エルトゥールル号遭難事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルトゥールル号殉難将士慰霊碑
(和歌山県串本町)
写真はオスマン帝国海軍「エルトゥールル」。
JR串本駅前に建立されたエルトゥールル号遭難事件の記念碑

エルトゥールル号遭難事件(エルトゥールルごうそうなんじけん)とは、1890年明治23年)9月16日夜半、オスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル(Ertuğrul Fırkateyni)が、現在の和歌山県串本町沖にある、紀伊大島樫野埼東方海上で遭難し500名以上の犠牲者を出した事件である。この事件は、日本トルコの友好関係の始まりと考えられている。

現在、和歌山県串本町の樫野崎灯台そばには、エルトゥールル号殉難将士慰霊碑およびトルコ記念館が建つ。また、町と在日本トルコ大使館の共催による慰霊祭も5年ごとに行われている。

事件の経過[編集]

アブデュルハミト2世

訪日[編集]

木造フリゲート・エルトゥールル(1864年建造、全長76m)は、1887年に行われた小松宮夫妻のイスタンブル訪問に応えることを目的に、オスマン帝国海軍の航海訓練を兼ねて大日本帝国日本)へ派遣されることとなった。

1889年7月14日、イスタンブルを出港。数々の困難に遭いながらも航海の途上に立ち寄ったイスラム諸国で熱烈な歓迎を受けつつ、11ヶ月をかけて翌1890年6月7日に、ようやく日本に到着した。横浜港に入港したエルトゥールルの司令官オスマン・パシャを特使とする一行は6月13日に皇帝親書を明治天皇に奉呈し、オスマン帝国最初の親善訪日使節団として歓迎を受けた。

帰途に遭難[編集]

紀伊大島トルコ記念館の直下の海岸。画面奥中央の岩礁にエルトゥールル号が乗り上げ座礁した。

エルトゥールルは出港以来、蓄積し続けた艦の消耗や乗員の消耗、資金不足に伴う物資不足が限界に達していた。また、多くの乗員がコレラに見舞われたため、9月15日になってようやく横浜出港の目処をつけた。そのような状況から、遠洋航海に耐えないエルトゥールルの消耗ぶりをみた日本側が台風の時期をやり過ごすように勧告するも、オスマン帝国側は、その制止を振り切って帰路についた。このように無理を押してエルトゥールルが派遣された裏には、インド東南アジアムスリム(イスラム教徒)にイスラム教の盟主・オスマン帝国の国力を誇示したい皇帝アブデュルハミト2世の意志が働いており、出港を強行したのも、日本に留まりつづけることでオスマン帝国海軍の弱体化を流布されることを危惧したためと言われている。遭難事件はその帰途に起こった。

9月16日21時ごろに[1]、折からの台風による強風にあおられ紀伊大島の樫野崎に連なる岩礁に激突、座礁したエルトゥールルは、機関部に浸水して水蒸気爆発を起こし22時半ごろに沈没した[1]。これにより、司令官オスマン・パシャをはじめとする600名以上が海へ投げ出された。

救難活動[編集]

樫野埼灯台

樫野埼灯台下に流れ着いた生存者の内、約10名が数十メートルの断崖を這い登って灯台にたどりついた。灯台守は応急手当てを行なったが、お互いの言葉が通じず、国際信号旗を使用して、遭難したのがオスマン帝国海軍軍艦である事を知った[1]。通報を受けた大島村(現在の串本町)樫野の住民たちは、総出で救助と生存者の介抱に当たった。この時、台風により出漁できず、食料の蓄えもわずかだったにもかかわらず、住民は浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、それに非常用のニワトリすら供出するなど、生存者たちの救護に努めた。この結果、樫野の寺、学校、灯台に収容された69名が救出され、生還することが出来た。その一方で残る587名は、死亡または行方不明となり、大惨事となった。遭難の翌朝、事件は樫野の区長から大島村長の沖周(おき しゅう)に伝えられた。付近を航行中だった船に、大島港へ寄港してもらい、生存者2名が連絡の為神戸港に向かった。神戸港に停泊中だったドイツ砲艦「ウォルフ」が大島に急行し、生存者は神戸に搬送、病院に収容された[1]。沖村長はを通じて大日本帝国政府に通報した。知らせを聞いた明治天皇は、政府に対し、可能な限りの援助を行うよう指示した。各新聞は衝撃的なニュースとして伝え、多くの義捐金・弔慰金が寄せられた。

送還[編集]

こうして遭難者に対する支援が政府をあげて行われ、日本海軍の「比叡」と「金剛」が、遭難事故の20日後の10月5日に、東京の品川湾から出航、神戸で生存乗員を分乗させ、翌年の1891年1月2日にオスマン帝国の首都・イスタンブルに送り届けた[1]。なお2隻には、秋山真之海兵17期生少尉候補生として乗り組んだ。

遭難事件後の日土関係[編集]

エルトゥールルの遭難はオスマン帝国内に大きな衝撃を呼んだが、アブデュルハミト2世のもとでは人災としての側面は覆い隠され、天災による殉難と位置付けられ、新聞で大きく報道されるとともに、遺族への弔慰金が集められた。またこのとき新聞を通じて大島村民による救助活動や、日本政府の尽力が伝えられ、当時オスマン帝国の人々は、遠い異国である日本日本人に対して、好印象を抱いたといわれている。

山田寅次郎[編集]

茶道宗徧流の跡取り、山田寅次郎もこの事件に衝撃を受けた日本人のひとりであった。彼は日本国内で民間から『エルトゥールル号事件の犠牲者の遺族に対する義捐金』を集めるキャンペーンを行い、事件の翌々年に、集まった義捐金を携えて自らオスマン帝国の首都・イスタンブルに渡った。

山田が民間人ながら義捐金を持ってやってきたことが知られるや、彼は熱烈な歓迎を受け、皇帝アブデュルハミト2世に拝謁する機会にすら恵まれた。このとき、皇帝の要請でトルコに留まることを決意した山田は、イスタンブルに貿易商店を開き、士官学校で少壮の士官に日本語や日本のことを教え、政府の高官のイスタンブル訪問を手引きするなど、日土国交が樹立されない中で官民の交流に尽力した。彼が士官学校で教鞭をとった際、その教えを受けた生徒の中には、後にトルコ共和国の初代大統領となったムスタファ・ケマルもいたとされる。

山田がイスタンブル滞在中に起こった日露戦争が日本の勝利に帰すと、長らくロシアから圧力を受け続け、同様にロシアの南下圧力にさらされる日本に対して、親近感を高めていたオスマン帝国の人々は、東の小国日本の快挙としてこれに熱狂した。日本海海戦時の連合艦隊司令長官であった東郷平八郎提督にちなんで、トーゴーという名を子供につけることが流行したという。

日土国交[編集]

大日本帝国とオスマン帝国の外交当局による国交交渉は何度も行われたが、大日本帝国側が欧米列強と同等の待遇の条約を望み、治外法権を認めるよう要求したのに対し、オスマン帝国は不平等条約の拡大を嫌い、両者の交渉が暗礁に乗り上げたため、オスマン帝国の滅亡まで正式な国交が結ばれることはなかった。

1914年大正3年)、第一次世界大戦が勃発すると、ドイツら同盟国側に引き入れられつつあったオスマン帝国の対外情勢は緊迫し、山田はイスタンブルの店を閉鎖して日本へと帰国した。この戦争でイギリスら連合国の側についた大日本帝国は、オスマン帝国とは敵同士となり、戦後のオスマン帝国の解体とトルコ共和国の成立という目まぐるしい情勢の変化を経て、1924年大正13年)発効のローザンヌ条約締結・1925年大正14年)の大使館開設により、大日本帝国政府とトルコ共和国政府は正式に国交を結んだ。

「日土友好の起点」の記憶[編集]

公的記憶[編集]

エルトゥールル号遭難事件はオスマン帝国末期の外交政策と海軍の弱体化がもたらした悲劇であったが、この事件で被害者に対して示された日本人の友誼は、その後も長く日土友好関係の起点として両国の関係者に記憶されることになった。トルコ人が公的な場で日本人に対して日土友好の歴史について語るとき、必ずといっていいほど第一に持ち出されるのがエルトゥールル号遭難事件の顛末である。一方、こうしたトルコ人の言説に対して、エルトゥールル号遭難事件の顛末は、日本において事件の近くの串本町以外では、あまり記憶されておらず、長らく公的な場で語られることすらもまれであった。

しかし、近年では、小学4年生の道徳の教科書[2]に記載されて一部の小学校では教えられている[3]。また、中学生のある歴史の教科書[4]にも掲載されている。

一方、トルコでもさほど知名度が高い事件ではなく、2012年2月から3月にかけて外務省がトルコの民間会社に委託して行った調査によると、エルトゥールルの遭難事件を「知っている」と回答したのは29.9%となった。日本の経済協力案件である第2ボスポラス大橋(44.9%)や、マルマライ計画(52.5%)より、認知度は低い結果となった[5]

イラン・イラク戦争[編集]

21世紀に入ってからはエルトゥールル号事件の顛末が、1985年昭和60年)のイラン・イラク戦争における逸話と絡めて、インターネット上の電子掲示板メールマガジンで紹介される機会が増えた。

当時、イラクサダム・フセインは、イラン上空の航空機に対する期限を定めた無差別攻撃宣言を行った。各国は期限までにイラン在住の国民をメヘラーバード国際空港から軍用機や旅客機で救出したものの、日本は自衛隊の海外派遣不可の原則のために、航空自衛隊機による救援が出来なかったうえ、日本航空はイランとイラクによる航行安全の保証がされない限り、テヘランのメヘラーバード国際空港行きへの臨時便は出さないとし[6]、在イラン邦人はメヘラーバード国際空港の出発ロビーで、誰にも助けて貰えない危機的状況に陥った。野村豊イラン駐在大使が、トルコのビルレル駐在大使に窮状を訴えたところ、ビルレル大使は「わかりました。ただちに本国に求め、救援機を派遣させましょう。トルコ人なら誰もが、エルトゥールルの遭難の際に受けた恩義を知っています。ご恩返しをさせていただきましょうとも。」と答え[7]大使の要請を受けてトルコ航空は自国民救援のための最終便を2機に増やしてくれたので、215名の日本人はこれに分乗し、期限ぎりぎりで危機を脱することができ、全員、トルコ経由で無事に帰国できたのである。さらにトルコ機は、トルコがイラン近隣に位置することから、陸路での脱出もできる自国民に優先して日本人の救出を計ってくれ、実際この救援機に乗れなかったトルコ人約500名は、陸路自動車でイランを脱出した。

なお、2013年現在では自衛隊法が改正がされており、有事により在外邦人を国外に脱出させる必要が生じた時は、外務省在外公館を通じて、相手国の許可を得た上で、防衛大臣の指揮により、自衛隊の日本国政府専用機護衛艦によって在外邦人を輸送する。また自衛隊は在外邦人輸送訓練を毎年行っている。

この逸話は、特に2002年平成14年)のサッカー2002 FIFAワールドカップでのサッカートルコ代表チームの活躍を機として、盛んにテレビ番組雑誌でも取り上げられ、日本の一般の人々の間にも徐々に広められるようになった。2004年(平成16年)には、これらのことを紹介した児童書が小学生高学年向けの読書感想文コンクール課題図書[8]になり、現在では日本でも、「親日国トルコ」のイメージを語るエピソードとしてなくてはならないものとなった。

2006年(平成18年)、日本政府は、イランで救出に当たったトルコ人の客室乗務員など13人に勲章を授与し、感謝の気持ちを送った[9]

2007年(平成19年)10月28日、同時期に開催されたエルトゥールル号回顧展に併せて、東京都三鷹市の中近東文化センターでこの事件に関するシンポジウムが、当該トルコ航空機の元機長、元客室乗務員、野村元駐イラン日本国特命全権大使、森永元伊藤忠商事イスタンブル支店長、毛利悟元東京銀行テヘラン駐在員ら当時の関係者出席の上で開催されている。

追悼と検証[編集]

串本町で5年に一度、追悼式典が行われており[10]2008年平成20年)6月7日、訪日していたアブドゥラー・ギュル大統領は、同国の大統領として初めてこの地を訪れ、遭難慰霊碑前で行われた追悼式典に出席し献花を行った。

エルトゥールルの残骸は、現在も大島沖の海底に眠っている。2007年(平成19年)から、トルコを中心とする数カ国からなる水中考古学の調査団は海中のエルトゥールルの調査を進めており、海底からの遺品引き揚げを進めている[11]2008年(平成20年)1~2月、米国・海洋考古学研究所のトルコ人スタッフらが発掘調査を行い、遺骨や弾丸など1000点以上の遺品を引き揚げた。錨は未だに見つかっておらず、2010年(平成22年)1月8日に沈没地点近くの海底にて探索作業が行われている[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 駐日土耳其國大使館 『エルトグルル號』、1937年
  2. ^ きみが いちばん ひかるとき(光村図書出版)[1]
  3. ^ そうだったのか!池上彰の学べるニュース 2月9日放送
  4. ^ 新しい歴史教科書(扶桑社)
  5. ^ トルコにおける対日世論調査(結果概要)”. 外務省. 2012年5月22日閲覧。
  6. ^ エルダル・ギュベン『テヘラン脱出』(トルコ商工会議所)※非売品
  7. ^ トルコの時代(2003年 日本におけるトルコ年公式サイト)
  8. ^ 木暮正夫/作 相澤るつ子/絵『救出 日本・トルコ友情のドラマ』(アリス館)ISBN 4-7520-0254-X ※第50回青少年読書感想文全国コンクール小学校高学年の部(5・6年生)課題図書
  9. ^ そうだったのか!池上彰の学べるニュース 2月9日放送
  10. ^ そうだったのか!池上彰の学べるニュース 2月9日放送
  11. ^ 船甲羅周辺で遺品多数 トルコ軍艦調査団」『紀伊民報』(2007年1月27日)
    来年、遺品引き揚げ トルコ軍艦調査団」『紀伊民報』(2007年1月27日)
    串本町沖で沈没したエルトゥールル艦の引き上げプロジェクト、今月実施Milliyet(2007年1月5日)東京外国語大学による日本語訳
  12. ^ “1890年に沈没トルコ軍艦、錨はどこに?”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2010年1月8日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100108-OYT1T00824.htm 2010年1月8日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 森修『トルコ軍艦エルトゥールル号の遭難:日本・トルコ友好の偉大な礎石』(日本トルコ協会 1990年
  • 松谷浩尚『イスタンブールを愛した人々』(中公新書 1998年
  • 小松香織『オスマン帝国の近代と海軍』(山川出版社 世界史リブレット 2004年
  • 高橋忠久、長場紘、大村幸弘、松原茂樹他『エルトゥールル号回顧展:日本とトルコ友好のかけ橋』(中近東文化センター附属博物館 2007年
  • 山田邦紀、坂本俊夫『東の太陽、西の新月-日本・トルコ友好秘話「エルトゥールル号」事件』(現代書館 2007年)ISBN 978-4-7684-6958-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テヘランから日本人を救出したトルコ航空に関する情報もあるリンク[編集]