久保純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くぼ じゅんこ
久保 純子
プロフィール
本名 清重 純子
愛称 クボジュン
出身地 日本の旗 日本
生年月日 1972年1月24日(42歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学文学部英米文学科卒業
職歴 元NHKアナウンサー
活動期間 1994年 -
ジャンル バラエティなど
家族 久保晴生(父)
出演番組・活動
過去 NHK紅白歌合戦』、『ブロードキャスター』、『ウチくる!?』など

久保 純子(くぼ じゅんこ、1972年1月24日 - )は、日本フリーアナウンサータレント司会者。元NHKアナウンサー。本名、清重 純子(きよしげ じゅんこ)旧姓、久保愛称は「クボジュン・ジュンジュン」。

来歴・人物[編集]

両親ともにアナウンサー経験者である(後述)。小学校4年間をイギリス、高校時代をアメリカで過ごした。東京都立調布北高等学校入学後、ウィスコンシンの高校を経てニューヨークパイオニア・セントラル高校→上智大学比較文化学部比較文化学科を経て、慶應義塾大学文学部英米文学科卒業。

1994年にNHK入局(最初の勤務地は大阪放送局)。2年後の1996年東京アナウンス室へ異動となる。NHKでは珍しく「アイドルアナウンサー」と称され、受信料制度周知キャンペーンなどに起用された。

2002年に長女を出産後、NHKに契約職員専属契約。事実上嘱託)として復帰。2004年3月31日の契約満了を以って、フリーランスとなる。2008年には次女を出産。

2011年夏から夫の米国転勤に家族で同伴するため、当時のレギュラー番組をすべて降板。帰国後の2013年秋からアナウンサーとしての活動を再開。

NHK時代の出演番組[編集]

フリー後の出演番組など[編集]

その他テレビ出演[編集]

コマーシャル出演[編集]

エピソード[編集]

  • 実父は元日本テレビアナウンサー(元アナウンス部長)および日本テレビアナウンスカレッジ初代学長久保晴生。実母は元日本テレビアナウンサーの久保淑子(旧姓:加藤)。4歳年上の兄がいる[2]
  • 子供が大好きで道端でよその子供に抱きつくことも。そのこともあり、子供番組を作りたくてアナウンサーを志望した。子供番組の企画書を書いて出したこともあった。紅白の紅組司会に抜擢される程の人気アナウンサーになっため、NHK時代に夢は叶わなかったが、フリー転身後『クボジュンのえいごっこ』で夢が叶うこととなった[3]
  • 母が日テレ退社後に営む英語教室の手伝いをしている[4]
  • 私生活では中学生の頃に同じ学習塾で、席が隣同士になったのがきっかけになり、木佐彩子(元フジテレビアナウンサー)と親友になった[5]
  • 2006年11月26日の『朝日新聞』の朝刊で、幼少期、イギリス人種差別的ないじめを受けていたこと、帰国後の日本の公立中学校でもいじめを受けたことを告白している。AERA Englishでは、高校3年間のアメリカ留学先(ウィスコンシン)で、ベビーシッターの家にホームスティをし、毎日何人もの子供たちの世話をさせられ大変だったことを告白している。またそのこともあり、高3の時、ウィスコンシンからニューヨーク州のバッファローの高校に転校している。
  • 18歳当時、父がアナウンス部長を務めていた日本テレビでイベントコンパニオンのアルバイト経験があり、そこで『午後は○○おもいッきりテレビ』の司会をしていたみのもんたと一緒に仕事したことがある(商品をのせたお盆を持って出す役など)。また、1991年の世界陸上東京大会で通訳の仕事もしていたこともある[6]
  • 大学生の時に東京ドームプロ野球読売ジャイアンツのマスコットガールのアルバイトをしており[7]、本塁打を打った選手にジャビットのぬいぐるみを渡す場面が何度か『ウチくる!?』で流れされた。「このアルバイトは選手がホームランなど打たないと仕事が無いので、待機中の時は裏で勉強をしていた。当時巨人投手の桑田真澄が勉強の内容に興味を持って見に来ていた。(様子を見に来る選手は他にもいたが)勉強に興味を持っていた選手は桑田投手だけだった」と語っている。
  • NHK入局試験の際の面接官が加賀美幸子だった。他の面接官が難色を示す中、加賀美が「全身が言葉という雰囲気が体から溢れてる」と推薦し、久保の入局が決まった。久保は「加賀美さんがいなかったら、今の久保純子はなかった」と感謝しており、(久保の)結婚の際には仲人を加賀美に務めてもらう程、親交は深い[8]

NHK時代[編集]

  • 「女子アナウンサーも普通の会社員なんですよ」と発言したことがある。
  • 郷ひろみの大ファンである。そのため、自身が初紅組司会を務めた1998年の『紅白歌合戦』にて、白組歌手である郷の曲紹介を例外的に久保が行った。
  • NHKおよび慶應義塾大学の先輩である宮本隆治のことを物凄く尊敬しており、自身の結婚式の司会も宮本に担当してもらった程である。きっかけは共に十日町雪まつりを取材した時、宮本が久保の着物に積もった雪を払ってあげたことだったという[9]

NHK退職後[編集]

  • NHK退職に関しては、円満退職である(久保本人も明言している)が、フリー転身後はNHKに出演する機会がしばらくなかったが、NHK紅白歌合戦60回を記念して製作された特番「紅白歌合戦AtoZ」(2009年12月30日)に於いて、証言者の一人として退職から6年ぶりのNHK出演を果たし、その4日後には「ワンダー×ワンダー」(紅白を取り上げた拡大版)で久々のスタジオ出演を果たした。
  • 自身の長女は山下智久の大ファンである。
  • 2008年3月11日、『ウチくる!?』のロケ中に第二子を妊娠中であることを明らかにした。本人は「予定日近くまでは仕事をしたい」と語っており[10]、その言葉通り出産ギリギリまで普通に仕事をこなしていた。出産予定日は8月中旬とのことであったが、やや予定が早くなり、7月24日に次女を出産。翌月23日には『ブロードキャスター』で早くも仕事復帰を果たし[11]、収録が長時間に及ぶ『小中学校教科書クイズ!』(秋のみ『小中学校…』というタイトルに)にも通常通り出演した。
  • 2011年7月16日、文化放送『久保純子のライオンミュージックサタデー』の番組中、夫の米国転勤(任期は1年半)に家族で同伴することを明らかにした。番組自体は出演者を菊池桃子に交代する形で継続。また『ウチくる!?』も同年8月21日放送分を以って降板(帰国後の2013年10月6日の『ウチくる!?』にゲストとして登場)。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年3月をもって芸能界を引退した飯島愛の後任。3月25日放送分にゲストとしてプレ出演
  2. ^ KUMON OB・OGインタビュー Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん”. KUMON公式サイト. 2014年4月26日閲覧。
  3. ^ ENAK LONG INTERVIEW「フリーアナウンサー 久保純子」”. 産経新聞ENAK公式サイト. 2014年4月26日閲覧。
  4. ^ 「クボジュンのえいごっこ」楽天ブックス 著者インタビュー”. 楽天ブックス公式サイト. 2014年4月26日閲覧。
  5. ^ 久保純子と木佐彩子は中学から親友 グチ言い合った“同志””. NEWSポストセブン (2012年3月6日). 2014年4月26日閲覧。
  6. ^ 佐々木かをり対談win-win「フリー・アナウンサー久保純子さん」”. イー・ウーマン公式サイト. 2014年4月26日閲覧。
  7. ^ ボジョレー親善大使久保純子はこんな人”. 日刊スポーツ (2009年10月15日). 2014年4月26日閲覧。
  8. ^ 265号 注目の人 アナウンサー(元NHK)加賀美幸子さん”. Wendy Net. 2014年4月26日閲覧。
  9. ^ 2013年10月6日放送「ウチくる!?」”. TVでた蔵 (2013年10月6日). 2014年4月26日閲覧。
  10. ^ サンケイスポーツ2008年3月12日クボジュン第2子妊娠!
  11. ^ 久保の次女出産の頃には、『ブロードキャスター』の2008年9月での終了が決定し、復帰を急ぐ動機のひとつとなった

関連項目[編集]