やなせたかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やなせ たかし
本名 柳瀬 嵩
生誕 1919年2月6日
日本の旗 日本 東京府北豊島郡滝野川町
(現:東京都北区
死没 2013年10月13日(満94歳没)
日本の旗 日本 東京都文京区本郷
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家絵本作家詩人など
活動期間 1953年[1] - 2013年
ジャンル おとな漫画
絵本
代表作 アンパンマン
手のひらを太陽に
受賞 #受賞・受章など
テンプレートを表示

やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩1919年大正8年〉2月6日 - 2013年平成25年〉10月13日)は、日本漫画家絵本作家詩人。有限会社やなせスタジオ社長。

アンパンマン』の生みの親として知られる。社団法人日本漫画家協会代表理事理事長(2000年5月 - 2012年6月)、社団法人日本漫画家協会代表理事会長(2012年6月 - 2013年10月)を歴任。

絵本作家・詩人としての活動が本格化する前までは頼まれた仕事はなんでもこなしたといい、編集者舞台美術家演出家司会者コピーライター作詞家シナリオライターなど様々な活動を行っていた。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

東京府北豊島郡滝野川町西ヶ原(現:東京都北区)生まれ。父方の実家は高知県香美郡在所村(現:香美市にあり、伊勢平氏の末裔で300年続く旧家[2])。父親は上海東亜同文書院を卒業後、上海の日本郵政に勤めた後、講談社に移り「雄弁」で編集者を務めた。

父親はやなせの生まれた翌年に東京朝日新聞に引き抜かれ、1923年(大正12年)に特派員として単身上海に渡る。その後、後を追い家族で上海に移住。この地で弟・千尋が生まれるものの、父親がアモイに転勤となったのをきっかけに、再び家族は離散。やなせらは東京に戻る。

1924年(大正13年)に父親がアモイで客死。遺された家族は父親の縁故を頼りに高知市に移住する。弟は後免町(現・南国市)で開業医を営んでいた伯父(父の兄)に引き取られ、まもなく母が再婚したため、やなせも同じく伯父に引き取られて育てられる。この伯父は趣味人でもあり、かなり影響を受けたという。

後免野田組合小学校(現・南国市立後免野田小学校)、高知県立高知城東中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)に進む。少年時代は『少年倶楽部』を愛読し、中学生の頃から絵に関心を抱いて、官立旧制東京高等工芸学校図案科(現・千葉大学工学部デザイン学科)に進学した。同期生に風間完がいる。

戦争体験[編集]

卒業後、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)宣伝部に就職するが、1941年(昭和16年)に野戦重砲兵として徴兵され、小倉駐屯地で教育後日中戦争に出征した。

乙種幹部候補生に合格後は陸軍軍曹として主に暗号の解読に携わった。 また宣撫工作にも携わり、紙芝居を作って地元民向けに演じたこともあったという。 従軍中は戦闘のない地域にいたため、一度も敵に向かって銃を撃つことはなかったという。

なお、第二次世界大戦では弟が戦死[3]している。

漫画家への道[編集]

終戦後しばらくは戦友らとともにクズ拾いの会社で働いたが、絵への興味が再発して翌1946年に高知新聞に入社。『月刊高知』編集部で編集の傍ら文章、漫画、表紙絵などを手掛けていたが、同僚の小松暢(こまつ のぶ)が転職し上京するのを知り、自らも退職し上京した。

1947年(昭和22年)に上京し小松と結婚。この時期、やなせは漫画家を志すようになるが、東京での生活がまだ確立されていなかったために、兼業漫画家という道を選ぶ。やなせ曰く「とにかく貧乏は嫌だった」。同年、三越に入社し、宣伝部でグラフィックデザイナーとして活動する傍ら、精力的に漫画を描き始める。三越の社内報はもとより、新聞や雑誌でも作品を発表。当初は漫画家のグループ「独立漫画派」に入ったが、まもなく「漫画集団」に移った。1953年(昭和28年)3月に三越を退職し、専業漫画家となる[4]。漫画で得る収入が三越の給料を三倍ほど上回ったことで独立を決意したという。

なお、やなせの三越時代の代表的な仕事に、包装紙「華ひらく」(図案は猪熊弦一郎)の「mitsukoshi」のレタリングがある。

困ったときのやなせさん[編集]

1953年に独立した後も精力的に漫画を発表していたものの、手塚治虫らが推し進めたストーリー漫画が人気になり、やなせが所属していた「漫画集団」が主戦場としていた「大人漫画」「ナンセンス漫画」のジャンル自体が過去の物と看做されるようになり、作品発表の場自体が徐々に減っていく。1964年にNHKの『まんが学校』に講師としてレギュラー出演したり、その翌年にまんがの入門書を執筆するなど、大人漫画・ナンセンス漫画の復興に取り組み、1967年には「ボオ氏」で週刊朝日漫画賞を受賞したものの、1960年代後半は本当にきつかったという。

漫画家としての仕事が激減したやなせだったが、舞台美術制作や放送作家などその他の仕事のオファーが次々と舞い込むようになり、生活的に困窮することはなかった。業界内では「困ったときのやなせさん」とも言われていたという。やなせ曰く「そのころの僕を知っている人は、僕を漫画家だと全然思っていない人が結構いる[5]」。この時期にはコネクションが繋がり繋がって作品が生まれ、ヒットに至るという現象が2度起きている。

  • 1969年、虫プロダクションの劇場アニメ『千夜一夜物語』制作の際に、エロチック路線を求めていた手塚治虫は、やなせの漫画を気に入り美術監督として招き入れた。同作がヒットしたお礼として、手塚はポケットマネーで、やなせが1967年に手掛けたラジオドラマ「やさしいライオン」をアニメ映画化し、毎日映画コンクール大藤信郎賞を受賞。同作はやなせの代表作のひとつとなっている。

詩人・絵本作家への道[編集]

1960年代半ば、漫画集団の展覧会に、まだ弱小企業だった頃の山梨シルクセンター(現・サンリオ)の社長辻信太郎が来場。やなせにグラフィックデザイナーとしてのオファーを入れたことから、サンリオとの交流を深める。やなせは当初は菓子のパッケージを手掛けていたが、1966年にやなせが処女詩集『愛する歌』を出版社から出そうとした際に、「それならうちで出してくれ」とサンリオは出版事業に乗り出した。『愛する歌』はサンリオの業績を押し上げるほどのヒットを記録した。出版事業に乗り出したサンリオの元で、絵本の執筆も始める。1969年には『アンパンマン』が初登場。ただしこのアンパンマンは後のものとは異なる作品であり、ヒーロー物へのアンチテーゼとして作られた大人向けの作品である。

1973年(昭和48年)には雑誌『詩とメルヘン』を立ち上げ編集長を務める一方で、「漫画家の絵本の会」を立ち上げるなど、詩人・絵本作家としての活動を本格化させる。1969年に発表したアンパンマンを子供向けに改作し、フレーベル館の月刊絵本「キンダーおはなしえほん」の一冊「あんぱんまん」として発表。同作は当初評論家や保護者、教育関係者からバッシングを受けた。子供向けに書いた作品だったが、幼児層に絶大な人気を誇るようになっていった。

1988年(昭和63年)には、テレビアニメそれいけ!アンパンマン』の放映が日本テレビで開始される。テレビ業界的にかなり不安視されており、スポンサーがつかなかったり、関東ローカルのみの放送などと逆境を余儀なくされるが、まもなく大人気番組となり、日本テレビ系列で拡大放映された。またキャラクターグッズなども爆発的に売れ、やなせは一躍売れっ子になった。

名声と漫画の復興[編集]

香美市立やなせたかし記念館

アニメ『それいけ!アンパンマン』の大ヒットを受けて、1990年代以降は様々な賞を受賞。1996年(平成8年)7月には出身地の高知県香美市香美市立やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」が開館し、1998年(平成10年)8月には同記念館内に「詩とメルヘン絵本館」が開館するなど名声が高まっていった。官庁や地方自治体、公益事業や業界団体などのマスコットのキャラクターデザインを懇請され、無償で引き受けることも多くなった(なお、前述の「詩とメルヘン」編集長時代も初期はほぼノーギャラで引き受けていた)[6]

やなせは名声に甘んじることなく漫画の復興にも取り組んだ。1992年から地元高知で行われていた一コマ漫画の大会「まんが甲子園」には立ち上げ時から深くかかわり、晩年まで審査委員長を務めた。

2000年(平成12年)には日本漫画家協会理事長に就任。結果を残すことが出来なかったが、懸案事項は「ストーリー漫画以前の漫画家と以降の漫画家の収入格差をいかに解消するか」だった。なお、やなせは自社ビルに日本漫画家協会を家賃タダで入居させていた。

この時期から「漫画家ならば行動や言動も漫画的に面白くなければならない」という信念を持つようになり、テンガロンハットにサングラス、カウボーイブーツという独特なファッションで公の場に現れ、日本漫画家協会の会合やその他のイベントなどで歌や踊りを取り入れたユニークなスピーチをするようになった。

2001年には自作のミュージカルを初演、2003年(平成15年)には同ミュージカルの延長線上で、作曲家「ミッシェル・カマ」、歌手やなせたかしとしてCDデビュー[7]

詩人としては、2003年に『詩とメルヘン』が休刊するものの、2007年にかまくら春秋社から季刊誌『詩とファンタジー』を立ち上げ、「責任編集」を務めた。

晩年[編集]

ユニークで元気なキャラクターを演じ続けそのイメージが強いが、アンパンマンのヒットの時期から既に体調は必ずしも良好ではなく、60歳代末期には腎臓結石、70歳代には白内障、心臓病、80歳代には膵臓炎、ヘルニア、緑内障、腸閉塞、腎臓癌、膀胱癌、90歳代には腸閉塞(再発)、肺炎、心臓病(再発)と病歴を重ねていた。なお、膀胱癌は10度以上再発している。

2011年(平成23年)春に視界がぼやけることを理由に漫画家引退を考え、最後の大舞台として生前葬を企画。友人らに告別式の文章を書いてもらい「清浄院殿画誉道嵩大居士」という戒名入りの位牌も準備したが、その発表直前に東日本大震災が発生し、不謹慎だからという理由で計画は白紙になった[8]。震災直後「アンパンマンのマーチ」が復興のテーマソング的扱いをされたり、「笑顔を失っていた子供たちがアンパンマンを見て笑顔を取り戻した」系の良い話がやなせの元に届いた[9][10]ことから、引退するのをやめたという。その後、被災地向けにアンパンマンのポスターを制作したり、奇跡の一本松をテーマにしたCDを自主制作するなどした。

2012年(平成24年)6月の日本漫画家協会賞の贈賞式を最後に、高齢と体調不良を理由に日本漫画家協会の理事長を辞任して会長に就任。後任の理事長はちばてつや

その後もユニークなキャラクターは変えず、テレビのインタビューやアニメの舞台挨拶の席では、陽気に歌いだす、元気な感じで「もうすぐ俺は死ぬ」と言って笑いをとるなどしていた。2013年7月6日に行われた劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン とばせ! 希望のハンカチ」の初日舞台挨拶では、「なんとか今のところは死なないでいるんだけど、まもなくだね。病院からはあと2~3週間しか生きられないって言われてる」「死ぬ時は死ぬんだよ。笑いながら死ぬんだよ。そうすれば映画の宣伝になる。死ぬまで一生懸命やるんだよ」と笑いながら語っていた[11]

2013年8月に体調を崩して入院し、2013年10月13日午前3時8分、心不全のため東京都文京区の順天堂大学医学部附属順天堂医院で死去した。94歳[12][13]。死去の知らせは一般には翌々日の15日に公表され[14]、出身地の新聞である高知新聞は号外をWebで公開した[15]

テレビのニュースでは、2013年の6月に「アンパンマン」のアニメ製作のスタッフらに、「来年までに俺は死ぬんだよね。朝起きるたびに少しずつ体が衰弱していくのが分かるんだよね」「まだ死にたくねぇよ。(ようやくアニメが)面白いところへ来たのに、俺はなんで死ななくちゃいけないんだよ」と発言するやなせの姿が繰り返し放送された。同日、NHKも夜のニュースでアンパンマンのアニメを暫らく流すなどして逝去を惜しんだ。

その後、やなせの死に関するニュースは故人の遺志により、葬儀は近親者のみで済ませた。後日「偲ぶ会」を開く予定[16][17]とされ、翌2014年2月6日、生きていれば95歳となる誕生日に東京都新宿区で「ありがとう!やなせたかし先生 95歳おめでとう!」というタイトルで開催された[18]。なお、やなせの密葬にはちばてつやを始めとする日本漫画家協会所属の漫画家60人が参列したという。

やなせの訃報を受けて、『手のひらを太陽に』を歌唱した宮城まり子[19]、アニメの「それいけ!アンパンマン」でアンパンマンの声を演じる戸田恵子[20]をはじめ、主要キャラクターの声を担当する声優達[21]、また古川登志夫など、故人と縁が深かった人や敬愛する人々がそれぞれ追悼コメントを発している[22]。 この時期と前後して、詩人としても死を意識した作品が増加している。やなせ自身が責任編集を行い、かまくら春秋社から発行されている季刊誌『詩とファンタジー』No.24号(2013年10月19日発売)に、「天命」と題して自らの死を予告するような自作の詩とイラストを掲載した[23]。フレーベル館から『アンパンマンとリンゴぼうや』が2013年11月に発売され、これがやなせの最後の作品となった[13]

同年11月にはフレーベル館から、やなせの多方面に及んだ活動を網羅した作品集『やなせたかし大全』が出版。奇しくも逝去直後の出版になるが制作そのものは数年前から続けられていたものである(出版は「やなせたかし作家活動60年」、絵本『あんぱんまん』40年、アニメ『それいけ!アンパンマン』放映25年を記念したものとされている)。

晩年では家族や親戚がいなかったこともあり、やなせは生前自身の遺産について、アンパンマンミュージアム(高知県)とアンパンマンスタジオ(東京)に回すよう周囲に伝えていたという。自身の墓は高知県香美市香北町にある実家の跡地である「やなせたかし朴ノ木公園」に建設し、アンパンマンとばいきんまんの石像も横に建てられた[24][25][26]

受賞・受章など[編集]

エピソード[編集]

  • 血液型AB型
  • 死去の翌日、東京新聞2013年10月16日付の追悼記事で「ダンディーで信仰あついクリスチャンだった」と報じられていたが[27]、後の東京新聞2013年11月20日付で「やなせたかしさんをクリスチャンとしたのは誤りでした」との訂正記事が出ている。
  • 私生活においては1993年(平成5年)11月22日、妻の暢が逝去(享年75)している。暢夫人との間に子供は無く、アンパンマンを2人の子供であるとしている[28]
  • 絵柄はエルジェの影響を受けている[29]
  • 高校の先輩である横山隆一から大きな影響を受けた(中学時代、横山隆一の妻の弟と席が隣同士だった)。
  • 朝食はパン食に徹していた。本人曰く「御飯では胃がもたれるから必ずパンにしている」とのこと。また、昼食はほとんど麺類、夕食もおかずが主体でご飯は少量しか食べていなかった。また、パンは自家製で、製パン機を所有していた。パンと一緒にけんちん汁(本人は「けんちんスープ」と称している)も作って食べていた。また、朝食の後はもう一度数時間程度睡眠を取り、それから仕事をしていた[30]
  • 漫画家のレイモン・ペイネを心の師匠とエッセイで語っており、ペイネ美術館の開館時にはイラストとコメントを寄せている[31]
  • 手塚治虫は大人漫画のジャンルを潰した商売敵であったが、映画製作において交友を深め、手塚の晩年まで交友があった。2009年東京都江戸東京博物館で開催された「手塚治虫展」では、

    「ぼくが学んだのは、手塚治虫の人生に対する誠実さである。才能は努力しても、とてもかなわないが、誠実であることはいくらかその気になれば可能である。もちろん遠く及ばないにしても、いくらかは近づける。手塚治虫氏はその意味でぼくの人生の師匠である。」

    というやなせのコメントが紹介された(やなせは手塚より9歳年長である)。

主な作品[編集]

漫画[編集]

  • ビールの王さま
  • リトル・ボオ
    • 高島屋の通販カタログに連載されていた、1ページ漫画。リトル・ボオという帽子を目深に被ったキャラクターが、悪者からドタくんとバタコさんを救うストーリー。また、ここに登場するバタコさんは、『アンパンマン』に登場するバタコさんと瓜二つだが、名前の由来が異なっている。『アンパンマン』に登場する「バタコさん」がバターが由来であるのに対し、こちらは「ドタバタ」が由来となっている。
  • ボオ氏
  • キャラ子さん
    • 婦人生活』(婦人生活社)に1952年から連載。
  • 内野ムス子さん
  • ナマ子さん
    • 『中学コース』(学習研究社)に1956年から連載。
  • アン子ちゃん
  • スピード仙人
    • 『モーターファン』(三栄書房)に1956年から連載。
  • おれは孫悟空
    • 『面白倶楽部]]』(光文社)に連載。
  • 珍犬ミミ

童話・絵本[編集]

太字はアニメ化された作品を指す。

キャラクターデザイン[編集]

作詞[編集]

それいけ!アンパンマン[編集]

それいけ!アンパンマン関連の楽曲は、その殆どをやなせが作詞を手がけている。

  • アンパンマンのマーチ
  • 勇気りんりん
  • 勇気の花がひらくとき
  • 生きてるパンをつくろう
  • 勇気のルンダ
  • いくぞ!ばいきんまん
  • アンパンマンたいそう
  • すすめ!アンパンマン号
  • サンサンたいそう
  • ドレミファアンパンマン

CD(本人歌唱)[編集]

自伝・エッセイなど[編集]

その他(初期作品など)[編集]

出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 専業漫画家として独立した年。
  2. ^ 『人生なんて夢だけど』P22。
  3. ^ 京都帝国大学法科生から海軍予備学生を経て、海軍予備少尉。特攻兵器回天の特別攻撃隊要員となったが、1945年(昭和20年)台湾とフィリピンの間のバシー海峡にて乗っていた輸送船が撃沈され、戦死。死後中尉に特進。
  4. ^ 『人生なんて夢だけど』P122
  5. ^ http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/manganavi/manganavi_12-2g.asp
  6. ^ やなせの死後に漫画家の吉田戦車が「あの人の『タダ働き』に甘えてきた多くの自治体とか組織は恥じろ、と思いますね」とtwitterで指摘し、賛否両論の議論となった。
    やなせたかしの晩年は「タダ働きばかり」 「甘えてきた多くの自治体は恥じろ」と吉田戦車が激怒(J-CASTニュース、2013年10月18日)
  7. ^ http://www.anpanmanshop.co.jp/event04_htm/nostal_1.htm
  8. ^ 箱入りじいさんの94年(糸井重里との対談)
  9. ^ アンパンマンの生みの親やなせたかしが仙台を訪問、元気を届ける! 2012年5月15日 ムービーコレクション
  10. ^ 丁野奈都子 (2011年6月17日). “心に響く世界最弱のヒーロー アンパンマンの正義 〜やなせたかしさんに聞く”. 日経トレンディ. p. 2. 2011年11月5日閲覧。
  11. ^ やなせたかし:「死んだら映画の宣伝になる」とブラックジョーク2013年7月6日『毎日新聞デジタル』(2013年10月17日閲覧)
  12. ^ やなせ たかし逝去に関するお知らせ(訃報) - フレーベル館ホームページ(2013年10月16日閲覧)
  13. ^ a b やなせたかしさん、がん患っていた 最期は「アンパンマン」に囲まれて オリコンスタイル 2013年10月15日閲覧
  14. ^ やなせたかしさん死去 「アンパンマン」で子供魅了 - 日本経済新聞 (2013年10月15日 15:13)。
  15. ^ やなせたかしさん死去 (PDF) - 高知新聞号外 (2013年10月15日)。
  16. ^ “「アンパンマン」のやなせたかし氏死去 94歳”. スポーツニッポン. (2013年10月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/15/kiji/K20131015006814940.html 2013年10月15日閲覧。 
  17. ^ やなせたかしが94歳で逝去。「アンパンマン」シリーズなど コミックナタリー 2013年10月15日
  18. ^ “やなせたかしさん 95歳誕生日にしのぶ会 戸田恵子ら感謝の言葉”. スポーツニッポン. (2014年2月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/06/kiji/K20140206007530320.html 2014年3月3日閲覧。 
  19. ^ 宮城まり子さん「僕のちしお、感動」 やなせさん死去 朝日新聞 2013年10月15日閲覧
  20. ^ 【追悼】「やなせ先生こそがアンパンマン」 日テレNEWS24 2013年10月15日閲覧
  21. ^ “ジャムおじさん”“ばいきんまん”らも沈痛「自分自身を失うよう」 ORICON STYLE 2013年10月16日閲覧
  22. ^ やなせたかし氏死去、緒方恵美・古川登志夫・新田恵海らが追悼コメント クランクイン 2013年10月15日閲覧
  23. ^ やなせさんの“遺言”掲載 責任編集の季刊誌19日発売 スポーツニッポン 2013年10月16日閲覧
  24. ^ やなせたかしさん墓 出身地、高知県実家の跡地公園に”. スポーツニッポン新聞社(スポニチアネックス) (2013年10月21日). 2014年7月17日閲覧。
  25. ^ やなせたかし先生のお墓「朴ノ木公園(ほうのきこうえん)」に行ってきました - 霊園墓地の大塚
  26. ^ やなせたかし先生のお墓への行き方と場所 - 香美市観光協会スタッフブログ
  27. ^ 東京新聞2013年10月16日付、追悼記事『人生楽しむ達人』。
  28. ^ 『アンパンマンの遺書』
  29. ^ マンガ家インタビュー | 京都国際マンガミュージアム
  30. ^ 「スタジオパークからこんにちは」NHK総合 2009年10月21放送
  31. ^ ぶらぶら美術・博物館』2013年6月25日
  32. ^ やなせ本人をモチーフとしたウサギのキャラクター。
  33. ^ NHKネットクラブ 番組詳細

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]