三雲孝江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みくも たかえ
三雲 孝江
プロフィール
本名 星 孝江
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
(出生地:東京都渋谷区
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1954年4月12日(60歳)
血液型 O型
最終学歴 上智大学外国語学部フランス語学科
所属事務所 オフィス・ミクモ
職歴 TBSアナウンサー
活動期間 1977年 -
ジャンル 報道情報
配偶者 星勝幸
家族 三雲四郎(父)
出演番組・活動
現在 ひるおび!
情報7days ニュースキャスター
まるわかり!日曜 ニュース深掘り
あなたの歌謡リクエスト
過去 3時にあいましょう
JNNニュースコープ
ブロードキャスター
ジャスト
イブニング・ファイブ』 など

三雲 孝江(みくも たかえ、1954年4月12日 - )は、日本フリーアナウンサーニュースキャスター。本名、星 孝江(ほし たかえ)。旧姓、三雲(みくも)。

東京都渋谷区生まれ、神奈川県横浜市出身。血液型O型上智大学外国語学部フランス語学科卒業。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

父である三雲四郎産経新聞特派員(後に取締役論説委員長)だったこともあり、小学2年の夏から小学6年までイギリスで生活した。そのため、英語が得意で、フランス語も話せるという。捜真女学校を経て、指定校推薦上智大学外国語学部フランス語学科に進学する。

大学3年の頃に文学座研究生に合格。その後、TBSのアナウンサー試験にも合格。大学4年時には新聞広告の公募に応募し、日本テレビ特別番組夢と冒険!アメリカ大横断」(1976年7月4日放送)の出演者7人の一人としてアメリカ合衆国キャンピングカーで横断[1]、建国200年祭を取材したことがある。

TBS時代[編集]

1977年4月、アナウンサー第17期生としてTBSに入社する。同期のアナウンサーは神津栄子(旧姓:浅井)、吉川美代子[2][3]。他職ではTBS報道局記者・執行役員の金平茂紀TBSビジョン代表取締役社長東京放送ホールディングス執行役員田代冬彦がいる。入社後、『3時にあいましょう』『ネットワーク』『JNNニュースコープ』など同局を代表する報道情報番組を中心に担当。一方で、音楽番組バラエティ番組の司会も手広くこなした。

1983年徳仁親王オックスフォード大学に留学した折には同行取材し、記者団の中で紅一点だった三雲は、浩宮と会話を交わしながらロンドン市内を一緒に散歩した。この様子はTBSスタッフによってテープに編集され、東宮御所に献上された。当時の皇太子であった明仁は家族とともにこのビデオを楽しんだという[4]

昭和天皇が崩御した1989年1月7日には夕方の『JNN報道特別番組』に出演し、新元号に「平成」が決まったことなどを伝えた。

1989年にTBS関連会社プロデューサー星勝幸と結婚。1990年10月にTBSを退社[5][6]

フリー転身後[編集]

TBSを退社後、フリーとなり、1991年2月のNHK-BS2特別番組で初めてTBS以外の番組に出演する。

同年夏に長女を出産。1992年4月からは、TBS以外での初レギュラー番組となるテレビ朝日報道多チャンネル』でキャスターを務めた。前後して1991年4月開始のTBS『ブロードキャスター』の初代司会者に就任、2004年9月まで司会を続けた。

2005年には『イブニング・ファイブ』で、『JNNニュースコープ』以来15年ぶりにTBSの夕方ニュースに登板。2009年4月に『イブニング・ファイブ』は終了、三雲自身も夕方ニュースから撤退した。

2009年4月からは、『ひるおび!』の火曜コメンテーター(同年3月から7月までは平日コーナーナレーションも兼務)、『情報7days ニュースキャスター』のレギュラーコメンテーター(ゲスト扱いでは同年1月から)を務めている。『Nキャス』内で沖縄県普天間基地移設問題について、「沖縄に基地が行くのは当然で、決断できない鳩山首相(当時)は情けない」とコメントした。三雲の土曜22時台での出演は、司会を務めた前番組『ブロードキャスター』を降板した2004年9月以来である。三雲を「師匠とも呼ぶべき尊敬する先輩[7]」と慕う番組総合司会のTBSアナウンサー・安住紳一郎とのレギュラー番組共演は、『ジャスト』終了以来4年ぶりである。

2009年にテレビショッピングチャンネルのショップチャンネルで「三雲アナのフェイスアップクリップ」を開発・プロデュース。これはショートヘアの女性のために三雲がかねてより試作していた手作りのクリップを商品化したもので、三雲はショップチャンネルの通販番組にもゲスト・プレゼンターとして出演した。

2010年5月から9月までは『金曜プリティ』の司会として、午後ワイド番組枠3度目の登板を果たす。

2012年4月、子ども目線のニュース番組『ニュース少年探偵団』(BS-TBS)のメインキャスターに就任[8]。『イブニング・ファイブ』終了以来、約3年ぶりにレギュラー放送の報道番組でキャスターを務めた。2014年9月に同番組が終了した後も、後継番組『まるわかり!日曜 ニュース深掘り』でメインキャスターを務めている。

2013年上期のNHK連続テレビ小説あまちゃん』を毎回視聴し、番組終了により「あまロス」を発症したという[9]。2014年10月からは、BSフジの音楽番組『あなたの歌謡リクエスト』で司会を担当。三雲がTBS以外の番組にレギュラー出演するのは、『報道多チャンネル』が終了した1993年9月以来21年ぶりである。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

局アナウンサー時代[編集]

TBSテレビ
TBSラジオ

フリー転身後[編集]

映画[編集]

イベント[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • いつもきらきら輝いて(1985年、講談社)
  • グッドタイムズ・グットデイズ(1989年、桐原書店

監訳[編集]

  • ジョーン・キグリー 『ジョーン・キグリーの大占星術 あなたの運命が怖いほどの精密さでズバリわかる!』 三雲孝江訳、主婦と生活社〈21世紀POCKET特装版〉、1989年ISBN 4391112205

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大門弘樹 『QUIZ JAPAN vol.1』 セブンデイズウォー、2013年、41頁。ISBN 978-4907601003
  2. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1977.4 <17期生> 3人入社(女3) 浅井栄子 三雲孝江 吉川美代子」
  3. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、26-27頁。「1977.4 <17期生>3人入社 *女性アナの採用は9年振り 浅井栄子 三雲孝江 吉川美代子」
  4. ^ 三雲孝江 『グッドタイムズ・グットデイズ』 桐原書店1989年[要ページ番号]ISBN 4342751607
  5. ^ a b c d e f g h i j k 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「三雲孝江[1990.10退社] R「歌謡曲ナイトスペシャル(1978)」「トミーのおしゃべりスナック(1978)」 TV「レコード大賞」「3時にあいましょう」「ニューススコープ」「東京音楽祭」」
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、26-27頁。「三雲 孝江…[90.10 退社] R「歌謡曲ナイトスペシャル(78)」「トミーのおしゃべりスナック(78)」「ザ・青春(78)」「五木寛之の夜(79)」 TV「おはよう700日本中継(77)」「ザ・ベストテン(77)」「チャーミング奥様(77)」「ロッテ歌のアルバム(78)」「3時にあいましょう(82〜85)」「ザ・コンサート(79)」「ワイドスタジオ東京(82)」「ライブG(83)」「ネットワーク(86)」「プライムタイム(87)」「ニューススコープ(88)」「東京音楽祭」「レコード大賞」」
  7. ^ 安住紳一郎 『局アナ 安住紳一郎』 小学館2006年[要ページ番号]ISBN 4-09-387641-X
  8. ^ “ニュース少年探偵団:毎小がテレビとタイアップ!! BS-TBS、4月15日スタート - 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日新聞. (2012年2月17日). http://mainichi.jp/life/edu/maishou/news/20120217kei00s00s003000c.html 2012年3月30日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ 『ひるおび!』 2013年9月30日放送分より本人談
  10. ^ 2012年3月までは火曜日担当。2009年3月 - 7月は「三雲孝江のおとりよせ47」コーナーで、ナレーションとスタジオでのプレゼンも担当。
  11. ^ 2009年1月 - 3月にも不定期出演していた。

参考文献[編集]

先代:
川戸恵子(金)
(月 - 木曜は五味陸仁が単独)
※「JNNニュースデスク
平日最終のJNNニュース
女性キャスター
1986年 - 1988年
ネットワーク
→「プライムタイム
次代:
戸田信子
※「JNNニュースデスク'88・'89