希美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。
希美
基本情報
出生名 希美
別名 杉浦 希美(本名)[1][2]
愛称 ちゃん、ののたん、のん
出生日 1987年6月17日(27歳)
血液型 O型
出生・出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル J-POP
職業 歌手タレント
活動期間 2000年 -
レーベル zetima
(2000年 - 2007年)
PICCOLO TOWN
(2009年 - )
事務所 アップフロントプロモーション
(2000年 - 2013年)
アップフロントクリエイト
(2013年 - )
公式サイト 希美
希美オフィシャルファンクラブページ

希美(つじ のぞみ、1987年6月17日 - )は、日本歌手タレントである。本名、杉浦 希美(すぎうら のぞみ)[1][2]。愛称はちゃんののたんのんののなど。一人称はのん。ここ数年はおバカタレントとしてTV出演をしている。

東京都板橋区出身。アップフロントクリエイト所属。元ハロー!プロジェクトの一員。元モーニング娘。の第4期メンバー。女性デュオW(ダブルユー)のリーダーであった。身長153cm[3]。夫は俳優杉浦太陽

略歴[編集]

2000年
2001年
2003年
  • 10月、ハロプロフットサルチーム、『Gatas Brilhantes H.P.』のゴレイロ(GK 背番号12番)としてメンバーに選抜される。背番号は2004年以降は1番となる。
  • 11月10日、初のソロ写真集「のの♥」を発売。
2004年
2006年
  • 2月、加護の喫煙スキャンダルでWとしての活動を休止(実質終了)。ソロ名義での活動に移行。Wのみならずガッタスの活動からも離れ、ソロタレントとして動けるようになりかえって仕事が増える(2005年から加護とで個別に番組出演することがあった)。
  • 7月22日、Hello! Project 2006 Summerワンダフルハーツランドコンサート公演中、ステージから転落、右足関節[三角靭帯]]を損傷。翌7月23日紺野あさ美の卒業公演には松葉杖をついて登場した。
2007年
  • 4月1日、アテナ役として声の出演をするTVO・テレビ東京系アニメロビーとケロビー』が放送開始。
  • 4月24日、ギャル曽根時東ぁみとともに新ユニット「ギャルル」を結成(芸名は「つじじ」として)、土浦のイベントでデビューした。しかし後述の通りすぐ脱退。代役は安倍麻美
  • 4月26日、5月4日から石川梨華とのダブルキャストの舞台「何日君再来」を急性胃腸炎のため、降板することが発表された。代役は吉澤ひとみ[4]5月22日千秋楽には舞台出演者への謝罪と舞台観覧を行った[5]
  • 5月8日、妊娠9週目であり、相手は俳優杉浦太陽であることがスポーツ報知などにより報じられた。妊娠により芸能活動は休止[6]
  • 5月16日、『ロビーとケロビー』の主題歌ここにいるぜぇ!』を“アテナ(唄:希美)”名義でリリース、歌手としてソロデビュー。同曲は、リリース当時自身も在籍していたモーニング娘。のシングルのカバーである。
  • 6月21日、都内の区役所に代理人を通じて婚姻届を提出。
  • 11月26日、午前0時45分に女児出産。
2009年
  • 1月30日、アメーバブログブログ開始。
  • 1月31日、仕事復帰[7]
  • 3月、赤ちゃん本舗とコラボレーションし、自身がプロデュースしたベビー服ブランドを立ち上げる。
  • 3月31日、ハロー!プロジェクトを卒業。翌月より新ファンクラブM-line clubに所属。
  • 10月10日、初の単独著作本「ちゃんのリボンDays」をワニブックスから出版。
2010年
  • 2月、ギャルママ雑誌『I LOVE mama』の2月号にて同誌に初登場、表紙を飾った[8]。更に6月号でも表紙に登場[9]
  • 12月の暮れ、第2子となる男児を出産した[10]
2011年
  • 6月17日、自身の24歳の誕生日に、著作本「のんちゃんぷる -mother-」を講談社から出版。
2012年
  • 4月末より、テレビ出演を含む活動を再開。
  • 9月5日、第3子を妊娠。
2013年
2014年

人物、エピソード[編集]

2000年、モーニング娘。に加入。ミニモニ。など子供受けのキャラクターで一世を風靡する一方、UFPタレントには珍しくギャル系の支持も根強い。結婚・出産以降は育児関連の仕事も手掛けるようになった。

  • のの」の由来はが小さい頃「のぞみ」の「ぞ」を発声できず「のみ」になったため。
  • 18歳の時、当時25歳の俳優杉浦太陽に対し「1週間に3回ぐらい告白」した結果交際を開始し[13]、その後できちゃった結婚(当事者は否定)により入籍。これに伴い舞台やユニットギャルルはメンバー変更となった。記者会見では「避妊はしなかったのか」という質問が飛び出した。
  • 公式ブログでは、手作り料理を公開しているが、ほとんどが母親から伝授されたものである。夫の杉浦太陽によると、大量に作る傾向があり、家族全員で食べきれずに残ることが多いという。ハンバーグなどをハート型にする事が多い。
  • 祖母、母、と、3代続けて20歳で出産したことを雑誌で告白している。
  • 自身と長女、長男が喘息を患っていることをブログで明かしている[14]

ハロー!プロジェクト[編集]

  • モーニング娘出身のメンバーでは、同期の石川梨華吉澤ひとみ、先輩の安倍なつみ矢口真里と特に交友が深い。石川のことを自分の母親のように慕っており、また、先輩の安倍や飯田に抱きついたり膝に乗っかったりと甘えん坊な面もある。安倍のモーニング娘。卒業時にはが感極まって卒倒した場面もあった。
  • 後輩の小川麻琴紺野あさ美とも仲が良い。紺野は「ちゃんに憧れてオーディションを受けた」と告白している。
  • 同期の加護亜依とはオーディションの時から非常に気が合い、デビュー後も「双子みたい」と言われるほど特別に仲が良かったが、加護が10代での喫煙問題により解雇処分を受けてからは絶縁状態となり、少なくとも公式の付き合いはできなくなってしまった。それでも個人的には加護のことを気にかけており、2011年9月に加護の自殺未遂が報道された際には、自身のブログに加護を気遣う内容のコメントを載せた[15]。その後、同年12月に加護の入籍妊娠が報道された際、そして2012年6月に加護の出産が報道された際には、やはり自身のブログに加護を祝福する内容のコメントを載せている。
  • デビューコンサート等で「22」のついた衣装を着ていることから「22」はを象徴する番号となっている。
  • 公式ブログ内で、モーニング娘。に所属時代、1番のピーク時の体重が身長151cmで60kgあったことを告白している。原因は、モー娘時代に多忙であり、かつ、中学校にもまともに出席できないことから起きた過度のストレスであり、結果、食べ物を大量に食べていたからである。番組の収録後に救急車病院にはこばれたこともあった。
  • 身体能力はハロー!プロジェクト全体の中でもトップクラス。特に瞬発力に優れており、短距離走腕相撲フラフープバレーボールなどの種目が得意なことで知られる。特にフラフープに関してはギネスブック記録保持者でもある。
  • その運動能力を生かし、ハロー!プロジェクトフットサルチームGatas Brilhantes H.P.のゴレイロ(GK)を務め、最近ではFPと兼任していた。背番号は2003年までは12番だったが、2004年以降は1番となった。

特徴[編集]

  • デビュー当時は口元の八重歯が特徴的だった。ただし現在は他の芸能人同様、義歯を使用して美しく整えている。
  • 自他共に認める大食いキャラ。2001年7月1日放送のハロー!モーニング。では焼きそばをゲームで獲得できなかった際、「ら(だ)ってみんな自慢すんら(だ)も〜ん」と悔し泣き。「焼きそば事件」「・悔し涙ぽろり」として伝説となった。
  • 2004年頃より、髪飾りにリボンを頻繁に使い、のシンボルマークとなった。特に試合で着用し、曰く「元気の源」。「リボン担当の希美です」「リボン無しでは生きていけない」「(リボンを着ければ)フットサルのボールが捕れる」等の発言も。しかし、2010年後藤真希の母親の通夜に参列した際、黒色ではあるがリボンを付けてきた(さらにミニスカートであった)ため、物議を醸した[16]

趣味・嗜好[編集]

記録[編集]

  • 巨大フラフープ回転(30秒)世界記録 12.8メートル (2005年ギネスブック記載)尚ギネスブックには名前が「tsuji」とあるべきところが「tsuju」と誤って記載されている。

学力・常識面[編集]

  • めちゃ×2イケてるッ!の特番「私立岡村女子高等学校。」の岡女期末試験では、数学は上位だったが英語の点数がほとんど取れなかった。結果発表の後、その英語の珍回答を公開されてしまい最下位となる。翌年夏に行われた真の馬鹿(「サマージャンボバカ」)争いでは何とか最下位を逃れた。さらにその2年後の秋に行われたWBC(ワールド・バカ・クラシック)決定戦までの間に英会話教室に3か月通ったが、その成果が発揮されることはなかった。しかし、辛くも最下位は逃れた。

音楽[編集]

シングル[編集]

カバーアルバム[編集]

  • みんなハッピーママのうた(2010年11月24日発売)[17]

出演[編集]

所属各ユニットのページも参考。

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

レギュラー・準レギュラー[編集]

特別番組[編集]

  • 21世紀のライト兄弟〜空飛べ夢乾電池〜ナレーション(2006年、ケーブルテレビ)
  • プレミアの巣窟(2006年2月3日、7月20日、フジテレビ)
  • 一葉の想い(2006年3月4日、フジテレビ)
  • HELLO! PROJECT SPORTS FESTIVAL 2006(Hello!Project 2006年5月5日、フジテレビ721
  • HELLO! PROJECT SPORTS FESTIVAL 2006 in SAITAMA SUPER ARENA 〜HELLO! DIVA ATHLETE〜(2006年5月5日、フジテレビ721)
  • ワンダフルハーツランド ハロー!プロジェクト2006(2006年9月30日、NHK-BS2

フットサル番組[編集]

  • 恋するフットサル(2006年、フジテレビ)
  • KICK IN! GAROTAS フットサルTV(2006年2月19日、3月19日、8月5日、BSフジ
  • SPHERE LEAGUE すかいらーくグループシリーズ 2ndステージ(2006年2月23日、フジテレビ739)
  • SPHERE LEAGUE すかいらーくグループシリーズ 2ndステージ-決勝PK戦(2006年2月28日、フジテレビ739)
  • SPHERE LEAGUE すかいらーくグループシリーズ 2ndステージ-リメイク完全版(2006年3月、フジテレビ739)
  • SPHERE LEAGUEすかいらーくグループシリーズ3rdステージ (Gatas Brilhantes H.P. 2006年4月30日、フジテレビ739)
  • SPHERE LEAGUE すかいらーくグループシリーズ 4thステージ(Gatas Brilhantes H.P. 2006年5月13日、フジテレビ739)
  • KICK IN! GAROTAS フットサルTV(2006年5月27日、6月24日、BSフジ)
  • フットサル第1回グッドウィルカップ 決勝トーナメント(Gatas Brilhantes H.P. 2006年7月23日、フジテレビ739)

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

インターネット[編集]

  • Curious nono(2006年9月、フレッツスクウェア「ハロー!プロジェクト プラチナBB」)
  • Ameba インタビュー (2009年6月)
  • ママのつくるんカフェ(2009年12月、NTTドコモ携帯電話放送「BeeTV」)
  • 希美インタビュー モッテコ書店 (2010年02月25日)

CM[編集]

Wの項も参照。

DVD[編集]

  • アロハロ!矢口真里・希美DVD(2006年11月22日、アップフロントワークス)

雑誌連載[編集]

  • 「すてきな奥さん」主婦と生活社(2009年4月号 - )

書籍[編集]

写真集[編集]

著作[編集]

  • U+U=W(ユー プラス ユー イコール ダブルユー)(2004年12月4日、竹書房) ISBN 978-4812419472
  • ちゃんのリボンDays(2009年10月10日、ワニブックス) ISBN 978-4847018787
  • ちゃんのウマかわゴハン(2009年11月6日、アスコム) ISBN 978-4776205678
  • のんピース ちゃんの日々スマイル(2009年11月20日、主婦と生活社) ISBN 978-4391138474
  • ちゃん×キティちゃん HAPPY LIFE(2010年6月17日、青志社)ISBN 978-4903853819
  • ちゃんのウマかわゴハン2(2010年9月17日、アスコム) ISBN 978-4776206316
  • のんちゃんぷる -mother-(2011年6月17日、講談社) ISBN 978-4063146790

所属ユニット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 辻希美、杉浦太陽との子供は「35歳までに2年ペースで産みたい!」”. マイコミジャーナル. 2011年8月12日閲覧。
  2. ^ a b ☆免許証☆|辻希美オフィシャルブログ「のんピース」powered by Ameba”. 2011年8月12日閲覧。
  3. ^ 希美オフィシャルブログ『のんピース』(2009年6月4日)
  4. ^ ちゃん急性胃腸炎で舞台降板”. 日刊スポーツ (2007年4月27日). 2007年5月8日閲覧。
  5. ^ 降板舞台千秋楽訪れ…ちゃん大泣き”. スポーツニッポン (2007年5月23日). 2007年5月27日閲覧。
  6. ^ ちゃん、杉浦太陽と結婚!妊娠2ヶ月” (2007年5月8日). 2007年5月8日閲覧。
  7. ^ 元モー娘。ちゃんが本格的に仕事復帰デイリースポーツ
  8. ^ 希美「文化人になりたい」? 次に狙うは"眞鍋かをりポジション"』 2010年2月 メンズサイゾー
  9. ^ 『旦那のおかずはくず野菜! 「I LOVE mama」界における安盛りの実態とは』 2010年4月19日 サイゾーウーマン
  10. ^ 公式ブログ「☆無事☆」2010年12月26日閲覧
  11. ^ 公式ブログ「ご報告^ - ^」2013年3月22日閲覧
  12. ^ JAPAN芸能カルチャー研究所 (2014年8月5日). “篠田麻里子ブランド閉店で注目 芸能人プロデュースの実態は? (2/3)”. THE PAGE. Wordleaf. 2014年8月5日閲覧。
  13. ^ ドラクロワ』2011年2月14日放送分杉浦太陽談
  14. ^ 希美 (2011年4月21日). “おはようっ”. アメーバブログ. 2011年5月22日閲覧。
  15. ^ 2011年9月12日記事
  16. ^ “ゴマキ母通夜にミニスカ&リボン姿で登場…カリスマギャルママ辻ちゃんの呆れたセンス”. リアルライブ. (2010年1月28日). http://npn.co.jp/article/detail/05580111/ 
  17. ^ ☆発表します♪♪☆ - のんピースより
  18. ^ 辻希美が「戦隊」映画出演で親バカ全開”. デイリースポーツonline (2012年6月12日). 2012年6月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]