エルトゥールル号遭難事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルトゥールル号殉難将士慰霊碑
(和歌山県串本町)
写真はオスマン帝国海軍「エルトゥールル」。

エルトゥールル号遭難事件(エルトゥールルごうそうなんじけん)とは、1890年明治23年)9月16日夜半、オスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル(Ertuğrul Fırkateyni)が、現在の和歌山県串本町沖にある、紀伊大島樫野埼東方海上で遭難し500名以上の犠牲者を出した事件。

現在、和歌山県串本町とトルコのヤカケント町、メルスィン市は姉妹都市である。樫野崎灯台そばには、エルトゥールル号殉難将士慰霊碑およびトルコ記念館が建っており、町と在日本トルコ大使館の共催による慰霊祭が5年ごとに行われている。

事件の経過[編集]

アブデュルハミト2世

訪日[編集]

木造フリゲート・エルトゥールル(1864年建造、全長76m)は、1887年に行われた小松宮夫妻のイスタンブル訪問に応えることを目的に、オスマン帝国海軍の航海訓練を兼ねて大日本帝国日本)へ派遣されることとなった。

1889年7月14日、イスタンブルを出港。数々の困難に遭いながらも航海の途上に立ち寄ったイスラム諸国で歓迎を受けつつ、11ヶ月をかけて翌1890年6月7日に、ようやく日本に到着した。横浜港に入港したエルトゥールルの司令官オスマン・パシャを特使とする一行は6月13日に皇帝親書を明治天皇に奉呈し、オスマン帝国最初の親善訪日使節団として歓迎を受けた。

帰途に遭難[編集]

紀伊大島トルコ記念館の直下の海岸。画面奥中央の岩礁にエルトゥールル号が乗り上げ座礁した。

エルトゥールルは出港以来、蓄積し続けた艦の消耗や乗員の消耗、資金不足に伴う物資不足が限界に達していた。また、多くの乗員がコレラに見舞われたため、9月15日になってようやく横浜出港の目処をつけた。そのような状況から、遠洋航海に耐えないエルトゥールルの消耗ぶりをみた日本側が台風の時期をやり過ごすように勧告するも、オスマン帝国側は、その制止を振り切って帰路についた。このように無理を押してエルトゥールルが派遣された裏には、インド東南アジアムスリム(イスラム教徒)にイスラム教の盟主・オスマン帝国の国力を誇示したい皇帝アブデュルハミト2世の意志が働いており、出港を強行したのも、日本に留まりつづけることでオスマン帝国海軍の弱体化を流布されることを危惧したためと言われている。遭難事件はその帰途に起こった。

9月16日21時ごろに[1]、折からの台風による強風にあおられ紀伊大島の樫野崎に連なる岩礁に激突、座礁したエルトゥールルは、機関部に浸水して水蒸気爆発を起こし22時半ごろに沈没した[1]。これにより、司令官オスマン・パシャをはじめとする600名以上が海へ投げ出された。

救難活動[編集]

樫野埼灯台

樫野埼灯台下に流れ着いた生存者の内、約10名が数十メートルの断崖を這い登って灯台にたどりついた。灯台守は応急手当てを行なったが、お互いの言葉が通じず、国際信号旗を使用して、遭難したのがオスマン帝国海軍軍艦である事を知った[1]。通報を受けた大島村(現在の串本町)樫野の住民たちは、総出で救助と生存者の介抱に当たった。この時、台風により出漁できず、食料の蓄えもわずかだったにもかかわらず、住民は浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、それに非常用のニワトリすら供出するなど、生存者たちの救護に努めた。この結果、樫野の寺、学校、灯台に収容された69名が救出され、生還することが出来た。その一方で残る587名は、死亡または行方不明となり、大惨事となった。遭難の翌朝、事件は樫野の区長から大島村長の沖周(おき しゅう)に伝えられた。付近を航行中だった船に、大島港へ寄港してもらい、生存者2名が連絡の為神戸港に向かった。神戸港に停泊中だったドイツ砲艦「ウォルフ」が大島に急行し、生存者は神戸に搬送、病院に収容された[1]。沖村長はを通じて大日本帝国政府に通報した。知らせを聞いた明治天皇は、政府に対し、可能な限りの援助を行うよう指示した。各新聞は衝撃的なニュースとして伝え、義捐金・弔慰金も寄せられた。

送還[編集]

日本海軍コルベット艦、「比叡」と「金剛」が、遭難事故の20日後の10月5日に、東京の品川湾から出航、神戸で生存乗員を分乗させ、翌年の1891年1月2日にオスマン帝国の首都・イスタンブルに送り届けた[1]。なお2隻には、秋山真之海兵17期生少尉候補生として乗り組んだ。

トルコでは知名度が高い事件ではなく、2012年2月から3月にかけて外務省がトルコの民間会社に委託して行った調査によると、エルトゥールルの遭難事件を「知っている」と回答したのは29.9%程度で、日本の経済協力案件である第2ボスポラス大橋(44.9%)や、マルマライ計画(52.5%)より、認知度は低い[2]

追悼と検証[編集]

串本町で5年に一度、追悼式典が行われており[3]2008年平成20年)6月7日、訪日していたアブドゥラー・ギュル大統領は、同国の大統領として初めてこの地を訪れ、遭難慰霊碑前で行われた追悼式典に出席し献花を行った。

エルトゥールルの残骸は、2007年(平成19年)から、トルコを中心とする数カ国からなる水中考古学の調査団が調査を進めている[4]2008年(平成20年)1~2月、米国・海洋考古学研究所のトルコ人スタッフらが発掘調査を行い、遺骨や弾丸など1000点以上の遺品を引き揚げた。錨は未だに見つかっておらず、2010年(平成22年)1月8日に沈没地点近くの海底にて探索作業が行われている[5]

エルトゥールル号遭難事件を扱った作品[編集]

小説
『海の翼』
秋月達郎(2010年3月 新人物往来社新人物文庫 / 2014年7月 PHP文芸文庫)
映画
『海難1890』
日本・トルコ合作(2015年12月公開予定)として製作が進められている[6]
漫画
『Teşekkür ederim』
石川雅之講談社モーニング』2014年21・22合併号掲載読切作品)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 駐日土耳其國大使館 『エルトグルル號』、1937年
  2. ^ トルコにおける対日世論調査(結果概要)”. 外務省. 2012年5月22日閲覧。
  3. ^ そうだったのか!池上彰の学べるニュース 2月9日放送
  4. ^ 船甲羅周辺で遺品多数 トルコ軍艦調査団」『紀伊民報』(2007年1月27日)
    来年、遺品引き揚げ トルコ軍艦調査団」『紀伊民報』(2007年1月27日)
    串本町沖で沈没したエルトゥールル艦の引き上げプロジェクト、今月実施Milliyet(2007年1月5日)東京外国語大学による日本語訳
  5. ^ “1890年に沈没トルコ軍艦、錨はどこに?”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2010年1月8日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100108-OYT1T00824.htm 2010年1月8日閲覧。 
  6. ^ 「海難1890」製作委員会 - オフィシャルサイト

参考文献[編集]

  • 森修『トルコ軍艦エルトゥールル号の遭難:日本・トルコ友好の偉大な礎石』(日本トルコ協会 1990年
  • 松谷浩尚『イスタンブールを愛した人々』(中公新書 1998年
  • 小松香織『オスマン帝国の近代と海軍』(山川出版社 世界史リブレット 2004年
  • 高橋忠久、長場紘、大村幸弘、松原茂樹他『エルトゥールル号回顧展:日本とトルコ友好のかけ橋』(中近東文化センター附属博物館 2007年
  • 山田邦紀、坂本俊夫『東の太陽、西の新月-日本・トルコ友好秘話「エルトゥールル号」事件』(現代書館 2007年)ISBN 978-4-7684-6958-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]