たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学
ジャンル 教養番組 / バラエティ番組
放送時間 火曜日 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2010年1月12日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送(ABC)
ユーコム
企画 関秀章(企画ブレーン)
演出 鈴木コーイチ(総合演出、ユーコム)
プロデューサー 近藤真広(ABC) / 森和樹(CP、ABC)
出演者 ビートたけし
喜多ゆかり(ABCアナウンサー
ガダルカナル・タカ
浅草キッド水道橋博士玉ちゃん
奥薗壽子料理研究家
ゲスト4 - 5組 
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング 林久美子(テーマ音楽)
エンディング 1クールごとに変更
外部リンク 公式サイト

特記事項:
ナレーション杉本るみ
テンプレートを表示

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』(たけしのけんこうエンターテインメント みんなのかていのいがく)は、テレビ朝日系列2010年1月12日から毎週火曜日 20:00 - 20:54(JST[1]に放送されている朝日放送(ABC)ユーコムの共同制作の教養バラエティ番組である。ビートたけし冠番組である。ステレオ放送文字多重放送ハイビジョン制作が実施されている。

概要[編集]

当番組は2009年12月15日まで、前番組の教養バラエティ番組最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』として、病気を見つけることをコンセプトに放送されていた。

改題後の当番組では、「「見る」というか、「やる」テレビ。」をキャッチフレーズに、「健康づくり」を中心とする、「病の警告から元気な身体作りへ」を視聴者へコンセプトにした内容にリニューアルして放送されることになった。

改題前のような、恐怖感を持たせる演出を廃し、「病気になった原因」を検証していく事例VTR中心ではなく、健康法を積極的に取り上げていた。ゲスト患者の生活習慣から病気になりやすい人を指名する「レッドゾーン」もなくした。

しかし、視聴率は芳しくなく、改題後数回で事例VTRを復活。「レッドゾーン」も「レッドカルテ」と名を改めて復活した。視聴率は依然1桁が中心であるが、スペシャルでは高視聴率を獲得することもある。

『最終警告!-』でたけしと共に司会・進行役を務めていた渡辺真理は、前番組終了を以って番組を降板。これによりアシスタントがいなくなったため、司会・進行は2011年9月までたけしが1人で行っていたが、同年10月25日放送分からは「名医のセカンドオピニオンスペシャル」などの拡大放送時に出演していたABCアナウンサーの喜多ゆかりがアシスタントとしてレギュラー出演することになった。なお喜多の登場により、ナレーターを務めていた真中了は降板。真中が担当していたパートは来宮良子と喜多で対応することになった。また、ガダルカナル・タカや浅草キッドは前番組から引き続いて準レギュラーで出演している。

2013年はレギュラー放送回が1月15日7月30日のわずか2回のみで、あとは2時間(3時間)スペシャルが多くなり、19時の「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」→「林修の今でしょ!講座」と21時の「ロンドンハーツ」スペシャルなどで休止になる回数が多くなっている。特に2013年8月以降は原則毎週火曜20時からの放送にもかかわらず月1、2回しか放送されていない。2014年5月20日に2013年7月30日以来のレギュラー放送回として放送、同年6月10日もレギュラー回として放送された。

出演者[編集]

司会
アシスタント
準レギュラー
料理研究家
ナレーション
  • 来宮良子
『最終警告!―』に引き続き、ナレーションを担当。80歳を過ぎてもナレーターを務めていた矍鑠ぶりから2011年11月29日放送の番組内で密着取材を受けたことがある(密着取材のVTRのみ大平透がナレーションを務めた)。2013年6月頃からナレーターを杉本が務める事が多くなり、同年11月25日死去。死去後初の放送となった12月17日放送分にて、エンドロールと提供の間に追悼コメントが表示された。
喜多ゆかりのレギュラー化により、2011年9月限りで降板。
2013年8月頃から担当[2]来宮良子の実質後任となっている。また、2014年3月まで19時に放送されていた「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」も担当しており、実質2時間連続の出演となっていた。

エンディングテーマ[編集]

  1. kumi「誰よりも君が、君が好き」(2010年1月 - 3月)
  2. Sindyひとつ」(2010年4月 - 6月)
  3. 徳山秀典「プロポーズ」(2011年7月 - 9月)
  4. 中田裕二シルエット・ロマンス」(2014年7月 - 9月)

備考[編集]

  • 初回は19:00 - 21:48(JST)までの3時間スペシャルとして放送された。
  • 直前番組である『怪談レストラン(2010年6月終了)』では、登場人物(おばけギャルソンが)が「この後は、『みんなの家庭の医学』・・・。」と少々皮肉めいた感じに言ってから番組の宣伝を行っている。
  • 2010年5月11日放送分より、直後番組『ロンドンハーツ』へのクロスプログラムは、たけしが「『みんなの家庭の医学』の次は、こちらの番組。」と言ってから行う様になった。
  • 2010年11月16日放送分で取り上げた症例写真が、著作権者の許可を得ずに放送し無断使用との指摘を受けた為、同年11月30日の放送と番組公式サイトでお詫びを発表した[3]
  • 2011年11月29日放送回では番組ナレーターの来宮良子に密着するVTRを放送するため、その間のみ大平透がナレーションを代行した。
  • 2012年10月9日放送の3時間SPは、同年9月30日放送の『大改造!!劇的ビフォーアフター』(SEASONII)から始まった期間限定フライングスタート[4]のため、18:57 - 21:48で放送、更に直前番組『スーパーJチャンネル』との接続は、初のステブレレスとなった。また同年12月18日放送・2013年3月19日放送・同年6月25日放送の3時間SPは、全て18:53 - 21:48とフライングスタート・ステブレレス接続になった。
  • 2013年1月8日放送の3時間SPでは、ゲスト出演していた板東英二不祥事脱税)が収録後に発覚したため、放送内での板東の発言、質問場面がカットされて、診察結果のみが放送された。その影響から、冒頭とCM明けで「2012年12月20日に収録されたものです。」との断りのテロップがテレビ画面の上部に表示された。

スタッフ[編集]

  • ナレーション:杉本るみ
  • 構成:中野俊成武田浩、木村仁、司透、山名宏和
  • 企画ブレーン:関秀章
  • リサーチ:インスティテュート・ワープ
  • テーマ音楽:林久美子
  • スタジオ技術:ニユーテレス
  • 技術プロデュース:深谷高史
  • 美術プロデュース:柴田慎一郎
  • デザイン:きくちまさと
  • メイク:マービ
  • スタイリスト:江島モモ
  • 音効:大山豊、赤座聡子、小川慶一
  • CGデザイン:NAKED INC.
  • 編成:園部充(ABC)
  • 番組宣伝:岡崎由記(ABC)
  • デスク:上野陽子(ユーコム)
  • AD:二宮優一・真喜屋亮・小濵亮介
  • AP:小林大剛・中東昌子(ユーコム)
  • ディレクター:下村泰之・名古屋陵・仲川陽介(NONPRO.)・内堀知人・落合陽介ギフレ・鈴木洋之・土井直樹・町田亘・尾崎啓一郎・芳賀善之・谷田川秀正・江口幸史郎
  • 演出:柴田昌彦・丸山淳也・石原圭祐・稲垣哲也・津田克久・津坂健一(ユーコム)、瀧島光人(プロジェクト ドーン)、かげやま竜彦(NONPRO.)
  • 総合演出:鈴木コーイチ(ユーコム)
  • プロデューサー:近藤真広・新名幹大(ABC)、菊池俊一・竹下やすし(ユーコム)、黒木明紀(NONPRO.)
  • チーフプロデューサー:森和樹(ABC)
  • 映像提供:テレビ朝日ABCリブラ
  • 協力:tcj
  • 技術協力:IMAGICASPOT/コブラ、権四郎、ヴイ・ビジョンスタジオ、クリア、V-OUT、キャトル、ライズカンパニー、道洋行、だだだ、原正美事務所
  • 美術協力:フジアール
  • キャスティング協力:ビーオネスト
  • 収録スタジオ:砧スタジオ
  • 制作協力:オフィス北野NONPRO.DAWN.ドーンレジスタエックスワン
  • 制作:朝日放送(ABC)、ユーコム

過去のスタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:井口毅(ABC)
  • プロデューサー:辻史彦・吉本貴雄・梶原英明(ABC)
  • 番組宣伝:多田香奈子(ABC)
  • 営業:佐藤真澄(ABC)
  • 編成:石橋義史(ABC)
  • メイク:金具光恵
  • 音効:田中健、波塚佳裕、岡村明香、定兼萩三

放送時間・ネット局[編集]

放送地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 火曜 20:00 - 20:54 【制作局】
関東広域圏 テレビ朝日(EX) 同時ネット
北海道 北海道テレビ(HTB)
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
長野県 長野朝日放送(abn)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
中京広域圏 メ〜テレ (NBN)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
富山県 チューリップテレビ(TUT) TBS系列 水曜 9:55 - 10:50 時差ネット

過去のネット局[編集]

備考[編集]

  • 字幕放送に関しては、系列外局も(レギュラー放送・単発放送とも)含めて全局で実施している。
  • 前番組と同じく同時ネット局でも開始時間が遅れる事がある。例として初回の3時間スペシャルは制作局のABCでは大阪ガス一社提供のローカル番組『ココイロ』、琉球朝日放送(QAB)も沖縄県国民健康保険団体連合会の広報番組『がんじゅうタイム』を放送したためこの2局では19:04開始となり冒頭の4分間はABCから内容予告を残り22局に裏送りしていた。
  • ABCは毎週水曜日日曜日プロ野球阪神タイガースのホームゲームを地上波独占中継できる権利を持っているが、この例外として火曜日に放送する場合は、系列局に裏送りで送出の上、自社では当週土曜午後に代替放送となる。実例として、改変期の編成、及び雨天中止になった試合の予備日程開催の都合上、2010年(平成22年)9月28日は当番組の3時間スペシャルを阪神対巨人戦に差し替えられ、ABCでは10月2日(土曜)12:55から放送された(翌水曜日の同カードは例外としてMBSが放送)。
  • また火曜日に野球中継をする系列局(主にHTB・KHB・HOME・KBC)がある場合は、その放送局では土曜午前か午後あるいは日曜午後の代替放送(その際、ABCからの裏送りで提供クレジットのない状態で放送素材を受けて収録し、ノンスポンサーまたはローカルスポンサーを付けての放送)となるが、局によっては字幕データ購入費用の関係上、字幕放送が実施されない場合がある(新聞のテレビ欄やEPGでは字幕放送のマークが表記されているにもかかわらず、実際の放送では行えなかったケースもある)。
  • 宮崎放送(MRT、TBS系列)では2012年9月17日(敬老の日)に単発番組として16:00-16:52に放送された(ABCで同年5月29日放送分を約4か月遅れで放送。字幕放送も実施。通常同時ネット放送されるテレビ東京の『レディス4』が競輪中継で番組自体が休止となったため、穴埋め・単発番組として放送)。

脚注[編集]

  1. ^ ABCなど、一部地域では19:54 - 20:54(JST)に放送。
  2. ^ 読売新聞『テレビ知り隊』、2014年2月18日(火曜)。同記事には声質が来宮と似ている事から起用されたと記述。
  3. ^ 朝日放送が症例写真を無断使用 - BIGLOBEニュース
  4. ^ ただし、10月5日放送の『ミュージックステーション』3時間SPと10月6日放送の『痛快!ビッグダディ』2時間半SPは除く。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

朝日放送(ABC)制作・テレビ朝日系列 火曜20時台
前番組 番組名 次番組
たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学
-----
テレビ朝日 火曜19:54 - 20:00枠
スティッチ!」と「怪談レストラン
【この番組までテレビ朝日制作】
このあと みんなの家庭の医学
(2010.4 - 2011.3)
【ABC制作】
トリハダくん
【この番組からテレビ朝日制作】