梯子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
消防車の梯子(はしご車)
家屋の中に備え付けられた梯子
登山道によく見られる梯子(大普賢岳
造園用の木と竹でできた脚立

梯子(はしご、ていし、英語:ladder)とは、昇降のための道具[1]。はしごに「梯」や「階子」の字をあてることもある。の表面などに立てかけて使う固い材質(木・竹・金属など)でできたものと、頂上から吊るして使うなどでできたものがある。固い材質の梯子は移動して用いられることが多いが、建物の壁に永久的に固定されているものもある。鉄道車両においては緊急時に車両から脱出する場合に使用する。

概要[編集]

一般的な梯子は二本の縦木に足場となる横木を一定間隔で固定したものである[1]。梯子の足場は格(こ)またはと呼ばれる。

一般的な金属製の梯子には、2本の枠がいくつかの格で連結され移動する部分を持たない形状の固定された梯子、固定された梯子が2つまたはそれ以上の長さに分割され保管に便利になっている延長する梯子(その長さは互いにスライドさせることにより最大の長さとなる。地上の操作者によって簡単に延長できるよう、滑車のシステムが付いており、二連梯子、三連梯子などと呼ばれる)、伸縮自在の梯子(枠が短い同一形状の管材でできており、保管のためにそれぞれが内部にスライドする)などがある。

固い梯子は木製や竹製のものがもともと多かった。20世紀にはアルミニウムが軽量であることから一般的になった。電線の近くで作業するための梯子には、絶縁体の竹やガラス繊維強化プラスチック製の梯子が使われている。他、チタン製でアルミ製よりも軽量なものもある。

使用法[編集]

使用法と注意点[編集]

鉛直方向に架ける移動式の固い梯子は、鉛直から15度の角度に傾斜して使うことが安全上望ましい。言い換えると、壁から梯子の足までの距離は梯子の長さのおよそ1/4にすると良いことになる。より急な角度では、登った人が後方に倒れる危険がある。より緩やかな角度では、梯子が地面を捉えなくなることがある。

橋梁点検等において、移動梯子は一時的な足場として使用されることがあるが、日本の労働安全衛生規則第518条では2m以上の高所作業をする際には作業床を設けるか、墜落防止措置を講じなければならないことが規定されている(梯子は作業床の要求を満たしていない)。

付属品[編集]

梯子が地面をしっかり捉えるよう、梯子を安定させる装置がある。前項で説明したように15度の角度を保つことができるように予め接地部分を15度分欠く構造にしたり、接地面に合わせて関節のように動くような構造を持つものがある。また、ゴムなどの摩擦力の強い素材を端点に装着されていることがある。

梯子の上端を壁から遠ざけて保持するために支柱が付属されている場合がある。これにより、屋根の軒のような突き出した障害物を避けることができ、梯子を安全に用いる高さを増加させることができる。

特殊な梯子[編集]

  • 一本梯子
一本の丸太に足場となる窪みを複数入れたもの。丸太梯子ともいう[1]
  • 百足梯子
一本の木あるいは竹にムカデのように足場となる棒を左右に取り付けたもの。
  • 二股梯子
二股になっている木を用いた梯子[1]。A字状に置き横に数本の横木を交わしたもの。
  • 屋根梯子
頂上に大きなフックがあり、傾いた屋根の尾根を挟む固い梯子。
  • フック梯子
頂上に大きなフックがあり、窓の下枠を挟む。消防士が使用する。鍵付き梯子とも言う。
  • 回転する梯子
消防車についている頂上に回転する台を持つ伸縮できる梯子
  • 脚立(きゃたつ、stepladder)
梯子が地面に自立するようにしたもので、二つの梯子を逆V字型(山型)になるように組み合わせ、金具で開く角度を固定し、上に天板を置いてその上に乗れるようにしたもの。二つの梯子の角度は変えることも可能で、角度が180度になるまで開くことで、まっすぐな一つの梯子として使うこともできる。アルミ製のものが多いが、古い形の脚立は、三角形の形に組んだ木の梯子に、支えとなる棒を取り付け、棒と梯子の角度が開いてしまわないように紐で固定するというものだった。
  • 縄梯子
縄梯子は保管場所が極端に限られている場所、または重さを最小限にしなければならない場所に用いられる。それらは固いもしくは柔軟な格を持っている。縄梯子を上るためには、振り子のように揺れるために、固い梯子よりも技能を要する。

軍事用[編集]

戦国期の攻城戦において兵が用いる特殊な梯子があり、例として、『軍法極秘伝書』(竹中重治著と伝わる兵法書)や『海国兵談』には、以下のものが絵図に示されている[2]

  • 継橋(つぎはし)
現代でいうところの伸縮(延長)型の梯子であり、このタイプが16世紀時点で軍事に使用されていた事がわかる。上泉信綱伝の『訓閲集』(大江家の兵法書を戦国風に改めた書)巻九「軍器」にも同様の絵図が紹介されているが、こちらの表記は、「継楷」が用いられている。
  • 投橋(なげはし)
両端に縄(または鎖)付きで、架けるのに用いる。上泉信綱伝の『訓閲集』では、「投楷」の表記で絵図が描かれている。
  • 行天橋(ぎょうてんばし)
海国兵談』に記述と絵図があり、車輪付きの梯子で、外観は階段に近く、石垣を登るのに使用された。

鉄道車両用の梯子[編集]

鉄道車両においては、緊急事態が発生した場合に乗客を車両から避難させるため、車両によっては梯子を設置している。これは車両の床面と地上とは高さが約1mあり、飛び降りることは危険なためである。

小田急4000形の床下ハシゴ
東武50050系の床下ハシゴ箱

主に地下鉄車両では緊急時において前面の貫通扉を開け、梯子をかけて乗客を避難させる。基本的に梯子は折りたたみ式の形状で、車両によっては併設して手すりも設置される。珍しい例では東京地下鉄において使用されている6000系7000系8000系においては、貫通扉裏側に直接非常階段を取り付けており、使用時にはこれを前に倒して使用する車両もある。

地上線を走る鉄道では緊急に乗客を避難させる場合には側面のドアを開け、座席シートを使用して避難させることを考慮していた。これは従来使用されていた脚台(蹴込み)で座席を支える方式では、座面は板状の骨組みに詰物・座席表地を巻いて脚台に固定してあるだけである。このため、これを外してドアに引っ掛けて「すべり台」のようにして乗客を避難させることが可能であった。しかし、2000年代になると片持ち式座席の普及で、このような避難の方式が不可能となった。これは片持ち式では、座面が壁で支持された骨組みに詰物・表地をかけただけで、脚台式のように取り外して使用することは不可能なためである。

この座席構造の車両ではさまざまな方法で梯子を用意している車両がある。座席の背ずりの裏側に梯子を取り付けてある車両(例:京王9000系)や背ずりを外すと梯子が収納されている車両(例:小田急3000形2次車以降)がある。そのほか、見られるのが床下へ設置する車両である。これは床下に梯子をつり下げておき、緊急時に引き出し、組み立てて使用するものである(例:東武50000系列西武30000系小田急4000形東急3000系以降の新形式車両など)。また2010年代より近畿日本鉄道の車両にも梯子を取り付けを開始しているが、同社では運転席後部や妻面付近などの車内の空きスペースを活用して設置している。

慣用句[編集]

梯子酒[編集]

次々と場所を変えてを飲むことを指す梯子酒梯子飲みを略して梯子と呼ぶことがある。 転じて、次々と場所を変えることを梯子すると呼ぶことがある。

梯子を外される[編集]

梯子を使って高所に上った者が梯子を外されて置き去りにされる様子から、味方の相反する行動によって孤立してしまうことを「梯子を外される」という。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本民具学会 『日本民具辞典』ぎょうせい p.443 1997年
  2. ^ 参考・早稲田大学 古典籍総合データベース内において、当書の絵図の観覧が可。

関連項目[編集]