小島功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小島 功
(こじま こお)
本名 小島 功(こじま いさお)
生誕 1928年3月3日[1]
日本の旗 東京府東京市
死没 2015年4月14日(満87歳没)
日本の旗 東京都港区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
称号 勲四等旭日小綬章[1]
紫綬褒章[1]
活動期間 1949年[1] - 2015年
ジャンル ナンセンス漫画
代表作 仙人部落
ヒゲとボイン
受賞 文藝春秋漫画賞1968年[1]
公式サイト 小島 功 オフィシャルホームページ
テンプレートを表示

小島 功(こじま こお[1]1928年3月3日[1] - 2015年4月14日)は、日本漫画家勲等勲四等株式会社コオプロ代表公益社団法人日本漫画家協会名誉会長。本名は小島 功(こじま いさお)。

日本漫画家協会常務理事社団法人日本漫画家協会理事長(第4代)、社団法人日本漫画家協会会長などを歴任した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1928年東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区根岸)にて、仕立て職人の長男として生まれる[1]。旧制高等小学校時代から、漫画を描いていた[1]。絵を描くことへの興味から[1]1943年川端画学校に入学した[1][2]。デッサンなど本格的な絵の勉強を始める[1]。その後、太平洋美術学校に進んだ[2]。その後、同校を中退。

漫画家として[編集]

小島功がデザインしたキザクラカッパカントリーの標章

戦前の新漫画派集団の流れを汲む既存の漫画集団に対抗するため[3]、終戦後の1947年独立漫画派を結成し[2]、その一員としてプロデビューを果たす[1]1956年に、『アサヒ芸能』(徳間書店)にて長期連載『仙人部落』を開始する[1]。なお、のちに漫画集団にも参画している[3]1960年に独立漫画派が解散した後[2]、全ての漫画分野を対象とする職能団体の必要性を説き[3]1964年日本漫画家協会の設立に参加した[2]。日本漫画家協会では理事を務め、1971年4月には常務理事に就任した[4]1985年9月社団法人化されると、同年12月より新設された総務部にて初代部長も務めた[5]1992年6月には、加藤芳郎の後任として第4代理事長に就任した[6]2000年5月、理事長を退任してやなせたかしに引き継ぐととともに、自身は会長となった[7]。その後は名誉会長に就任した[1][2]。日本漫画家協会は2014年公益社団法人となっている。

1965年より約18年の長期にわたって、日本テレビ放送網の深夜番組『11PM』にレギュラー出演した[1]。同番組ではとぼけたキャラクターで大橋巨泉朝丘雪路らとのミニコント風のやりとりを披露し、お茶の間の人気を呼んだ。他にも東京12ch(現・テレビ東京)開局当時のニュースワイド番組「朝日新聞・ワイドニュース」にレギュラー出演し、時事問題を風刺したイラストを発表している。

大人の色気とモダン性が溢れる独特の絵画タッチで人気を集め、1968年には「にほんのかあちゃん」で第14回文藝春秋漫画賞文藝春秋主催)を受賞した[1][2]。同賞において昭和生まれの漫画家が受賞した初例となる[1]

1974年より『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて『ヒゲとボイン』の連載を始め、1956年開始の『仙人部落』と並ぶ長期連載となる[1]。同年には日本酒メーカー・黄桜のキャラクター「河童」のキャラクターデザインを初代キャラクターデザイナーである清水崑より引き継ぎ、2代目キャラクターデザイナーとなる[1]

漫画家としての活動以外にも、1984年下呂温泉の観光PRポスターのイラストを依頼製作したのを皮切りに、イラストレーターとしても多くの作品を製作した[1]

1990年紫綬褒章を、2000年勲四等旭日小綬章をそれぞれ受章した[2]2015年4月14日脳出血のため東京都港区の病院で死去した[2]

人物[編集]

筆名の読み方は「こう」ではなく「こお」[2]である。また、本名の漢字表記は筆名と同じだが、読み方は「いさお」[2]である。

家族・親族[編集]

安野モヨコ漫画家として活動している[2]。安野の夫である庵野秀明アニメーター映画監督として活動している。

略歴[編集]

小島功の作品を展示するキザクラカッパカントリー

賞歴[編集]

栄典[編集]

作品リスト[編集]

他に、雑誌の表紙イラストも手掛けている。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

文化
先代:
加藤芳郎
日本漫画家協会理事長
第4代:1992年 - 2000年
次代:
柳瀬嵩