田中れいな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LoVendoЯ > 田中れいな
田中れいな
基本情報
出生名 田中 麗奈
愛称 れいな、れいなちゃん、
れいにゃ[注 1]、田中っち[注 1]
たなさたん[注 2] 
出生日 1989年11月11日(24歳)
血液型 O型
出生・出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2003年 -
レーベル zetima
(2003年 - 2013年)
UP-FRONT WORKS
(2013年 - )
事務所 アップフロントプロモーション
(2003年 - 2013年)
アップフロントクリエイト
(2013年 - )
グループ/
ユニット等
モーニング娘。
モーニング娘。おとめ組
あぁ!
H.P.オールスターズ
エレジーズ
ハロー!プロジェクト モベキマス
メトロラビッツH.P.
High-King
LoVendoЯ
公式サイト LoVendoЯ Official website

田中 れいな(たなか れいな、1989年11月11日 - )は、日本歌手アイドルLoVendoЯボーカルおよびリーダー。ハロー!プロジェクトおよびモーニング娘。の元メンバー(第6期)。本名、田中 麗奈(たなか れいな)。女優田中麗奈(たなか れな)と本名の同一表記による混同を避けるため、名前を平仮名とする「田中れいな」の表記を用いる[注 3]

福岡県福岡市出身。血液型O型。身長152.4cm。アップフロントクリエイト所属。

2013年5月21日、日本武道館での公演をもってモーニング娘。を卒業[1]。在籍期間は約10年4か月(在籍日数3775日)。

略歴[編集]

2001年
2003年
2004年
  • 2月21日、『星砂の島、私の島』で初の映画出演。
  • 5月29日、『HELP!!熱っちぃ地球を冷ますんだっ。』で初の舞台出演。
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
  • 6月29日、初の主演舞台『大正浪漫 ハイカラ探偵王 青いルビー殺人事件』が上演開始。
2012年
  • 1月11日、初の主演ドラマ『数学♥女子学園』が放送開始。
  • 6月5日、オーディション「田中れいなとバンドやりたい女子メンバー大募集!」の開催を発表[2][3]
  • 11月18日、『モーニング娘。誕生15周年記念コンサートツアー2012秋 〜カラフルキャラクター〜』の中野サンプラザ公演で上記オーディションの合格者が発表され、さらに、田中は2013年春のコンサートツアー最終公演をもってモーニング娘。およびハロー!プロジェクトを卒業し、バンド活動に専念することが発表された[4]
2013年

人物[編集]

デビュー当時、平成生まれハロー!プロジェクトでは初の九州出身者として話題となった。日常会話や執筆では博多弁を用いる。2007年当時の身長は152.0cm、2005年時点では151.7cm、モーニング娘。加入時は150.8cmだった。

7歳離れた弟がいる。田中はモーニング娘。への加入が決まったことで、母、弟と共に上京した(父は福岡に残っている)[8]

好きな食べ物はなんこつ、ブロッコリー、きのこ、チョコレート、焼肉。嫌いな食べ物は納豆だったが、『ハロー!モーニング。』の鎌倉ロケなどを契機に口にするようになり、キムチと混ぜることで食べられるようになったという[注 6]タバコを嫌う[9]

オーディションの合宿中やデビュー当時、金色のブレスレットや、ドクロの絵が描かれたTシャツを私服で着用していたため、同期の道重さゆみは怖がっていたという。紫色を好み、私服が紫色で統一されていることがよくあり、「ヤンキーっぽい」と言われた。小学生当時は髪を金髪にしていた。

モーニング娘。新メンバー決定特番(2003年1月19日)で初めてメイクをしてもらっていた時、当時中学1年生ながら「目がつり上がるからあまり髪を引っ張り上げないで」と注文を出した[注 7]矢口真里はそうした田中の素直な性格を褒めており、石川梨華も「表現がストレートな子」と評している。

猫好きであり、実際に猫を飼っている[10]。2007年1月に行われた『Hello! Project 2007 Winter 〜ワンダフルハーツ 乙女Gocoro〜』をはじめ、公演に猫耳カチューシャを着けて出演することもある。『ハロモニ@』ではネコ役担当となり、写真集では、仔猫「ワッフル」(田中命名)と共演した。

後藤真希を「尊敬する人」、「憧れの人」と述べており、その特徴的なマイクの持ち方(小指をマイクの下にくぐらせ、薬指との間に挟む)にも影響を受けたという。

友人としてSCANDALHARUNAを挙げている[11]。理想の男性は舘ひろし[12]

モーニング娘。以外になりたかった職業は美容師[13]。また、モーニング娘。に再び加入するならば6期以外では4期に入りたいという[14]

Juice=Juice高木紗友希は、尊敬する先輩として田中を挙げている[15][16]

田中はモーニング娘。を卒業する意思を自ら示し、その後の進路については、プロデューサーのつんく♂からバンド活動を提案されたことで決定した[17]。当初、田中が希望していたのは唄って踊れるユニットだったといい、様々な人に卒業後の進路について相談したという[18]

田中の変化について道重は、「基本的には強がりだが、モーニング娘。加入当初は弱い部分を見せ、飯田圭織が卒業した時には号泣していた。高橋愛がリーダーになった頃からはまったく弱音を見せなくなった。強くなったと思っていたが、田中の弱い部分を引き出せる、田中の『もっとみんなと馴染みたい』という気持ちを理解できるメンバーがいなかった。そうした状況を、10期メンバー、とりわけ佐藤優樹が変えてくれた」と述べている[19]。田中は佐藤から「たなさたん」と呼ばれており、佐藤の「たなさたん」という呼び間違いを、田中は「『美少女戦士セーラームーン』の登場人物セーラーサターンの響きと似ていてカッコイイ」と感じ、佐藤にそう呼ぶよう自ら伝えたという[20]

田中はつんく♂について、「気が強く、自分の意思を曲げない私がまわりとうまくいかない時などは、どこからか情報を聞きつけ、連絡をしてくれた。そんな彼にはだんだん心が開けて、人に相談できないことも彼にはできるようになった。モーニング娘。卒業後について彼から聞かれ、『福岡に帰ります』と答えると、『それはもったいない。考え直して』と止めてくれた。説得のメールが何度も来た。『今、帰ったら、あかん』。そうして私のためにバンド活動というレールをひいてくれた。あの時彼が福岡に帰ろうとする私を止めてくれていなければ、(芸能人としての)今の私はここにいない」と、また、田中のソロ楽曲である「Rockの定義[注 8]」については、「歌詞を見て、誰にも見せていない本当の(田中)れいなの姿が書かれていて、(作者である)彼が自分をちゃんと見てくれていたのが嬉しかったし、すごく愛を感じた」と述べている[21]

つんく♂は田中を「顔はヤンキー、心は優等生」と評しており、一方で「そこが彼女を苦しめていた部分で、モーニング娘。を卒業した先では、これまでの田中れいなのイメージを壊していってほしい」と述べている。また、「田中には素質として後藤真希のようなスター性や、浜崎あゆみのような女王としての貫禄がある」と評している[22]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

インターネット[編集]

  • オリジナル・ショート・ドラマ 「おじぎ30度」 シリーズ3(2007年1月22日、Dohhh UP!) - 黒田れいな 役
  • UF LICKS(2013年6月21日 - 2014年5月2日、#19 - #64、YouTube) - レギュラーMC
  • MUSIC+(2014年5月9日 - 、YouTube) - 渡瀬マキ中島卓偉と共にレギュラーMC

DVD[編集]

  • ハロハロ!モーニング娘。6期メンバーDVD(2003年7月16日、zetima)
  • アロハロ!田中れいな DVD(2007年2月14日、zetima)
  • Real Challenge!!(2008年10月29日、zetima)
  • 田中れいなDVD『attracted』(2011年3月13日、UP-FRONT WORKS) - e-Hello!(イーハロ)シリーズ、e-LineUP!期間限定販売
  • “田中れいな写真集『きら☆きら』”メイキングDVD〜特別編集版〜(2012年6月30日、2012年5月9日 - 28日受注、UP-FRONT WORKS) - e-LineUP!期間限定販売

舞台・ミュージカル[編集]

映画[編集]

  • 星砂の島、私の島(2004年2月21日、オフィス キタ=ビー・ウィング) - 北条良枝 役
  • よなよなペンギン(2009年12月23日、松竹) - 双子のフェアリー 役(リンリン共演)
  • ヴァンパイア・ストーリーズ BROTHERS(2011年10月8日、ブロスタTV / Thanks Lab.) - ヒサコ 役
  • ヴァンパイア・ストーリーズ CHASERS(2011年10月15日、ブロスタTV / Thanks Lab.) - ヒサコ 役

書籍[編集]

単行本[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • CD&DLでーた 「タナカ(め)せん」(2006年6月14日 - 2013年5月14日、エンターブレイン)
文字やイラストはすべて本人の直筆(直筆原稿の写真製版)。
  • CD&DLでーた 「タナカめせん2 REINA'S MUSIC STYLE」(2013年9月14日 - 2014年7月14日、エンターブレイン)

所属ユニット[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 新垣里沙安倍なつみが共演時などに用いた
  2. ^ 佐藤優樹が用いる
  3. ^ なお、女優の田中麗奈も同じく福岡県出身。
  4. ^ Help me!!」発売記念イベント(1月23日・2月4日・17日)、ファンクラブイベント(2月2日・9日)、ハロー!プロジェクトのコンサート(2月3日)を指す。
  5. ^ 田中は上述の体調不良により公演を欠席したため、光井愛佳が田中のメッセージを代読する形で発表された。
  6. ^ 『モーニング娘。DVDマガジン vol.50』を参照
  7. ^ 翌週1月26日の「ハロー!モーニング。特番の裏側」を参照
  8. ^ LoVendoЯのライブでも披露される

出典[編集]

  1. ^ a b “田中れいな、笑顔でモー娘。卒業 同期・道重と熱い抱擁”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年5月21日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2024798/full/ 2013年5月21日閲覧。 
  2. ^ 田中れいなとバンドやりたい女子メンバー大募集!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. アップフロントディーシー (2012年6月5日). 2012年6月5日閲覧。
  3. ^ 発表があります!(2012年6月5日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2012年6月5日閲覧。
  4. ^ “モー娘。“最年長”田中れいなが来春卒業へ バンド活動に専念”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2018834/full/ 2012年11月19日閲覧。 
  5. ^ “モー娘。田中れいなが十二指腸潰瘍に”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年2月10日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2021566/full/ 2013年4月5日閲覧。 
  6. ^ “【ライブレポート】ハロプロ研修生から新ユニット発表、田中れいな新バンド名も。<Hello! Project 誕生15周年記念ライブ2013冬 〜ブラボー!〜>福岡公演”. BARKS (グローバル・プラス). (2013年2月3日). http://www.barks.jp/news/?id=1000087077 2013年4月9日閲覧。 
  7. ^ LoVendoЯ M-line club 加入のお知らせ”. エムラインクラブ オフィシャルファンクラブWebサイト. アップフロントインターナショナル (2013年5月22日). 2013年5月22日閲覧。
  8. ^ Happy Birthday(2014年8月8日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年8月14日閲覧。
  9. ^ いけない口同士(2013年6月14日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年6月14日閲覧。
  10. ^ 家族を紹介します♪〃(2010年5月1日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年5月1日閲覧。
  11. ^ 出会えてよかった(2013年4月30日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年5月1日閲覧。
  12. ^ 理想の人(2013年7月19日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年7月19日閲覧。
  13. ^ ♪〜devilchan〜♪(2013年6月9日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年6月9日閲覧。
  14. ^ 回答れーな5かな?笑(2013年7月13日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年7月13日閲覧。
  15. ^ 「ハロプロ研修生新ユニット Juice=Juice 「飛躍のシナリオ」を語る」、『Top Yell(2013年5月号)』第23巻第4号、竹書房、2013年4月、 71-72頁。
  16. ^ 高木紗友希. “5/8:Answer 高木紗友希(2013年5月8日)”. Juice=Juiceオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年5月15日閲覧。
  17. ^ 「愛を届けるガールズバンド LoVendoЯ インタビュー」、『Top Yell(2013年5月号)』第23巻第4号、竹書房、2013年4月、 35-36頁。
  18. ^ 「LoVendoЯ」、『ARENA NEO vol.2』、音楽専科社、2013年12月、 60-61頁。
  19. ^ 「道重さゆみ緊急インタビュー [ 田中れいな卒業を語る ]」、『Top Yell(2013年1月号)』第22巻第12号、竹書房、2012年12月、 10-11頁。
  20. ^ たなさたん。(2012年9月27日)”. 田中れいなオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年5月22日閲覧。
  21. ^ (絆ストーリー)ガールズ・ロックバンド LoVendoЯ 田中 れいなさん”. LETTER for LINKS. エフエム東京 (2014年4月27日). 2014年4月27日閲覧。
  22. ^ “モーニング娘。「ブレインストーミング / 君さえ居れば何も要らない」特集”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月15日). http://natalie.mu/music/pp/morningmusume/page/6 2013年4月27日閲覧。 

参考文献[編集]

  • ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
  • 田中れいなオフィシャルブログ「田中れいなのおつかれいなー」

外部リンク[編集]

アップフロントグループによるYouTubeオリジナル番組。毎週金曜日配信。「UF LICKS」(2013年2月15日 - 2014年5月2日)からリニューアル。