武田真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たけた しんいち
武田 真一
プロフィール
愛称 たけたん、NHKの貴公子
出身地 日本の旗 日本 熊本県熊本市
生年月日 1967年9月15日(47歳)
血液型 B型
最終学歴 筑波大学第一学群社会学類卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 熊本松山東京アナウンス室沖縄→東京アナウンス室
活動期間 1990年
ジャンル 報道番組
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

武田 真一(たけた しんいち、1967年9月15日 - )は、NHKシニアアナウンサー[1]

人物[編集]

熊本県立熊本高等学校を経て筑波大学第一学群社会学類卒業後、1990年入局。1999年4月に32歳での土日正午の『NHKニュース』に抜擢、その後2000年4月からの6年間は平日正午の『NHKニュース』を担当し、大きな事件・事故、大規模災害の際の臨時・特設ニュースを数多く担当した。

2006年6月、自ら志願し沖縄で勤務。沖縄異動後も全国放送の番組には度々出演していた。2008年3月31日より、東京アナウンス室に復帰し、『NHKニュース7』(平日)のメインキャスターとなる。

私生活[編集]

  • 1990年代に高校時代の同級生と結婚し、2男の父親でもある[2]
  • 2007年、2008年、2009年とNAHAマラソンに出場。いずれも完走(2007年は5時間36分、8279位。2008年は5時間39分58秒、10754位。2009年は5時間8分13秒、7823位)。
  • 2008年、2009年とおきなわマラソンに出場。いずれも完走(2008年は4時間32分15秒、1615位。2009年は4時間47分50秒、2145位)。

高校時代からNHKアナウンサーになるまで[編集]

  • 高校時代はバンド活動でオリジナル曲の作詞をするなどしていた。大学時代の就職活動時に友人の誘いでNHKに応募し、当初はディレクター志望で応募したが、アナウンサーとして採用された。自分がアナウンサーの適性があるなど全く思っていなかったので、驚いたという。[3]
  • 入局後は報道畑を歩み、多くの特番も担当した。「災害報道が自分の原点」とインタビューで答えている[4]

その他[編集]

  • 田中好子が生前、武田のファンであることを自身のホームページで公言していた。
  • 『ニュース7』のかつての裏番組ヤッターマン(第2作)』(読売テレビ日本テレビ)で、武田に似せたアナウンサー「武ッ田真イッチ」なるキャラクターが数度登場したことがある。
  • ネット上では「たけたん」の愛称で親しまれている。本人もこれを認知しており「たけたん、好きです。」と語っている[5]
  • 「第8回好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン)において、第8位にランクイン。男性部門では第6位、女性部門では第8位にそれぞれランクインされた。
  • 「第9回好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン)において、第6位にランクイン。男性部門では第7位、女性部門では第7位にそれぞれランクインされた。
  • 「第10回好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン)において、第5位にランクイン。

現在の出演番組[編集]

  • NHKニュース7 キャスター(祝日を除く月曜~金曜) 2008年4月~
    • 2008年4月~2012年3月までは祝日に関係なく月曜~金曜 
※2000年度-2005年度の祝日時にリリーフメイン経験があり。

過去の出演番組[編集]

土日 1999年度
平日 2000 - 2005年度
土日 1999年度
祝日 2000 - 2005年度

脚注[編集]

  1. ^ [1] NHK視聴者ふれあい報告書(PDF。当時はチーフアナウンサーと表記)
  2. ^ ニュース7ブログ - ひそかな楽しみ - 武田真一
  3. ^ アナウンサー仕事の流儀 パンク少年から一転、NHKのアナウンサーに - NHK アナウンスルーム
  4. ^ アナウンサー仕事の流儀 災害報道が自分の原点 - NHK アナウンスルーム
  5. ^ an・an」2010年9月8日号より

外部リンク[編集]