腎癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

腎癌(じんがん、英語:kidney cancer)は腎臓に発生する悪性新生物のこと。詳細は各項目の記述参照。

腎癌は、男性に多く発症し、50~60代が好発年齢とされる。また腎不全のために人工透析を長期に渡って受けている患者は腎臓癌の発症リスクが上がることが知られている。比較的リンパ節に転移しやすい。喫煙者はもちろん塗装工作業員・金属加工業作業員・化学物質を多く取り扱う人にも多い。これは、腎臓が体内の老廃物や有毒物質を尿と共に排出する働きがある為に最終的にそれら影響を体内でもっとも受けやすい為とされる。

外部リンク[編集]