タンポポ (ハロー!プロジェクト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンポポ
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1998年 - 2009年3月
レーベル zetima
事務所 アップフロントエージェンシー(現:アップフロントプロモーション)
共同作業者 つんく♂
メンバー
石川梨華
新垣里沙
柴田あゆみ
旧メンバー
石黒彩
飯田圭織
矢口真里
加護亜依
紺野あさ美

タンポポは、ハロー!プロジェクトに所属する女性歌手グループ

モーニング娘。から誕生した最初の「グループ内ユニット」であり、モーニング娘。とは違った女性らしさを感じさせる楽曲で新たな人気を獲得した。花の「タンポポ」らしく目立つ事は無いが、地道で地に根を張った活動をした。

この項では『チャンプル①〜ハッピーマリッジソングカバー集〜』発売を機に結成されたタンポポ#についても記述する。

メンバー[編集]

第1期[編集]

第2期[編集]

第3期[編集]

歴史[編集]

在籍メンバー構成毎の時代に分けて記述する。

結成[編集]

1998年10月石黒彩飯田圭織矢口真里で結成。 矢口真里はモーニング娘。2期メンバー3人の中からオーディションで選ばれた。

ユニット名を決めた時に候補に挙がった他の名前は次の通り。

  • ライラック
  • 3/8
  • 3HIPS
  • スーパーマン3
  • クレイ
  • CRAY
  • スーマン
  • スーパーマンション単騎
  • ホステス
  • チャームベイベー
  • トリプルージュ
  • ナインティンナインティンナイン
  • 大中小
  • LMS
  • 6cups
  • スーパースリーヒップス
  • あくび

石黒彩・飯田圭織・矢口真里 時代[編集]

初めは「セクシー」路線であったが、第3シングル「たんぽぽ」で、健やかで清々しいイメージに路線変更した。この代表曲「たんぽぽ」は元々アルバムの『TANPOPO 1』に収録されていたが、評判が良かった事によりシングルカットされた曲である(その後も「たんぽぽ」はセルフカバーされ、『All of タンポポ』では、歴代メンバー全員バージョンとなった)。
第4シングル「聖なる鐘がひびく夜」は石黒の最後のCD(初期タンの最後のCD)となった。

飯田圭織・矢口真里 時代[編集]

2000年1月、石黒彩卒業。楽曲の変更が無い為、1.5期と呼ばれる。

進学の為、石黒が脱退。一時期、タンポポは2人体制になる。「解散か?新曲が出るのか?」と心配された時期もあったが、毎週ラジオのレギュラーの「タンポポ畑でつかまえて」や「タンポポの今夜も満開」で、存在をアピールしていた。コンサートでも2人バージョンで曲披露をしている。

飯田圭織・矢口真里・石川梨華・加護亜依 時代[編集]

2000年6月石川梨華加護亜依が加入。2期(2期タン)と呼ばれる。

2000年5月にモーニング娘。に4期メンバーが加入。その中より石川、加護が加入。タンポポは4人体制になった。「乙女 パスタに感動」では再びイメージチェンジを行い、ガールズポップ路線になった。その後タンポポは、この路線で活躍する事になった。2000年10月にはTBSラジオで「タンポポ編集部OH-SO-RO!」の放送が開始される。2001年11月発売の「王子様と雪の夜」はグループとして初のオリコンチャート1位を獲得した。この時期がタンポポの最盛期であったが、2002年8月つんく♂(と言うより所属事務所の一方的な方針)によるハロプロ構造改変ハローマゲドンにより、石川を除くメンバーの総入れ替えが決定した。同年9月に、ラストシングルを出す事も無く(卒業記念のベストアルバムは発売された)、飯田・矢口・加護が卒業。
ラストステージでは卒業を惜しむ事を示す為、ファンが客席中を黄色いサイリュームで埋め尽くした。飯田が「タンポポがいっぱいだよ…」と言ったのは名言。「タンポポ畑」としてDVDにも収録されている。

石川梨華・紺野あさ美・新垣里沙・柴田あゆみ 時代[編集]

2002年9月、グループ再編成で、石川梨華、紺野あさ美新垣里沙メロン記念日柴田あゆみの4人体制となる。

グループ再編で石川だけを残し、モーニング娘。の5期メンバーより紺野、新垣、そしてメロン記念日より柴田が加入した。このメンバーチェンジは5期メンバー(紺野、新垣)とメロン記念日の認知度向上の目的もある。再編直後に「BE HAPPY 恋のやじろべえ」が発売された。もっともこの時期メロン記念日はファーストコンサートが行なわれた事などの関係でモーニング娘。のコンサートに柴田が同行することはなかったため、コンサート会場で本体制のタンポポが登場することはほとんどなかった。その点、シングルを発売していないにもかかわらずモーニング娘。のコンサート上に常に登場していた新プッチモニとは対照的である。その後シングル等は出ず、コンサート・ラジオ番組での活動のみになった。2003年9月、唯一の活動であったラジオ番組「タンポポ編集部OH-SO-RO!」も終了し、グループは休止状態(解散も同然)になった。ちょうど同月に従来のタンポポ・プッチモニ体制に代わるモーニング娘。内部ユニット体制であるモーニング娘。さくら組モーニング娘。おとめ組体制に移行したこともタンポポ・プッチモニの活動が下火となる要因となった。
その後は、柴田あゆみが2005年9月の「闘え!!サイボーグしばた3(さん)」公開記念イベントに於いて「タンポポのメンバーとは仲が良く、遊びに行ったりします。最近はタンポポとしての活動はこれと言ってありませんが、又何か出来たら良いなと思います。」と発言する等、希にメンバーがタンポポに関して言及する事はあるものの、公式の活動は全く見られず、ハロー!プロジェクトのコンサートに於いてタンポポの曲がカバーされる程度であった。
2006年4月、メンバーの1人である紺野あさ美のハロー!プロジェクトからの卒業が発表された。この際、紺野が所属しているGatas Brilhantes H.P.に関しては同時に卒業する旨の言及があったものの、タンポポ・モーニング娘。さくら組に関しては公式にも本人からも何のメッセージも出ておらず、既に過去の物になっている事を窺わせた。

石川梨華・新垣里沙・柴田あゆみ 時代[編集]

2006年7月、紺野あさ美がハロー!プロジェクト卒業してから2007年6月、ハロー!プロジェクトへ復帰するまでの間、この3人体制になったと思われるが、活動休止状態のままであった。

紺野あさ美のハロー!プロジェクトからの卒業後は、アーティスト写真は4人のままで公式サイトのメンバーの表記が石川梨華・新垣里沙・柴田あゆみの3名となったが、紺野あさ美のハロー!プロジェクトへの復帰に伴い公式サイトのメンバーの表記は2006年7月以前と同じ4名に戻っている。
2007年夏に行われた『Hello! Project 2007 Summer 10th アニバーサリー大感謝祭〜ハロ☆プロ夏祭り〜』では矢口真里・石川梨華・新垣里沙・柴田あゆみの4人で「たんぽぽ」が歌われた。
2009年1月31日-2月1日に行われた『Hello! Project 2009 Winter 決定! ハロ☆プロ アワード'09 〜エルダークラブ卒業記念スペシャル〜』において飯田圭織・矢口真里・石川梨華・紺野あさ美・新垣里沙・柴田あゆみというその時点でハロー!プロジェクトに在籍する歴代全メンバーによって「たんぽぽ」が歌われた。

新垣里沙時代[編集]

2009年3月31日、エルダークラブ全メンバーのハロー!プロジェクトからの卒業に伴いハロー!プロジェクトに在籍するメンバーが新垣里沙だけになった。

2009年4月、ハロー!プロジェクトの公式サイトのリニューアルに伴いアーティストリストからタンポポのプロフィールへのリンクが消滅した(プロフィール自体は存続)。

2009年4月中旬、ハロー!プロジェクトの公式サイトから詳細なプロフィールが消滅した。

2012年5月18日、新垣里沙がモーニング娘。およびハロー!プロジェクトを卒業。ハロー!プロジェクトに在籍するメンバーはいなくなり、ほぼ解散状態となった。

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. ラストキッス1998年11月18日)(編曲・小西貴雄
    • カップリング:時間よ止まれ (編曲・高橋諭一 & LH Project)
  2. Motto1999年3月10日)(編曲・河野伸
    • カップリング:愛の唄(編曲・小西貴雄)
  3. たんぽぽ(Single Version)(1999年6月16日)(編曲・小西貴雄)
    • カップリング:A Rainy Day(編曲・山内薫)
  4. 聖なる鐘がひびく夜(1999年10月20日)(編曲・小西貴雄)
    • カップリング:聖なる鐘がひびく夜(featuring Iida)、聖なる鐘がひびく夜(featuring Ishiguro)、聖なる鐘がひびく夜(featuring Yaguchi)
  5. 乙女 パスタに感動2000年7月5日)(編曲・永井ルイ
    • カップリング:私の顔(編曲・前嶋康明)
  6. 恋をしちゃいました!2001年2月21日)(編曲・渡部チェル)タンポポ最大のヒットシングル
    • カップリング:BABY CRY(編曲・高橋諭一)
  7. 王子様と雪の夜(2001年11月21日)(編曲・永井ルイ)タンポポ最初で最後のオリコンチャート1位獲得曲
  8. BE HAPPY 恋のやじろべえ2002年9月26日)(編曲・永井ルイ)
    • カップリング:やるときゃやらなきゃ女の子(編曲・鈴木俊介

1 - 4は、飯田、石黒、矢口、5 - 7は、飯田、矢口、石川、加護、8は、石川、柴田、紺野、新垣

アルバム[編集]

  1. TANPOPO 1(1999年3月31日)
  2. All of タンポポ(2002年9月4日)
  3. プッチモニ/タンポポ メガベスト2008年12月10日)

DVD[編集]

  1. タンポポ シングルVクリップス 1(2004年6月16日)

書籍[編集]

写真集[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

タンポポ#[編集]

タンポポ#
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2009年7月 - 現在
レーベル zetima
事務所 アップフロントプロモーション
共同作業者 つんく♂
メンバー
光井愛佳
熊井友理奈
岡井千聖
旧メンバー
亀井絵里

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

卒業メンバー[編集]

略歴[編集]

2009年
2010年
2011年
  • 1月2日-23日、ハロー!プロジェクトのコンサートツアー『Hello! Project 2011 WINTER 〜歓迎新鮮まつり〜』に出演。「絶対解ける問題 X=♡」(A-1公演)、「デコボコセブンティーン」(A-2公演)を披露した。
2012年
  • 5月18日、光井愛佳がモーニング娘。を卒業。

脚注[編集]

外部リンク[編集]