九重佑三子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

九重 佑三子(ここのえ ゆみこ、1946年3月21日 - )は、東京都台東区上野桜木出身の歌手女優。夫は歌手の田辺靖雄。長男はミュージシャンの田辺晋太郎である。

略歴[編集]

1962年ダニー飯田とパラダイス・キングの一員としてデビュー[1]1963年、「シェリー」でレコードデビューを果たす。1967年、特撮テレビドラマ『コメットさん』(TBS)に主演。本作品の出演で人気を博し、同年のNHK第18回NHK紅白歌合戦』では当時史上最年少(21歳)で紅組司会を務めた[2]

1971年ギルバート・オサリバンのヒット曲「アローン・アゲイン (ナチュラリー)」をなかにし礼の妙訳によってカヴァーした「また一人」をリリース。1973年田辺靖雄と結婚。育児のため一時芸能活動を休止[3][1]。その後は夫とのコンサート活動や、バラエティ番組のコメンテーターとしても活躍している。

また、『コメットさん』は中南米で人気で、特にメキシコでは初代「コメットさん」が大ブームとなった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1964年 第15回「ウエディング・ドレス」
  • 1965年 第16回「抱きしめて」
  • 1966年 第17回「ディディンド・ディンドン」
  • 1968年 第19回「ラスト・ワルツ」

脚注[編集]

  1. ^ a b 石橋春海 『’60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、111頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  2. ^ 同回はNHKの方針に則り、出場歌手としては選出されなかった。
  3. ^ プロフィール”. 田辺靖雄&九重佑三子オフィシャルサイト. 2011年9月8日閲覧。
  4. ^ 九重の降板と同時にNETテレビ(現:テレビ朝日)へ放送局が移行した。また、その後は黛敏郎が逝去まで31年間に渡り単独で司会を務めた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]