11月25日 1:10 - 2:23(総合テレビ・全国、11月24日深夜)、2013年2月2日 13:30 - 14:43(BSプレミアム)
震災から2年 "明日へ"コンサート
  • 鈴木梨央・会津若松市立一箕小学校 合唱部(合唱)・西田敏行・中村雅俊・荒川静香・岩田華怜・"明日へ"合唱団(合唱)により歌唱。
  • 放送日時:2013年3月9日 18:30 - 22:00(BSプレミアム)、同日 19:30 - 20:45(総合テレビ)
花は咲くスペシャル〜復興を願う心のうた〜
  • NHKのホームページで募集した市民の合唱・独唱を紹介しつつ、この歌に込められた被災地住民や市民の思いについて取材。また、菅野よう子が新たに編曲したヴァージョンを鈴木梨央・福島県双葉郡大熊町立大野小学校合唱部が歌い、こうの史代がキャラクターデザイン、片渕須直が監督を務めた新作アニメーション版が初公開された。出演は西田敏行(ナビゲーター)、荒川静香、中村雅俊、森公美子、新沼謙治、イリーナ・スルツカヤ、鈴木梨央、菅野よう子、辻井伸行、ウイーン少年合唱団など。
  • 放送日時:2013年3月14日 20:00 - 20:43(総合テレビ)
被災地へとどけ 希望の舞 〜 羽生結弦の ”花は咲く”〜
  • 羽生結弦による演技バージョンのメイキング映像と、震災と復興に対する羽生の決意などを追うドキュメンタリーとなっている。
  • 放送日時:2014年7月12日 16:30 - 16:53(総合テレビ)、同年7月21日 16:30 - 16:53ほか再放送多数。

楽曲採用実例(関連番組を除く)[編集]

テレビ番組にて[編集]

第63回NHK紅白歌合戦
  • 西田敏行・中村雅俊・森公美子・荒川静香・サンドウィッチマン・辻井伸行(ピアノ演奏)・菅野よう子(指揮)・花は咲く合唱団(合唱)による歌唱。また、紅組司会でこの年上期の連続テレビ小説梅ちゃん先生』で主演を演じた堀北真希が岩手県陸前高田市の女性医師を訪れるミニドキュメントも放送された。
MUSIC JAPAN
  • 岩田華怜による歌唱(ソロバージョン)。2013年1月6日に放送。
第64回NHK紅白歌合戦
第65回NHK紅白歌合戦
  • 第1部にて徳永英明が歌唱。手術のため入院中だった羽生結弦に対する見舞いの言葉から紹介され、徳永の背景のスクリーンで羽生の演技映像が流れるという演出がなされた。
100年の音楽

ラジオ番組にて[編集]

その他[編集]

第85回センバツ
  • 入場行進曲として当楽曲が選定されている[13]。更に、当該大会の中継に於いてエンディングのところで岩田華怜によるソロバージョンが流れたほか、GAORAによる中継では試合のインターバルに岩田版もしくは花は咲くプロジェクト版が流れていた。
NHKふれあいセンター(視聴者窓口)
  • 受付電話の保留音として当該楽曲を採用

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 編成の時間に合わせて、5分のフルバージョンや2分あるいは1分のショートバージョンなどがある。
  2. ^ これはアニメ音楽を本業としている同社としても異例。
  3. ^ 東京都生まれ。1歳半より高校卒業まで宮城県仙台市および利府町に在住。
  4. ^ 仙台市生まれ。黒川郡富谷町にも在住歴あり。
  5. ^ 岐阜県可児市生まれ。2歳から旧古川市に移住。
  6. ^ 東京都生まれ。小学校から高校卒業まで在住。
  7. ^ 静岡県生まれ。6歳から高校卒業まで在住。

出典[編集]

  1. ^ 作曲は菅野よう子さん、仙台出身コンビです。 @0rp13137726303m 《花は咲く》の作詞されたんですね。 岩井俊二ツイッター
  2. ^ 「震災から1年」について (PDF) - NHK広報局 2012年2月22日
  3. ^ NHK「花は咲くスペシャル」取材会より。
  4. ^ イル・ディーヴォ、NHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を英語で歌唱(ソニーミュージック)
  5. ^ 花は咲く〜羽生結弦Ver.〜
  6. ^ Flowers will Bloom A Message of Hope from Yuzuru Hanyu
  7. ^ 羽生結弦 世界へ届ける「花は咲く」
  8. ^ 石橋英昭 (2015年5月3日). “NHK「花は咲く」歌詞1か所変更 東北地方向け放送”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASH4T6GS1H4TUNHB00F.html 2015年5月10日閲覧。 
  9. ^ 今年心に響いた歌ランキング 1位「Let It Go 〜ありのままで〜」 2位「花は咲く」 3位「麦の唄」”. 大和ネクスト銀行. 2014年12月9日閲覧。
  10. ^ 100年の音楽【花は咲く】”. テレビ東京 (2015年3月6日). 2015年3月12日閲覧。→アーカイブ
  11. ^ 「100年の音楽」で紹介されたすべての情報(41/41ページ)”. テレビ紹介情報. 価格.com (2015年3月6日). 2015年3月12日閲覧。→アーカイブ
  12. ^ 100年の音楽【花は咲く】”. BSジャパン (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。→アーカイブ
  13. ^ センバツ行進曲は復興支援ソングに決定 日刊スポーツ・2013年1月16日付け掲載記事《2013年1月16日閲覧;→アーカイブ

外部リンク[編集]