ザ☆ピ〜ス!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ☆ピ〜ス!
モーニング娘。シングル
収録アルバム 4th「いきまっしょい!」
B面 でっかい宇宙に愛がある
リリース 2001年7月25日
日本の旗 日本
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル zetima
作詞・作曲 つんく
プロデュース つんく♂
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2001年8月度月間1位(オリコン)
  • 2001年度年間20位(オリコン)
モーニング娘。 シングル 年表
恋愛レボリューション21
2000年
ザ☆ピ〜ス!
(2001年)
Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜
(2001年)
ミュージックビデオ
モーニング娘。 『ザ☆ピース!』 (MV) - YouTube
テンプレートを表示

ザ☆ピ〜ス!」はモーニング娘。の12枚目のシングル2001年7月25日zetimaから発売された。

概要[編集]

収録曲[編集]

  1. ザ☆ピ〜ス!
    (作詞・作曲:つんく 編曲:ダンス☆マン
    前作に引き続きダンス☆マン編曲による、明るいダンスナンバー。
    「ピースラップ」と呼ばれるイントロで始まる。ジャズのチャールストン調の間奏では石川梨華が中央でソロのダンスを踊り、この曲から「センターポジション」という呼称が定着した。エンディングは複数回ブレイク(全パート休止)を挟んでおり、「終わりそうで終わらない」ようにしたという[1]
    PVは、モーニング娘。扮する水兵が船内(トイレ等)で歌い踊るもの。歌番組やコンサート、冠番組である「モー。たいへんでした」でもセーラー服 (軍服)を基調とする衣装あるいはジャケ写と似たゴージャスな衣装(FUNなど)であった。
    2014年にHKT48がコンサートでカバーしている。
  2. でっかい宇宙に愛がある
    (作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木俊介
    ミディアムテンポのバンドサウンドの曲。
    日本テレビ24時間テレビ』の応援ソングとなり、以来毎年ハロー!プロジェクトメンバーが会場で歌っている[2][3][4][5][6][7]。 2013年は現役メンバーのほかにOGメンバー4人(保田、石川、吉澤、新垣)が参加したが、この曲は歌われなかった[8]
  3. ザ☆ピ〜ス!(Instrumental)
  4. でっかい宇宙に愛がある(Instrumental)

参加ミュージシャン[編集]

  • ダンス☆マン&THE BAND☆MAN (1)
    • HYU HYU - ドラム
    • ダンス☆マン - ベース&ミャオ〜ン
    • JUMP MAN - ギター
    • WATA-BOO - キーボード
    • STAGE CHAKKA MAN - パーカッション
    • D.J.ICHIRO - ターンテーブル
  • HORNS MAN BROTHERS - ホーンセクション(1)
    • 桑野信義 - トランペット
    • 田中哲也 - トランペット
    • 川松久芳 - トロンボーン
    • 山中成高 - サックス
  • つんく - コーラス(1)
  • 佐野康夫 - ドラム(2)
  • 小松秀行 - ベース(2)
  • 鈴木俊介 - ギター(2)
  • 中西康晴 - ピアノ(2)
  • 河合代介 - ハモンドオルガン(2)
  • 斎藤ノブ - パーカッション(2)

脚注・出典[編集]

  1. ^ つんく♂公式サイトより。
  2. ^ 2006年のみスケジュールの都合から、モーニング娘。以外のメンバーで歌った(新宿コマ劇場にて行われていたミュージカル『リボンの騎士』に出演していたため。このとき出演したのはOGの中澤裕子、安倍なつみ辻希美、ハロー!プロジェクトからは松浦亜弥Berryz工房)。
  3. ^ 2009年の24時間テレビではモーニング娘。に加え、OGの矢口真里と辻希美、ハロー!プロジェクトからはBerryz工房が出演し、歌った。
  4. ^ 2010年の24時間テレビでは、スマイレージとともに出演し、AKB48とコラボレーションした。光井愛佳はこの年が最後の出演となった(理由は後述)。
  5. ^ 2011年の24時間テレビでは高橋愛新垣里沙道重さゆみ譜久村聖生田衣梨奈鈴木香音の6人(放送当時。ただし田中れいなは別件、光井はコンサート中に負った骨折の治療中、鞘師里保坐骨神経痛治療に専念のため、欠席)に加え、ドリームモーニング娘。から飯田圭織、矢口真里、石川梨華、吉澤ひとみ小川麻琴久住小春藤本美貴の7人(欠席は中澤裕子、安倍なつみ、保田圭)が出演し、『LOVEマシーン』、『恋愛レボリューション21』とのメドレーで歌った。また、高橋と新垣はグループのメンバーとして最後の出演となった(高橋は2011年9月30日の日本武道館公演(同年秋のコンサートツアー最終公演)、新垣は2012年5月18日の日本武道館公演(同年春のコンサートツアー最終公演)を最後にそれぞれモーニング娘。を卒業したため。なお、光井も新垣と同日にモーニング娘。を卒業したが、前述の通り怪我の治療中のため、2011年の24時間テレビには出演していない)。
  6. ^ 2012年は現役メンバー8人(放送当時。このうち工藤遥は左ひざの半月板損傷の疑い、石田亜佑美は左足首の捻挫のため、欠席したが、前年欠席だった鞘師はこれが24時間テレビ初出演となった)と、OGメンバー5人(参加したのは飯田、吉澤、矢口、石川、小川)に加え、すたーふらわー小林星蘭谷花音)とコラボレーション。『LOVEマシーン』、『ハッピーサマーウエディング』とのメドレーで歌った。また、田中はグループのメンバーとして最後の出演となった(2013年5月21日の日本武道館公演(同年春のコンサートツアーの最終公演)を最後にモーニング娘。を卒業)。
  7. ^ 2014年は現役メンバー全員に加え、OGメンバー5人(参加したのは飯田、保田、吉澤、石川、新垣)が出演。歌唱前に喉頭がんで入院中のつんく♂からメンバーへ宛てた手紙が紹介された後、『LOVEマシーン』とのメドレーで歌唱した。また、道重さゆみはグループのメンバーとして最後の出演となった(同年11月26日の横浜アリーナ公演(同年秋のコンサートツアー最終公演)を最後にモーニング娘。を卒業予定。
  8. ^ 歌ったのは『LOVEマシーン』のみだった(この年の番組のテーマが「ニッポンって…?〜この国のかたち〜」だったため)。

外部リンク[編集]