梯子酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

梯子酒(はしござけ)とは、 次々と場所を変えてを飲むこと。

本来は、梯子を1段ずつ登っていくように、なじみの店を1軒ずつ尋ね歩いて飲むということであった。現代では、『スーダラ節』で歌われるように、サラリーマンらが帰宅前に数軒訪れることも多い。また、各地ではしご酒大会も開催されている。

英語では同様の行為をパブクロール(pub crawl)、バーツアー(bar tour)、バークロール(bar crawl)、バーホッピング(bar-hopping)という。

はしご酒大会[編集]

はしご酒大会の実態はさまざまであり、数軒を巡ってお酒を飲みゴールする時間を競うものもあれば、お酒を楽しむことだけが目的の場合もある。著名なものとしては札幌すすきの祭りの前夜祭として開催される「すすきのはしご酒大会」や、小樽市の「小樽はしご酒大会」などが挙げられる。

こうしたはしご酒大会の発祥は、北海道の岩見沢市で開催されている『いわみざわドリンクラリー』(北海道観光社交事業協会岩見沢支部主催)と言われており[1]、開催回数を見ても、いわみざわドリンクラリーは著名なはしご酒大会の倍以上となる24回目[2]を数えている。また、岩見沢市と同じ空知地方に属する砂川市の「夜の酔人(スイート)ロードはしご酒大会」も22回と開催回数が多い事から、空知地方に強く根付いた文化との見方もできる。

参照文献[編集]

  1. ^ 小樽ジャーナル
  2. ^ 2013年10月時点。先述のすすきのはしご酒大会は8回、小樽はしご酒大会は11回

関連項目[編集]