故郷の空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

故郷の空(こきょうのそら)は、スコットランド民謡メロディ大和田建樹鉄道唱歌などで有名)の詞を乗せた唱歌である。

1888年(明治21年)に、大和田建樹と奥好義の編による唱歌集『明治唱歌 第一集』中の1篇として発表された。

原曲は、ロバート・バーンズの詩を1790年代に曲に乗せた[1]“Comin' Thro' the Rye” として知られている。しかし曲自体は伝統的なスコットランドの曲であり、“Common Frae the Town” で最初に使われ[2]、他にも多くの英語詞がある。

「故郷の空」の詞もバーンズの原曲とは大きく異なり、また他にも、いくつかの内容の異なる日本語詞がある。

[編集]

原曲[編集]

“Comin' Thro' the Rye” 1st Sett

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

原曲は英語圏では、茶目っ気と戯れに満ちた楽しい曲であると評されている[2]

メロディAuld Lang Syne蛍の光の原曲)に似ており、“Auld Lang Syne” はこの曲のバリエーションの1つに由来するとされる[1]

大きく分けて、メロディリズムが少し違う2つのバリエーションがある。最初期の楽譜でありバーンズ共編の The Scots Musical Museum Vol.5 (1796) では、それらを「1.st Sett」「2.d Sett」(以後、「1st Sett」「2nd Sett」と記す)としている[3]。それぞれの詞にはバーンズの詩の別の箇所が使われており、本来は2曲1組だったと思われるが、それぞれ単独で歌われるようになった。

メロディは、「2nd Sett」と「故郷の空」はほぼ同じである。一方「1st Sett」は、4音目がオクターブ低い(6上がる代わりに3度下がる)、第2句(ここでは約13音節を1句とする)が第1句の繰り返し、第3句前半が大きく違うなどの相違がある。またいずれも、「故郷の空」にはない装飾音や短い音符がいくらかある。

リズムはいずれも、「短長」のスコッチスナップ英語版が多用され、4音単位では「長短短長」「短長長短」「短長短長」「長短長短」と変化に富む。それに対し「故郷の空」は全て「長短長短」である。ただし、「故郷の空」とほぼ同時代、19世紀後半の楽譜では、「2nd Sett」のリズムの一部が異なり(冒頭が「短長長短」から「長短短長」など)、若干「故郷の空」に近くなっており[4][5]、現在はこちらのほうが一般的である[1]

故郷の空[編集]

「故郷の空」の曲は、原曲の「2nd Sett」のリズムを「長短長短」のいわゆるピョンコ節に統一し、またメロディやリズムの細部を単純化するなどの編曲をほどこしたものである。この編曲は、『明治唱歌』のオリジナル曲を多く作曲した奥好義による。

メロディがほぼヨナ抜き音階(最後の方に1カ所だけファがある)であることもあいまって非常に覚えやすいため、センチメンタルな歌詞とともに日本人の琴線に触れるものがあり、人気曲であった。

日本の横断歩道に設置されている音響装置付信号機では、この「故郷の空」を「通りゃんせ」とあわせて青信号のメロディに採用しているものが多かったが、近年[いつ?]カッコウスズメの囀りに置き換えられつつある。

歌詞[編集]

Comin' Thro' the Rye[編集]

タイトルは “Comin' Thro' the Rye”。これは「Comming Through the Rye」の方言で、「ライ麦畑で出逢うとき」などと訳される。

この歌詞はスコットランドの大詩人ロバート・バーンズによる詩で、方言が多用されている[2]。この歌詞にもいくつかのバージョン違い(とりわけ方言に関して)があり[2]、バーンズによるオリジナルを特定することは難しい[6]

これを歌詞とした楽譜が最初に出版されたのは、1794年John Watlen による Old Scots Songs とされるが、この本は現存せず、実在に疑問もある[1]。現存する出版物では、1796年の(本になっていない)楽譜が最古で、“If a Body Meet a Body” というタイトルだった[1]。このタイトルは、歌詞の一節「Gin a body meet a body」と同じ意味である。その年のうちに出版された The Scots Musical Museum Vol.5 に収録され、そのときには、タイトルは現在とほぼ同じ “Comin Thro' the Rye”Comin のあとの「'」がない)になっている[3]

O, Jenny's a' weet,[A] poor body,
Jenny's seldom dry:
She draigl't[B] a' her petticoatie,
Comin thro' the rye!

Chorus:
Comin thro' the rye, poor body,
Comin thro' the rye,
She draigl't a' her petticoatie,
Comin thro' the rye!

Gin[C] a body meet a body
Comin thro' the rye,
Gin a body kiss a body,
Need a body cry?[D]

(chorus)

Gin a body meet a body
Comin thro' the glen
Gin a body kiss a body,
Need the warl'[E] ken?[F]

(chorus)

Gin a body meet a body
Comin thro' the grain;
Gin a body kiss a body,
The thing's a body's ain.[G]

(chorus)

Ilka lassie has her laddie,
Nane, they say, ha’e I
Yet all the lads they smile on me,
When comin' thro' the rye.


  • A weet – wet
  • B draigl't – draggled
  • C gin – if, should
  • D cry – call out [for help]
  • E warl – world
  • F ken – know
  • G ain – own


なお、この詞はこの順番で歌われるのではなく、「1st Sett」では第2段落(Comin thro' the rye ~)と第1段落(O, Jenny's a' weet ~)、「2nd Sett」では第3段落(Gin a body ~)と第6段落(Ilka lassie ~)が歌われる[3]

この詞は、「誰かと誰かがライ麦畑で出逢うとき、2人はきっとキスをするだろう。何も嘆くことはない。誰でも恋はするものなんだから……」という内容の戯れ歌である。ライ麦(はだかむぎ)は草丈が大人の背丈ほどあるため、夜でなくても畑の中に紛れ込むと、キス以上のことをしても、恥ずかしい思いをすることがないようだ。

ロジェー・ワグナー合唱団などによるCDが発売されているが、曲も本来はピョンコ節ではなく、また、かなりゆっくりとした、しかも投げやりな調子で歌われている。

このようにバーンズの本来の歌詞は、麦畑でイチャイチャしているという猥らな歌、春歌であり、「故郷の空」とは趣が異なる。英語圏では、この歌は猥歌という認識が強く、ネガティヴなイメージしか抱かれないという。

故郷の空[編集]

故郷を遠く離れて暮らす人が秋の夕暮れに、今頃ふるさとの両親や兄弟たちはどうしているだろうと物思いにふける内容の歌である。

大和田はバーンズが書いた詩を知らなかったようで、全く違う歌詞をつけた。日本では「故郷の空」は明治以後、教育的な唱歌として歌われていくことになる。

バーンズの英語詞では、8+5音節になっているが、これを七六調にしたため、譜割りに不自然なところがある。国語学者金田一春彦は、「子供のころ、「鈴虫」が鳴くのではなく、東北弁で地虫(じむし、みみずの意)が鳴いているのかと思った」と、随筆[どこ?]に書いた。

1.夕空晴れて秋風吹き
 月影落ちて鈴虫鳴く
 思へば遠し故郷の空
 ああ、我が父母いかにおはす
2.澄行く水に秋萩たれ
 玉なす露は、ススキに満つ
 思へば似たり、故郷の野邊
 ああわが弟妹(はらから)たれと遊ぶ

秋の空[編集]

1947年岩佐東一郎の詞による「秋の空」が発表された。歌詞の内容は “Comin' Thro' the Rye” とも「故郷の空」とも違い、紅葉に染まった秋の山の自然が歌われている。

曲は「故郷の空」と同じである。

誰かが誰かと(麦畑)[編集]

戦後、「故郷の空」をバーンズの詩に近い形に改作したのが、詩人の大木惇夫声楽家伊藤武雄共作による「誰かが誰かと」である。「麦畑」とも呼ばれる。

東京藝術大学の教授だった伊藤は、当時東京大学音楽部を指導していた経緯もあって、外国の歌はもっと原語に忠実に訳すべきという考え方からバーンズの詞に近い形に戻した。

曲も、リズムが「故郷の空」のものではなく“Comin' Thro' the Rye”の「2nd Sett」に似るが、「長短短長」がさらに多い独自のリズムになっている。

出かけて 出あって[編集]

1963年7月1日榎本健一木の実ナナデュエットで、シングル「おじいちゃまハイ」のB面曲として発売された。日本語詞は門馬直衛編曲広瀬文雄。内容はバーンズの本来の歌詞に近い。英語表記は“COMIN' THRU' THE RYE”。

誰かさんと誰かさん[編集]

1970年11月5日には、「誰かが誰かを」をさらに発展させた歌が一世を風靡した。なかにし礼の作詞でいかりや長介ザ・ドリフターズが歌った「誰かさんと誰かさん」である。前述のような経緯を辿っているため、これが世に出た時、年配者からは「冒涜的な替え歌」という批判がたくさん出たという。しかしながら、このザ・ドリフターズ版が一番元歌の雰囲気を醸しだすものなのである。

曲は、原曲“Comin' Thro' the Rye”とも「故郷の空」とも違うリズムとなっている。

他作品での使用[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]