川井郁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川井 郁子
基本情報
出生名 川井 郁子
出生 1968年1月19日(46歳)
日本の旗 日本香川県木田郡牟礼町
出身地 日本の旗 日本香川県高松市
血液型 B型
学歴 東京芸術大学大学院修了
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト、作曲家大阪芸術大学芸術学部教授俳優
担当楽器 ヴァイオリン
活動期間 1993年 -
公式サイト www.ikukokawai.com/
著名使用楽器
ストラディバリウス

川井 郁子(かわい いくこ、1968年1月19日 - )は、日本のヴァイオリニスト作曲家大阪芸術大学芸術学部教授香川県木田郡牟礼町(現・高松市)生まれ、高松市育ち。

来歴[編集]

高松市立牟礼小学校-高松市立屋島中学校-高松第一高等学校音楽科-東京芸術大学卒業。同大学院修了。2001年4月より大阪芸術大学芸術学部音楽学科教授。2005年より教授。ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・シンフォニックアンサンブル、サレー・アンタル・ジプシー楽団、ブルガリアン・シンフォニー・オーケストラ、読売日本交響楽団NHK交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団など、国内外のオーケストラと多数共演・レコーディングを行う。

2005年11月結婚。2006年6月20日、第1子(長女)を出産。産休後、同年9月より演奏活動に復帰。2013年3月離婚。

音楽活動だけでなく、女優としても活動。1998年の映画『絆 -きずな-』(役所広司主演)では批評家大賞新人賞を受賞している。他には、1999年放送の連続テレビ小説すずらん』(遠野凪子主演)に出演している。また、2011年10月より、『うどん県』という香川県のPRページ内で学芸員役で出演している。

2013年、『北のカナリアたち』の音楽で第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した[1]

活動[編集]

2007年3月16日、初のベストアルバム『The Violin Muse 〜The Best Of Ikuko Kawai』を発売。

2008年7月23日、オリジナルアルバム『新世界』発売。10月には、日本全国ツアーを行い、ニューヨークカーネギーホールでアメリカデビュー。

2009年1月21日、『川井郁子 at カーネギーホール 2008 〜新世界〜』を発売。

テレビとラジオでレギュラー番組を持ち、テレビでは「100年の音楽」(テレビ東京系PM10:54〜)にて司会と演奏を、ラジオではニッポン放送で「ダイワハウス・モーニングエッセイ 川井郁子ハートストリングス」(AM8:20〜)(関西圏では、AM6:10頃からABCラジオ慶元まさ美のおはようパートナー」の1コーナーとして放送)のパーソナリティーを務める。

また、「川井郁子 Mother Hand 基金」を設立し、基金主催のチャリティーコンサートを開いたり、日本UNHCR協会評議員として難民キャンプを訪れたりするなど、社会奉仕活動にも積極的に参加している。

元は日本音楽財団から貸与されていたグァルネリ・デル・ジェスのムンツだったが、その後大阪芸術大学所蔵のフランチェスコ・ルジェーリを貸与された。そして近年大阪芸術大学所蔵アントニオ・ストラディバリウス(1715年「ストラディバリの絶頂期」)を貸与されることになった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]